音楽・ライブ

Clubhouse(クラブハウス)モデレーターとは何役?なる方法も調査!

Clubhouse(クラブハウス)では、「モデレーター」「スピーカー」「オーディエンス」の3つの役割があります。

その中でも、Clubhouse(クラブハウス)の中心的な存在となるのが「モデレーター」です。

 

モデレーターとはどのような役割を担っているのでしょうか?

また、モデレーターになるには、どうしたらなれるのでしょうか?

 

今回は『Clubhouse(クラブハウス)モデレーターとは何役?なる方法も調査!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただけるとうれしいです。

  • Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターとは何役?
  • Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターになる方法は3つ!

 

Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターとは何役?

Clubhouse(クラブハウス)でのモデレーターの役割は、トークルームの『主催者』になります。

トークルームを立ち上げたり、ルーム内での司会進行や管理をしたりなど、全ての権限を使うことができる『主催者』の役割を担っています。

「スピーカー」「オーディエンス」の役割とは…

 

「スピーカー」…話し手の事

トークルーム内で話すことができる。

 

「オーディエンス」…聞き手の事

トークルームに参加する人で、話はできない。

挙手をして、モデレーターに許可されるとスピーカーになることができる。

 

 

モデレーターの権限を以下にまとめました。

トークルームの立ち上げ

トークルームのMC

トークルームの管理

・挙手したオーディエンスをスピーカーにすることができる

・スピーカーの追加・退出・ミュートにすることができる

・スピーカーをモデレーターにすることができる

・ルームからユーザーを退出させられる

トークルームの終了

 

モデレーターになると、トークルームでのすべての機能を使うことができます。

トークルームの立ち上げから、ユーザーの招待、トークルームの司会進行、最後には終了までの全てを行います。

 

ですので、スピーカーやオーディエンスとは全く違う、大きな役割を担っています。

トークルームの盛り上がりなどにも、モデレーター次第で変わってくるのかもしれませんね。

3つの役割をわかりやすく例えると…

「モデレーター」  司会・MC

「スピーカー」   ゲスト・ひな壇芸人

「オーディエンス」 観客・観覧者

 

Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターになる方法は3つ!

Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターになるには3つの方法があります。

  1. ルームを作る
  2. スピーカーにモデレーターの権限を譲る
  3. モデレーターがルームから退室した後の一番古いユーザーに権限が譲られる

 

ルームを作る

 

①トップ画面の一番下にある「Start a room」をタップ。

②「Add a Topic」をタップして、自分が話したいトピックを入力します。

③「Open」「Social」「Closed」からトークルームの公開範囲を選択。

④最後に一番下にある「Let’s go」をタップ。

以上でルームが開設されます。

 

補足として…

①「Start a room」をタップするとライブはすでに始まっていますが、この段階では自分以外の参加者はいない状態です。

②何について話すのかテーマを書きます。60文字以内で日本語でもOKです。

③フォロワー数やトークルームのタイトルなどでも変わりますが、数秒〜数分で参加者が入ってくる場合もあれば、自然には人が入ってこない場合もあります。

 

トークルームに参加者を呼びたい場合には、上方の「ROOM(ルーム)の機能」を使い「招待」をしていきます。

トークルームの公開範囲

Open」 … ユーザーでも参加可能
Social」 … お互いにフォローしている人だけが参加可能
Close」 … 招待したユーザーのみ参加可能

 

お互いにフォローし合っている人もルームに招待することができ、招待する方法は、右下にある「+」のマークから招待することができ、相手に招待通知が届きます。

また、トークルームは複数のモデレーターでつくことも可能です。

 

スピーカーにモデレーターの権限を譲る

スピーカーにモデレーターの権限を譲ることで、スーピーカーがモデレーターになることができます。

何らかの理由でモデレーターができなくなった場合に、権限を譲ることでスピーカーがモデレーターになることが出来るということです。

 

権限の譲り方については、現在分かっていませんので、新しい情報がわかり次第追記します。

 

モデレーターがルームから退室した後は一番古いユーザーに権限が譲られる

モデレーターがルームから退室した場合、ルームの中で一番古いユーザーに自動的にモデレーターの権限が移ります。

だたし、モデレーターが1人だった時のみ、このような形で権限が譲られることになります。

 

もしかすると、知らないうちにモデレーターになっていたということも起こるかもしれません。

この場合は、自らモデレーターをやりたくてやるのとは違うので、退出することでモデレーターを回避するといいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は『Clubhouse(クラブハウス)モデレーターとは何役?なる方法も調査!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただけたらうれしいです。

 

  • Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターとは何役?

Clubhouse(クラブハウス)でのモデレーターの役割は、トークルームの『主催者』になります。

トークルームを立ち上げたり、ルーム内での司会進行や管理をしたりなど、全ての権限を使うことができる『主催者』の役割を担っています。

 

  • Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターになる方法は3つ!

Clubhouse(クラブハウス)でモデレーターになるには3つの方法があります。

  1. ルームを作る
  2. スピーカーにモデレーターの権限を譲る
  3. モデレーターがルームから退室した後の一番古いユーザーに権限が譲られる

 

モデレーターになることで、Clubhouse(クラブハウス)の貢献度が上がると言われています。

貢献度によって、招待枠が増えるとも言われていますので、積極的にモデレーターをすることで招待枠を増やすこともできそうです。

 

また、いきなり初めからモデレーターをするのはちょっと…という方はオーディエンスやスピーカーでの参加から楽しむこともできるので、たくさんルームに参加してみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事