人物

Eveの顔画像や読み方は?年齢や誕生日とイラスト変化で顔出しの予感!

Eveさんは、ネットを中心に活動をしているいわゆる『歌い手』さんでしたが、2019年にはメジャーデビューを果たし、シンガーソングライターとして活躍されています。

Eveさんの代表曲『廻廻奇譚』は、2021年4月にミュージックビデオの再生回数が1億回を突破しており、注目されるアーティストとなっています。

 

これまで、ライブ以外では顔出しをしないスタイルで活動を続けており、その素顔や名前の読み方、年齢、誕生日などについても気になります。

また、Twitterのフォロワー数が90万人になったことでアイコンのイラストに変化があり、これまでつけていたお面が外れたことで、100万人になったら顔出しするの?という期待の声が聞こえています。

 

今回は『Eveの顔画像や読み方は?年齢や誕生日とイラスト変化で顔出しの予感!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • Eveの読み方・年齢・誕生日は?
  • Eveはライブのみで顔出ししている
  • EveのTwitterアイコン変化で顔出しはいつ?

 

Eveの読み方・年齢・誕生日は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eve(@eve_harapeco)がシェアした投稿

・名前:Eve(いぶ)

・本名:非公開

・生年月日:1995年5月23日

・年齢:25歳

・性別:男性

・血液型:A型

・身長:170〜175cm(推測)

・出身地:徳島県(推測)

・活動期間:2009年10月1日~

・レーベル:harapeco record(2016年 – 2018年)/ トイズファクトリー(2019年 – )

・事務所:キャラメルハニーパンケーキ

・好きな食べ物:ブロッコリー

・嫌いな食べ物:カリフラワー

・その他:猫アレルギー

(参照:Eveさんの過去ツイートなど)

 

「Eve」の読み方は「いぶ」です。

名前の由来については、過去のインタビューで語っていたそうですが、今現在はその記録が残っていないということでした。

また、「Eve」という名前は本人がつけたのではなく、誰か他の方が付けてくださった名前のようですが、名付け親についてわかりませんでした。

詳しい情報があり次第追記していきます。

 

年齢に関しては、公表はされていませんが、おそらく1995年生まれだと推測されます。

その理由として、インタビューで「小学校の5年生くらいのときに、BUMP OF CHICKENの『supernova』っていうシングルを手にしたのが僕の音楽との出会いだと思います。」と語っていました。

BUMP OF CHICKENの「supernova」は2005年11月23日発売のシングルで、2005年時に小学校5年生だったとすると1995年生まれということになります。

 

身長についても公表はされていませんが、身長を確認できそうなこんな1枚の画像を蜜kてました。

歌い手のSouさんと横に並んでリハーサルをしている画像です。

Souさんは、Eveさんと同じく歌い手さんで過去に身長が168cmと公表されており、横にならんいる感じからするとEveさんの方が少しだけ高く見えるので、170〜175cmほどではないかと推測します。

 

また出身地については、過去のツイートで「弟が好きなアーティストのライブを見るために徳島から東京に泊まりにきた。学生でお金も無いから(以下略)」という投稿がありました。

このことから徳島県が出身地ではないかと思われます。

 

Eveの経歴

Eveさんは、すでYouTubeの公式チャンネルはチャンネル登録者数289万人で、動画の総再生回数は10億回を突破しています。(2021年4月現在)

そんなEveさんは「歌手・作詞家・作曲家・シンガーソングライター・ボカロP・ファッショデザイナー・漫画原作者」といくつもの顔を持っています。

歌手

音楽活動を始めたきっかけは、同じ部活の友達の家に遊びに行ったときにニコニコ動画の“歌ってみた”シリーズを見た時に、非常に面白いと感じ、その後、試行錯誤しながら自分自身で“歌ってみた”を投稿したのが始まりという事でした

そして、その時に聞いていたのが初音ミクが歌う「メルト」でした。

 

