人物

あたらよバンドメンバーは4人!バンド名の意味や由来・プロフィールまとめ!

『あたらよ』はデビュー曲「10月無口な君を忘れる」が2020年11月にMVが公開され、瞬く間にTikTokで火が着き、YouTubeでの動画再生回数はすでに1200万回を超えています。

今や10代を中心とした若者に注目されているバンドで、メンバーはボーカル、ギター、ベース、ドラムの4人で構成されています。

 

またバンド名の『あらたよ』にはどんな意味や由来があるのでしょうか?メンバープロフィールとともに紹介していきます。

今回は『あたらよメンバーは4人!バンド名の意味や由来・プロフィールまとめ!』と題して紹介していきますので、参考にしていただけたらと思います。

 

  • 『あたらよ』バンド名の意味や由来は?
  • 『あたらよ』メンバー4人のプロフィール

 

『あたらよ』バンド名の意味や由来は?

『あたらよ』メンバーはひとみ(Vo&G)まーしー(G)たけお(B)たなぱい(Dr)の4人で構成されています。

画像左から たなぱい(Dr)、まーしー(G)、ひとみ(Vo&G)、たけお(B) 引用:https://twitter.com/Atarayo_info/photo

 

ひとみ(Vo&G)

まーしー(G)

たけお(B)

たなぱい(Dr)

メンバーで唯一ボーカル&ギターのひとみさんが女性で、まーしーさん、たけおさん、たなぱいさんは男性です。

 

『あたらよ』ってあまり聞きなれない言葉ですが、バンド名にはどんな意味や由来があるのでしょうか?

Twitterの投稿に詳しく説明されているものがありました。

【あたらよの意味とバンド名の由来】

『あたらよ』は「明けるのが惜しいほどの夜」という意味で

開けるのが惜しいほどの夜に聞いてほしい。

終わって欲しくないと思ってもらえる演奏をする。

という意味が込められているということです。

 

『あたらよ』の公式Twitterにはバンドの自己紹介としてこんなことが書かれていました。

あたらよです。悲しみをたべて育つバンド。

 

2020年11月に公開された「10月無口な君を忘れる」のMVは、TikTokで火が着き、動画再生回数がすでに100万回を突破しています。

 

「10月無口な君を忘れる」の冒頭は語りから始まりますが、その語りで一気に曲の世界へと引きずり込まれてしまいます。

また、未だ消えない彼との別れの痛みを綴った歌詞にも注目です。

 

さらには、胸を締め付けるような歌声と歌詞の景色が再現されるようなサウンドが、ストーリーの中に入り込んでいるような錯覚へと誘います。

切ないストーリーを語り、歌詞、歌声、サウンド全てで表現され、目の前にストーリーが浮かんでくるあたらよの歌は、10代を中心とした若者を中心に急速に広がっています。

 

結成のきっかけや制作の裏側について

『あたらよ』の結成のきっかけや制作背景についても紹介していきます。

4人の出会いは、同じ専門学校似通っていたことから始まります。

 

あたらよを結成する前には、それぞれに活動をしていた4人ですが、たなぱいさんとまーしーさんが居酒屋で飲んでいる時に、ひとみさんが「10月無口な君を忘れる」の弾き語りをSNSで見て、これをバンドアレンジしたらすごく良くなるのではと思ったそうです。

そして、たなぱいさんとまーしーさんは、すぐにひとみさんに連絡をし、一緒にバンドとしてやりたいと告げたそうです。

 

ひとみさんは、あらたよに誘われた時に、ちょうどバンドとして活動することに悩んでいたようで初めは否定的な気持ちがあったようですが、2人ふたりの熱意が伝わりバンドに入ることを決めたようです。

また、「絶対良いものになる」と言ってもらえたことに、こんなに言ってくれるんだったらやってみようかなとも思ったそうです。

 

 

その後、メンバ共通の友人の紹介でベースのたけおさんと出会うことになりました。

初めは、他のベーシストをひとみさんの歌に対してどんなアプローチをしてくるのかを見ていったそうですが、これは違うなって思うことが結構あったそうです。

しかし、たけおはシンプルだけど出るところは出るタイプで、それがひとみさんの歌やバンドとしてハマった感じだったことから、何度かお試しでバンドに参加してもらい正式にメンバーになったそうです。

 

そして、2019年8月14日に『あたらよ』として正式にバンドが結成されました。

「10月無口な君を忘れる」はあたらよが結成されてからリリースされるまでに1年以上の歳月をかけて丁寧に作られた1曲だそうです。

 

