ニュース・トレンド

天の川【2021七夕】の見える方角や時間は?織姫や彦星はどの星?

7月7日の七夕には、夜空で織姫と彦星が天の川で1年に1回だけ会うことができる日ですね。

しかし、7月の初めごろは日本では梅雨に時期なので、天の川や織姫、彦星を見ることができないこともあったり…2021年の七夕にはロマンティックな夜空の天体観測ができるのでしょうか?

 

また、天の川が見える方角や時間は?、織姫や彦星ってどの星?など気になります。

今回は『天の川【2021七夕】の見える方角や時間は?織姫や彦星はどの星?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

  • 天の川【2021七夕】の見える方角や時間は?
  • 織姫や彦星はどの星?
  • 天の川は肉眼でも観測できる!

 

天の川【2021七夕】の見える方角や時間は?

2021年7月7日は天の川が見える?

まずは、2021年7月7日に天の川を見ることができるかが気になるところです。

2021年7月7日に天の川を見ることができる地域は、東北北部の日本海側、関東、九州南部、沖縄で観測できるかのせいが高いようです。

反対に、東北北部の日本海側、関東、九州南部以外の地域では、梅雨の影響で曇りや雨などの予報になっているので、天の川の観測は難しそうです。

引用:ウェザーニュース

 

毎年7月初め頃はまだ梅雨のところが多く、お天気次第で天の川は見れないところもあります。

2021年も一部の地域以外は梅雨空で雲や雨が降っているようなので、天の川を見ることができないようです。

 

天の川が見える方角と時間は?

天の川が見える地域では、方角や時間も気になりますね。

方角:南東⇨南⇨西

時間:20:00頃〜4:30頃

観測におすすめの方角と時間:東の空 21時〜22時頃

※地域や天候によって多少の違いが生じます。

天の川は、一定の位置に固定されるわけではなく、徐々に方角を変えていきます

太陽が沈み、天の川が見え始める頃(20時ごろ)は、南東の方角に天の川が位置しています。

 

徐々に移動し、22時ごろには南の方角に見え、さらに移動して夜中には西の方角に天の川が見られるようになっていきます。

天の川の見える時間は、日没後で周辺が暗くなると見えるようになります。

 

しかし、天の川は淡い存在なので、月の明かりや街の明かりなど、明るさがある場所では影響を受けて見えにくいことがあります。

また、日の入り後も太陽の影響でほのかに明るさが残っていることもあるので、完全に暗くなるとはっきりと見ることができるでしょう。

 

天の川のおすすめ観測ポイント!

上記で紹介してきたように、天の川は空が暗くなってからが観測のポイントです!

また、観測に適している場所も紹介していきます。

【天の川の観測のポイント】

・空が完全に暗くなっている

・観測に最適な時間は21〜22時ごろ

・東の低空に注目!

・山や高原、海辺など周辺に明るさの影響を受けるものがない場所

天の川の観測ポイントとしては、まず空が完全に暗くなってから観測するのがおすすめです。

そして、観測の場所も暗いところが良く、山や高原、海辺などの人工的な灯りや街灯りがない環境で観測すると綺麗な天の川が見えます。

 

観測に最適な時間としては、深夜でも構わないですが7月7日は水曜日であることから翌日に影響が出ない21時〜22時ごろが最適ではないかと思います。

また、21時ごろには東の低空に天の川が位置しているので、その辺りを観測してください。

 

天の川のは東の低空なので、空の真上を見上げても見つけることができないので注意してくださいね。

21時ごろには、天の川は横ばいになっている状態で、その両岸に織姫星と彦星が位置しています。

 

織姫や彦星はどの星?

天の川の見つけ方がわかったので、次は織姫星と彦星の見つけ方も見てみましょう。

七夕のいわれとして、7月7日の七夕の日に織姫と彦星が1年に1度だけ、天の川を挟んで会うことができるとされていますが、天空でもいわれのように天の川を挟むように織姫星と彦星が位置しています。

七夕の星座引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/464708/

 

画像で横ばいにうっすらと白い雲のようなものが見えるのが、天の川です。

その天の川を挟んで、織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)が位置しているのが分かります。

 

織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)は夏の代表的な星座である『夏の大三角形』を形作る星です。

box3引用:ウェザーニュース

 

もしも、織姫星と彦星を見つけにくいときには、夏の大三角形を見つけると分かりやすいかもしれません。

 

天の川は肉眼でも観測できる!

天の川は、淡い存在であると紹介しましたが、条件さえ揃っていれば肉眼で観測することお可能です。

肉眼で観測する場合には、うっすらとした雲のように見えます。

 

もしも、お手持ちに双眼鏡や望遠鏡などをお持ちの場合には、観測グッズを使うことで星たちが集まって作る美しい天の川を見ることができ、感激してしまうでしょう。

ただし、広範囲で天の川を観察したい場合には、肉眼の方がはっきりとした川の状態で見ることができそうです。

 

日が沈ずみ、完全に暗くなった夜空で、天の川も横たわっているように見えてきます。

時間の経過とともに、夏の大三角も天の川も空高く昇っていき、日付が変わる頃には南の空に見えるようになります。

 

実は、天の川は夏以外の春、秋、冬にも観測することができるそうなんですが、やはり夏の天の川が一番見応えがあるようです。

夏の星座として知られる「いて座」付近の天の川が、もっとも幅広くて明るく輝いて見えるため、夏の天の川が一番見応えがあるようです。

 

まとめ

今回は『天の川【2021七夕】の見える方角や時間は?織姫や彦星はどの星?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

2021年7月7日には、梅雨の影響を受けて一部の地域でしか天の川を見ることができないようなので、見ることができる地域の方はぜひ観測してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。