人物

今年の夏 赤ちゃんとのお出かけでの持ち物は?近場と遠出で違いは?

こんにちは、はるママです。

梅雨が開ければ、いよいよ夏!お天気が良くなればお出かけしたくなりますよね。

でも、まだコロナの影響も心配される今年の夏はお出かけするのに気をつけなければいけないことも。

今年の夏のお出かけの持ち物には何が必要?

近場と遠出、持ち物どれくらい持っていけばいいの?

近場だったらどんなものが必要で、遠出ならどれだけ持っていけばいい?

 

そこで今回は今年の夏に赤ちゃんとのお出かけに必要なもの、持って行くと便利なものを紹介していきます。

  • 今年の夏はこれも一緒に持っていきたい!あると安心で便利な除菌グッズ
  • 近場のお出かけにはどれくらいのものが必要?
  • 遠出のお出かけにはいろんなことを想定して持ち物を選ぶと安心

この記事では、赤ちゃんとの今年のお出かけには何が必要か、行く場所によっての持ち物、こんなものがあると便利ということをまとめました。

 

今年の夏はこれも一緒に持っていきたい!あると便利な除菌グッズ

なかなか手に入りずらかった除菌グッズも少しずつ出回り始めましたが、コロナの前に比べて以前とは商品に違いが出ているように思います。

我が家は以前から除菌グッズは持ち歩いていたのでそれも合わせて紹介していきます。

  • 除菌ジェル
  • 除菌スプレー
  • 除菌ウエットシート
  • 空間除菌ストラップ(首掛け用)

 

除菌ジェル

  • 以前から一般的によく使われているものの1つで、使用感は手を擦ったあと少しベタつきがあり、アルコールを使用しているので少しツーンとした匂いがします。

 

  • アルコールを使用しているため、お肌の敏感な赤ちゃんへの使用は避けましょう。

 

  • 使用する場合は、ママなど周りの大人が赤ちゃんのお世話の前や、手洗いできない時などに使用するのにおすすめです。

 

以前は店頭の棚によく並んでいましたが、今は以前とは違うタイプの商品が少しずつ出てきました。

除菌スプレー

以前から病院や施設などでよく見かけることがありましたが、使用感は手を擦るとすぐに馴染んであとはサラサラしています。タイプ(成分)によって匂いがあったり、なかったりします。

 

◉次亜塩素酸のタイプ

  • 少し独特の匂いがあります。

 

  • 除菌力や安全性が高く、保育園などの子どもたちのいる場所でも使われています。

 

  • ウイルスはもちろん細菌にも効果があり、インフルエンザやノロウイルス、サルモネラ菌、カビなど広範囲のものに効果が期待できます。

 

我が家も、インフルエンザの時はこのスプレーが大活躍してくれたおかげで、家庭内に感染が広がらずにすみました。

家庭内の感染を防ぐためあらゆる場所にスプレーしたり、子供のお世話をした後は必ずスプレーしていたら手が少し荒れてしまいました。

 

◉植物系天然由来のタイプ

  • 匂いはほとんどありません。

 

  • 植物系天然由来という聞くからに安心・安全なイメージですが、そのイメージのままに大豆や松の実をナノ化しもので手肌や環境に優しい。

 

  • 洗浄力が高く、除菌・消臭・抗カビ効果が期待できる。

 

  • 医療現場や福祉施設などでも使われていて、赤ちゃんのいるご家庭や、在宅介護、ご高齢のいるご家庭にも最適。

 

我が家はコロナの自粛期間中にこのタイプを使い始めましたが、小さな子どもでも安心に使えるので安心して使えるのはありがたいです。さらには匂いがほとんどないので、子供も嫌がりません。さらには手肌にも優しいのでお肌への負担もなく気持ちよく使えています。

 

個人的には赤ちゃんとのお出かけにはこのタイプおすすめ!

安心して赤ちゃんにも使え、コロナ対策にもいいアイテムではないかなと思っています。

 

除菌ウエットシート

  • アルコールを使用しているものとノンアルコールのものがある

 

  • アルコールタイプは肌荒れの心配もありそうで、赤ちゃんには使用しない方が良い

 

  • ノンアルコールタイプでも配合成分に肌刺激が強いものが使われているので気をつけよう

 

両方のタイプとも肌への刺激が心配されるので赤ちゃんへに使用は控えた方が良いと思います。

 

空間除菌ストラップ

◉二酸化塩素のタイプ

  • 使用期間が1〜2ヶ月ほど

 

  • ウイルス除去・除菌・消臭効果がある

 

  • 閉鎖空間でも効果はあるが、全ての菌に効果があるものではない

 

使用期間が短いことと全ての菌に効果があるものではないといこと、乳幼児やペットが触れないように保管するように促されているのであまりおすすめはできないかなと。

 

◉マイナスイオンのタイプ

  • 手のひらサイズで軽量

 

  • フィルターの交換やメンテナンスはなく手間がかからない

 

  • 充電式で繰り返し使える(10年)

 

  • PM2.5や花粉、タバコの副流煙、ウイルス、細菌、異臭などの広範囲に効果がある

 

  • 二酸化塩素タイプに比べると価格が高め(4980円前後)

 

  • 子どもや赤ちゃんにも安心して使える

 

我が家は長女が小さい頃に二酸化塩素のタイプを使っていましたが効果はよくわかりませんでした。

今回、調べことでマイナスイオンタイプがあることを発見しましたが、この商品なら赤ちゃんでも安心して使えるということなので使ってみたいなと思いました。

 

赤ちゃんはまだマスクができないので空間除菌ができるとお出かけでの感染予防対策になりそうですね。

 

近場のお出かけにはどれくらいものが必要?