学内オーディションがあり、それに向けて作った曲が「10月無口な君を忘れる」だったということです。

そのため、最後のオーディションに向けて名前残すくらいの曲を作ろうとかなり本気で作ったんだそうです。

 

オーディションでは、ある程度の点数をもらえたそうですが、その後コロナで自粛期間に入ってしまい、しばらく会えない時間ができてしまった時に、このまま流すのももったいないということで、MVを撮ることに決めたそうです。

自粛期間が長かったため一瞬消えてしまった感覚もあったようでが、ひとみさんがたまたま見かけたTik Tokのサカグチヤマトさんのアカウントを見て、この人にMVを撮ってもらったら良い感じになるだろうと思い、いきなりメンバーにMVを撮ろうと呼びかけたそうです。

 

ひとみさんが見つけたサカグチヤマトさんが監督として「10月無口な君を忘れる」MVを撮影されています。

その後、ひとみさんがTikTokでMVを公開するとあっという間に火がつき、「10月無口な君を忘れる」が爆発的に広まっていったということです。

 

また、同じくSNSから火がついたアーティストとして有名な優里さんも「10月無口な君を忘れる」をカバーしています。

 

『あたらよ』メンバー4人のプロフィール

ここからは、あたらよのメンバー4人のプロフィールを紹介していきます。

ひとみ(Vo&G)

 

この投稿をInstagramで見る

 

まーしー(@marcy_19990704)がシェアした投稿

名前:関田ひとみ

年齢:21歳

生年月日:2000年1月24日

Twitter:@PSYCHO_Hitomi

インスタグラム:atarayo_hitomi

TikTok:@tommy_0124

年齢は、Twitterのプロフィールに21歳と書かれていました。

また、誕生日は上記のまーしーさんのインスタグラムでもお祝いされていることから1月24日だと思われます。

 

関田ひとみさんは、専門学校時代からシンガーソングライターとして活動をしており、作詞作曲も行っています。

そして、実は専門学校を卒業後に一度就職もしたそうで、仕事の関係で神奈川に住んでいたんだとか。

就職した頃は、かなかスタジオにも行けず、仕事が忙しくて曲も作れなかったり、バンドとしても活動できないかった時期があったようです。

 

ドリカムにも影響を受けていたそうですが、音楽を始めたきっかけとなったのはのぐちさんというシンガーソングライターの影響が大きかったそうです。

元々PAになろうと思い、専門学校の音響照明学科のオープンキャンパスに行った時に、のぐちさんがバンド編成で訪れていて、そのPAを体験した時に、「私、あっち側に行きたい」と友達に伝えたそうです。

 

関田ひとみさんは当時のぐちさんを『自分のことを歌で表現していた』と言っています。

のぐちさんは、歌を歌い始めると空気が変わり、歌を聴くだけでのぐちさんの全てがわかるような表現をされているのが凄くカッコ良いいと思ったそうです

関田ひとみさんは「自分の思ったこと素直に言うタイプじゃないけど、歌にすれば言い訳にできるというか、本当はこう思っているんだよって言えるのが、自分にとっての歌だと思います。」と語っていました。

 

また、ドリカムについては母親の影響があったそうで、お座ない頃からよく聞いていたそうです。

特に「大阪LOVER」が好きで、あれだけリアルな言葉でみんなが共感できる歌詞を書けるのは本当に凄いと思ったそうです。

関田ひとみさんは、インスタグラムやTikTokで制作した楽曲を発表しています。

また、基本的に新曲はTikTokで発表されることが多いということなので、随時チェックしてみてくださいね!

まーしー(G)

 

この投稿をInstagramで見る

 

まーしー(@marcy_19990704)がシェアした投稿

名前:奥玉 真潮(マシオ)

Twitter:@guiter0704Mercy

インスタグラム:marcy_19990704

バンド:ALL Election(オールエレクション)

まーしーさんは、奥玉 真潮さんという名前でALL Election(オールエレクション)というバンドにもギターとして参加しているようです。

ALL Electionは、都内を中心に活動している5人組ロックバンドです。

あたらよの公式Twitterでは『マシオ』として活動しているようで、まーしーという愛称で呼ばれています。

Twitterやインスタグラムを開設しているようですが、年齢などの詳しい情報は公開されていないようでしたので、現在は非公開となっているようです。

ですが、Twitterやインスタグラムではメンバーとの楽しそうなやりとりが残っており、あらたよのメンバー内ではムードメーカー的な存在ではないかと思います。

 

