その他

エアタグの設定方法や使用方法は?iPhone以外や子供の位置確認もできる?

4月21日にAppleの開催したイベントで落とし物トラッカー『AirTag(エアタグ)』が発売されることが正式に発表されました。

以前から発売の噂があっただけに待っていた人も多いのではないでしょうか。

 

でも、エアタグの設定や使い方などはどうしたらいいの?iPhone以外でも使える?子供に持たせて位置確認はできる?など気になることがたくさんあります。

今回は『エアタグの設定方法や使用方法は?iPhone以外や子供の位置確認で使用できる?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

  • エアタグって何?
  • エアタグの設定方法や使用方法は?
  • エアタグはiPhone以外でも使用できる?
  • エアタグは子供の位置確認ができる?
  • エアタグの発売日や価格は?

 

エアタグって何?

引用:Apple

 

AirTagは、落とし物トラッカーと呼ばれる忘れ物防止タグのことです。

名前の由来は、AirPodなどの「Air」とスマートタグの「Tag」を合わせたところからきているそうです。

 

Bluetoothでスマホやタブレットの『探す』アプリと連携することで、AirTagの現在位置を確認し、置き忘れや紛失を防止したり、盗難された場合にも追跡することができます。

大きさや形はコインサイズの円盤形なので、カバンや鍵、財布、自転車やバイクなど場所を選ばずに取り付けておくことができます。(専用カバーあり・別売り)

 

AirTagとスマホとの距離がBluetooth電波の届く範囲(約10m)を離れると警告を出して、置き忘れを防止することができます。

10m以上遠くに離れた場合にも、他のiPhoneユーザーのネットワークを利用して、遠く離れたAirTagの追跡をすることも可能です。

 

エアタグの設定方法や使用方法は?

AirTag引用:engadget

 

AirTagの設定方法や使用方法はとっても簡単ですのでそれぞれの方法を紹介していきます。

設定方法

新しいAirTagを使い始める前に、AirTagとiPhoneと結びつけるための「ペアリング」設定は必要となります。

Bluetooth アクセサリをデバイスとペアリングする
  1. デバイスで「設定」>「Bluetooth」の順に選択し、「Bluetooth」をオンにします。アクセサリのペアリング手順が終わるまで、この画面から動かないでください。
  2. アクセサリを検出可能モードにして、デバイス上に表示されるまで待ちます。表示されない場合や、検出可能モードにする方法がわからない場合は、アクセサリの取扱説明書で調べるか、メーカーにお問い合わせください。
  3. ペアリングするには、アクセサリの名前が画面に表示されたら、その名前をタップします。PIN またはパスキーの入力が必要になることがあります。PIN またはパスキーがわからない場合は、アクセサリの取扱説明書でお調べください。

 

「ペアリング」の設定方法はApple公式サイトのユーザーガイドでも紹介されていますのでこちらも参考にしてみてください。

iPhoneユーザガイド

使用方法

AirTagの追跡には、「探す」アプリ  を使って探すとこができ、AirTagの位置情報を家族や友人と共有することも可能です。

「探す」アプリはApple公式サイトでも紹介されています。

Apple公式サイト・「探す」アプリ

 

「探す」アプリの「Items」タブを開くと、AirTagの場所が地図で表示され、AR(拡張現実)を使って、視覚的に位置を確認することもできます。

iPhoneを持ったまましばらく歩き回り、iPhoneを上下に動かすと、AirTagの位置が、画面に風船となって表示されます。

 

iPhoneとAirTagのBluetooth接続が切れると、iPhoneに通知が届き、「探す」アプリから AirTagのアラームを鳴らして位置を確認することができます。

家の中や会社など通知をしてほしくない場合は、その場所を指定することもできます。

 

エアタグはiPhone以外でも使用できる?

AirTagは、iPhonやiPad、iPod以外のスマホなどでは使用することができないのではないかと思われます。

理由としては、AirTagの仕組みにヒントがありましたので解説していきます。

 

Appleの公式サイトでは、AirTagの仕組みについて以下のように書かれています。

あなたのAirTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信します。すると、信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報をiCloudに送信。あなたは「探す」アプリを開いてマップ上で確認できるというわけです。このプロセスは完全に匿名で行われ、情報は暗号化されるので、あなたのプライバシーは守られたまま。効率も良いので、バッテリー残量やデータ使用量を心配する必要はありません。
AirTagにはアップルのシステム、「iCloud」や「探す」が使われており、Appleの独自システムなので、AndroidユーザーはAirTagを使用することはできないのではないかと思われます。

 

エアタグは子供の位置確認ができる?

AirTagは、遠くに離れた場合でも追跡が可能なので、子供の位置確認や防犯にも役立つと思われます。

また、子供以外にもお年寄りやペットの見守りとしても使用することができるのではないでしょうか。

 

iPhoneユーザーのネットワーク(Find My network)を利用して、遠く離れたAirTagの追跡も可能です。

超広帯域(Ultra Wideband)チップを搭載した、2019年秋以降に発売されたiPhone(11以降)を使うと、 一般的なBluetoothタグより精度の高い位置情報が得られます。

 

このため盗難されたものの追跡はもちろん、お子様やお年寄り、ペットなどの見守り・位置確認に使うこともできます。

 

エアタグの発売日や価格は?

AirTagの発売日や価格など商品情報をまとめて紹介します。

【発売日】

2021年4月30日

 

【価格】

1個:3,800円(税込)

4個入り:12,800円(税込)

 

【アクセサリー】

AirTagループ:3,800円(税込)

AirTagレザーキーリング:4,500円(税込)

AirTagレザーループ:5,500円(税込)

AirTag Hermès キーリング:41,800円(税込)

AirTag Hermès ラゲッジタグ:53,800円(税込)

AirTag Hermès バッグチャーム:35,800円(税込)

Belkin ストラップ付きセキュアホルダー:1,580円(税込)

Belkin キーリング付きセキュアホルダー:1,580円(税込)

専用のキーケースもアクセサリーとして販売されます。

その中には、高級ブランドでも知られるエルメスのケースも用意されています。

AirTag引用:engadget

 

まとめ

今回は『エアタグの設定方法や使用方法は?iPhone以外や子供の位置確認で使用できる?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。