人物

梅雨明けは?今週末のお天気は?ゲリラ豪雨や大雨は?2020年夏の雨予想

こんにちは、はるママです。

 

私の住んでいる地域では、久々に良いお天気恵まれ、とても気持ちいいです。

 

子供たちも念願の水遊びができることにワクワクして登園して行きました。

 

 

が、天気予報では明日からまたしばらくは雨の予報です☔️

 

そろそろ梅雨も開けて欲しいものですよね。

 

そこで今回は2020年夏の雨予報を見ていきたいと思います。

 

  • 今年の梅雨明けはいつ?
  • 今週末のお天気は?
  • ゲリラ豪雨や大雨はあるの?2020年夏の雨予報

 

子供がいると、お洗濯やお出かけなど、お天気が気になること結構多いですよね。

今後の雨の予報を少しでも知っていれば、準備ができたり、心の持ち方も変わりませんか?

 

 

今年の梅雨明けはいつ?

沖縄ではすでに6月12日ごろに梅雨明けがされたようですね。

 

統計開始以来、7番目に早い梅雨明けだそうです。

 

では、他の地域の梅雨明けはいつになるのでしょうか?

 

      平年              去年

沖縄            6月23日ごろ         7月10日ごろ

九州南部          7月14日ごろ         7月24日ごろ

九州北部          7月19日ごろ         7月25日ごろ

四国            7月18日ごろ         7月25日ごろ

中国            7月21日ごろ         7月25日ごろ

近畿            7月21日ごろ         7月24日ごろ

東海            7月21日ごろ         7月24日ごろ

関東甲信          7月21日ごろ         7月24日ごろ

北陸            7月24日ごろ         7月24日ごろ

東北南部          7月25日ごろ         7月25日ごろ

東北北部          7月28日ごろ         7月31日ごろ

※参照:気象庁ホームページ

 

平年の梅雨明けを参考にしていくと、九州〜関東では連休前後でそろそろ梅雨明けを迎えそう。

 

北陸や東北でも23日の連休〜7月末ごろには梅雨明けしていきそう。

 

6月下旬には梅雨明けも間近と言われていましたが、予想より遅れての梅雨明けとなりそうですが

平年と比べると平年並みの梅雨明けとなりそうですね。

 

 

今週末のお天気は?

今日16日(木)は一旦、雨の止むところも多いようですが、明日17日(金)〜週末にかけては梅雨前線の影響で大雨になる恐れもあるみたいです。

 

今週末は大雨に注意が必要

 

17日(金)には関東や東海では雨の予報となっています。

※時間帯によって九州南部や関東では局地的に雨脚が強くなりそう。

 

18日(土)・19日(日)関東甲信越から九州にかけて雨の予報

※九州〜東北にかけて、大雨になる恐れもありそう。

 

 

今週末はまたまた雨のところが多くなりそうですね。

 

 

少しの雨でも、すでに被害が出ている地域では新たな災害の発生も予測されるので

今後の気象庁や自治体から発表される情報に注意してくださいとの呼びかけも出ています。

 

 

ゲリラ豪雨や大雨はあるの?2020年夏の雨予報

先日の熊本県を中心とした豪雨がまだ記憶に新しいですね。

 

被災された皆様、地域の皆様におかれましては本当に大変な思いをされたことと思います。

1日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

毎年、夏になるとよく耳にするようになったゲリラ豪雨や、大雨ですが

今年の夏はどうなるでしょう?

 

 

■ゲリラ豪雨の傾向のポイント■

  • 東京や小坂で90回予想
  • 発生総数は昨年比1.4倍
  • 発生ピークは8月上旬の予想
  • 高気圧の縁にあたる北日本で多発

※参照:ウェザーニュース

2020年7月〜9月のゲリラ豪雨の予想は、全国で2400回。

 

発生回数が多い地域は東北南部や北海道の山沿いのエリアで、100回以上にもなりそうと予想される。

 

 

中でも特に発生回数が多いのは、

  • 北海道(220回)
  • 福島県(170回)
  • 宮城県(120回)

過去5年の平均回数の1.7〜2.1倍

 

 

 

その他の地域では、

  • 東京(90回)
  • 大阪(80回)
  • 愛知(60回)

になる見込みで発生総率は1.4倍

 

 

一見1.4倍という数字を見ると多く発生しそうなのかな?と思えますが、

 

過去5年の平均と比べるとやく6割になる見込みなので

 

今シーズンは発生回数は少なくなりそうです。

 

 

もしもの時に備えて

事前に避難場所の確認や、避難時に必要な用品などのチェックをしておくと安心です。

 

※発生回数が少なくても、1回1回の降水量によっては被害が出る場合も予想されるため

油断せずに様子を見ていきたいですね。

最新の情報を気象庁や地方自治体から各民することをおすすめします。

 

 

 

発生のピークは8月上旬

 

2020年夏の発生のピークは8月上旬の予想。

 

7月末〜8月末は晴れる日が多くなりそうですが、湿った空気の影響でゲリラ豪雨が発生しやすい。

 

8月上旬はゲリラ豪雨の発生ピークになるので、天気の急変に気をつけた方が良さそう。

 

9月上旬からは晴れの日もあるが、今度は台風が発生しそうです。

そのため、ゲリラ豪雨は減少していき終息に向かっていきそうです。

 

 

まとめ

2020年の梅雨梅雨明けは各地でそろそろの様子。

 

 

九州〜関東では連休前後

北陸や東北でも23日の連休〜7月末ごろ

 

 

には各地でスッキリとしたお天気の日が増えそう。

 

今週末のお天気は各地で雨のところが多そう。

一時的な大雨も予想されるため注意が必要。

 

少しの雨でも、すでに被害が出ている地域では新たな災害の発生も予測されるので

今後の気象庁や自治体から発表される情報に注意してくださいとの呼びかけも出ています。

 

2020年のゲリラ豪雨や大雨は

5年の平均に比べると少なめの予想

 

8月上旬がピークで、9月には終息の見通し。

 

発生回数が少なくとも、1回の降水量によっては被害が出ることも…。

いざと言う時のために確認と備えは万全にしておきたいですね!

 

我が家も家族で避難場所の確認や、非常時に備えての食料や用品などは日頃から準備しています。

 

家族の人数が多く、子供も多いからと言うのもありますが、

 

やはり日頃から準備しておくことで安心して過ごすことができますよ。