まーしーさんは、ELLEGARDENの生形真一さんというギタリストに影響を受けたそうで、生形真一さんの演奏が凄すぎて、音に感動を超えた感情を感じたそうです。

それまでは遊び程度でギターをやっていたのが、ELLEGARDENの曲を聴いて自分もこれをやろうと思ったそうです。

まーしーさんはあたらよとして「10月無口な君を忘れる」をアレンジするときに「まずは、歌を目立たせることを一番に考えて、その中でどう自分達の音を出すか」ということを心がけたそうです。

ひとみさん曰く、まーしーさんはいい意味でうるさいギターをしているということですが、それが歌とのギャップとなっていいアクセントになっていることと、歌えるギタリストであることから曲に幅が生まれているということでした。

 

たけお(B)

名前:君島たけお

年齢:21歳

生年月日:2021年1月13日

Twitter:@bass_takeo

インスタグラム:takeo_bass113

たけおさんも、Twitterやインスタグラムを開設されていますが、プロフィールなどはあまり公開されておらず、顔画像などもほとんど見つけられませんでした。

誕生日いついては、Twitterで21歳になったと報告されていることから2021年1月13日で21歳になっていることがわかります。

 

ボーカルのひとみさんと同い年ですね。

たけおさんは高校時代に軽音楽部に入り音楽を始め、その時にアニメのエンディングで流れたUNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」という曲を聞いて、衝撃を受けたそうです。

たけおさんは、この楽曲の田淵智也さんのベースラインがすごく動いているのに、曲として成立しているのが凄いと思ったそうです。

やはり気になるところは『ベース』なんですね。

画像

現在は、髪の色が金色になっていて髪が伸びているとTwitterで投稿されていました。

 

たなぱい(Dr)

画像

名前:田中なおき

年齢:22歳

生年月日:1999年12月21日

Twitter:@naokitanaka_drs

インスタグラム:tanapai.drum

バンド:@UGBears

たなぱいさんは、Twitterプロフィールに[22]と書かれていることやたなぱいと言われていることから他のメンバーより1つ年上の22歳ではないかと思われます。

また、誕生日についてはTwitterに12月22日にあった投稿に、「もう昨日っす」と書いてあったことから12月21日だと思われます。

たなぱいさんは、あたらよの他にunderground Bearsというインストバンドのメンバーとしても活動されているようです。

Twitterの写真の一番後ろにいるのがたなぱいさんですね。

インストバンドとは、歌のない楽器のみで構成され、ボーカルのいないバンドのことで、音楽を始めるきっかけとなったものにインストバンドも入っているそうです。

 

たなぱいさんが影響を受けた音楽は、RADWIMPSとスナーキー・パピーという2つのアーティストだと言います。

バンドサウンドに出会うきっかけをくれたのがRADWIMPSで、初めて聴いた時は凄く衝撃的だったとか。

 

野田洋次郎さんが書く、直接は言わないけど匂わせてくる歌詞が凄いと思っているということとあたらよでひとみさんが書く歌詞も好きなんだとか。

たなぱいさんがドラムを叩いてる時に一番意識しているのが『ボーカル』なんだそうです、そういうところにもRADWIMPSの影響があるかもしれないということです。

 

スナーキー・パピーは、アメリカの楽器アンサンブルで、スナーキー・パピーの曲を聴いてアレンジ面でインスパイアされたそうです。

スナーキー・パピーは幅広いジャンルを演奏し、いろんな音楽性を持っていて、それをひとつの曲に凝縮するようなバンドで、それを聴いた時に何やってもいいんだと思え、新しい切り替えのタイミングになったと語っていました。

 

まとめ

今回は『あたらよメンバーは4人!バンド名の意味や由来・プロフィールまとめ!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらうれしいです。

 

バンド名の『あたらよ』には「明けるのが惜しいほどの夜」という意味があり、開けるのが惜しいほどの夜に聞いてほしい。終わって欲しくないと思ってもらえる演奏をする。といった由来や意味があることがわかりました。

 

また、4人のメンバーの出会いや結成の時期、『10月無口な君を忘れる』の制作の裏側も紹介してきました。

あたらよとして発表された1曲目のMVが大きな反響となっていますが、今後の活躍が期待されるアーティストなので、注目していきたいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。