赤ちゃんとのお出かけにはたくさんの持ち物が必須!というものですね。

でも、おうちから近い場所でなら持ち物を厳選していけたらと思ったことはないですか?

私は4人の子育ての中で、かなり持ち物を厳選して持っていっています。

 

私の厳選 近場お出かけよう持ち物

  • おむつ(2〜3枚ほど)
  • お尻ふき
  • 除菌グッズ
  • お茶やミルクなどの飲み物
  • おやつ(グズった時用)
  • ハンドタオルかハンカチ
  • ティッシュ

 

今の私の基本はこれくらいの持ち物だけでお出かけをしています。

というのもこれは持ち歩くものです。

私の地域では、車移動が基本なので車にいつも乗せて準備してあるものもあります。

 

車に準備してある持ち物

  • おむつポーチ(おむつ3枚・お尻ふき)
  • 着替え
  • ジップ付きのビニール袋(汚れたものを入れる用)
  • 抱っこ紐
  • ベビーカー
  • 除菌グッズ

 

持ち歩いているものと重なるものがほとんどですが、近場の時はほんの数時間のお出かけなので本当に必要最低限のものだけを持ち歩くようにして、足りなくなったら車用のものを使うというようにしています。

 

赤ちゃんが抱っこの時期も、ベビーカーの時も、抱っこを卒業して歩き出すようになってもやはり赤ちゃんとお出かけすることはいろんなことに気を使ったり、体力的に疲れたりするのでなるべく最小限の持ち物で行けるのが理想的だと思います。

 

赤ちゃんやママによってこれは外せない!というお出かけグッズもあると思います。

あくまでも今回は私と我が家の子供での場合の持ち物を紹介しましたが、これを参考にそれぞれのママなりの持ち物の厳選をしてもらえたら、お出かけが楽で楽しいものになると思います。

遠出のお出かけにはいろんなことを想定して持ち物を選ぶと安心

遠出となると、さすがに必要最低限のものでとはいきません。

赤ちゃんとのお出かけには予期せぬことが起こったりすることあります。

お出かけしている先で、想定外のことが起きても対応できるように準備をしておくと安心してお出かけを楽しむことができますね。

 

遠出の時の持ち物

  • おむつポーチ(おむつ5〜6枚・お尻ふき)
  • 着替え(予備のため1〜2着多めに)
  • ハンドタオルかハンカチ(2〜3枚)
  • ポケットティッシュ(3つくらい)
  • 抱っこ紐
  • 水筒
  • マグまたは紙コップ
  • 授乳ケープ(母乳の場合)
  • 哺乳瓶・粉ミルク(ミルクの場合)
  • 哺乳瓶の洗浄グッズ(ミルクの場合)
  • お茶やミルクなどの飲み物
  • 離乳食・ベビーフード
  • おやつ
  • スプーンや食器など(使い捨てできるものだと洗う手間もなく、衛生的で便利)
  • 食事用エプロン(使い捨てできるものがおすすめ)
  • ベビーカー
  • 除菌グッズ
  • ゴミ用ビニール袋
  • ジップ付きのビニール袋(汚れたものを入れる用)
  • バスタオル(お昼寝用の布団がわりにもなる)
  • チェアベルト(赤ちゃん用の椅子がない場合に便利)
  • お気に入りのおもちゃ(DVDや音楽もお気に入りを携帯などで視聴できるとグズった時に便利)
  • 雨具
  • 日焼け止め
  • 冷却シート
  • 虫除け
  • 発熱時などのお薬(常備しているお薬があれば)
  • 保険証・母子健康手帳・お薬手帳

 

旅行や帰省などでお泊まりがある時

  • ベビーシャンプー
  • ベビーソープ
  • 歯ブラシ
  • 赤ちゃん用のヘアブラシ
  • パジャマ
  • いつも使っているおやすみグッズ(環境が変わっても眠れるように)

 

 

まとめ

ニュースなどのテレビやネットの情報でも毎日のようにコロナの話題が今も流れていますね。

おうち時間が長かった後、規制が緩和されて出かける方も増えています。

 

それぞれのお出かけスポットでも感染拡大予防のための対策を取られていますが、自分たちでも対策をとっていけると、より安心につながりますね。

ましてや赤ちゃんが一緒のお出かけなら、なおさらです。

 

今回紹介した除菌グッズはほんの一部ですが、お出かけの時の除菌グッズを選ぶ参考にしてもらえたらと思います。

 

お出かけを楽しむための、近場の持ち物、遠出の持ち物も私の経験の中で出たものなので、こちらも参考までに。

 

大切なのは、ママと赤ちゃんが安心して楽しくお出かけができること。

だと思っています。

 

お出かけもみんなの『笑顔の種』のひとつですよね。

今年の夏をママも赤ちゃんもみんなが楽しく元気に過ごしてもらえると良いなと思っています。