2009年10月1日にニコニコ動画で歌い手としての活動を開始します。

バンドやボーカルユニットにも参加しながら、活動の場を広げていきました。

2012年から2013年にかけて、バンド「einie」に所属

2014年には、ボーカルユニット「Riot of Color」結成

2014年、自主制作盤『Wonder Word』

 

2015年からは、作詞・作曲にも活動の幅を広げていきました。

2015年の2枚目のアルバム『Round Robin』より自身でも作詞・作曲を手がける

2016年には初の全国流通盤『OFFICIAL NUMBER』を発売

2017年にインディーズでリリースしたアルバム『文化』では、すべての楽曲を自身で作詞作曲

 

また、2016年12月には、ボーカロイドの初音ミクを用いた楽曲「sister」を公開し、ボカロPとしても活動を始めます。

2019年には、トイズファクトリーからアルバム『おとぎ』をリリースし、待望のメジャーデビューを果たしています。

 

ライブ活動も精力的に行っており、2018年、2019年のワンマンライブは12,000人を動員し、なんと全公演即完という人気ぶりでした。

Eveさんはタイアップも多く、注目度も人気度も高いことがうかがえます。

【タイアップ一覧】

・2018年オリジナルアニメ『メカウデ』主題歌 『アンビバレント』

・2019年テレビアニメ『どろろ』エンディングテーマ 『闇夜』

・専門学校HAL CMソング 『レーゾンデートル』

・スペースシャワーTV開局30周年記念STATION ID 『バウムクーヘンエンド』

・abemaTVドラマ 『フォローされたら終わり』主題歌 『ドラマツルギー』

・JR SKISKI 2019-2020 キャンペーンテーマソング 『白銀』

・2020年ロッテ「ガーナチョコレート “ピンクバレンタイン”」テーマソング 『心予報』

・2020年テレビアニメ『呪術廻戦』オープニングテーマ 『廻廻奇譚』

・2020年劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』主題歌『蒼のワルツ』

・2020年劇場アニメ『ジョゼと虎と魚たち』挿入歌『心海』

・2021年ロッテ「ガーナチョコレート “Gift”」テーマソング『平行線』

 

2013年11月に開設された、Eveさんの公式YouTubeチャンネルは2021年4月現在、登録者数が289万人で、動画総再生回数は10億回を突破しており、その勢いは未だ止まりません。

Eveさんの人気動画と再生回数を人気順にまとめてみました。

楽曲 再生回数
「ドラマツルギー」 9409万回
「廻廻奇譚」 1億回
「お気に召すまま」 6801万回
「ナンセンス文学」 4625万回
「あの娘シークレット」 4463万回
「トーキョーゲットー」 3395万回
「ラストダンス」 3393万回
「心予報」 3840万回
「僕らまだアンダーグラウンド」  3266万回
「惑星ループ – Eve feat.ナユタン星人」  3055万回
「レーゾンデートル」  3211万回
「アウトサイダー」 3088万回

 

自身の音楽のルーツは、「BUMP OF CHICKEN」「RADWIMPS」「相対性理論」「ねごと」「Galileo Galilei」を挙げています。

Eveさんの楽曲の特徴は、ギターがメインで制作されたバンドスタイルを取っています。

 

ファッションデザイナー

Eveさんは音楽のほかファッションデザインも手がけており、ユニセックスブランド「harapeco」のプロデュース兼店長をしています。

「性別や体型を選ばない、等身大の自分でいられるようなユニセックスブランド。」をテーマにしています。

 

Eveさんは、「harapeco」について「”ゆるさ”をテーマに、自身が愛着を持って作り上げた”モノ”が誰かの身近な存在になって欲しい。日々の集積から少しでも世の中に新しい価値観を発信できたらと思っています。」と話しています。

「harapeco」では、洋服をはじめ、財布やバッグ、小物など多彩なアイテムを取り揃えており、2021年1月からはusedアイテムの取扱も販売開始されています。

 

harapeco公式サイト

harapeco公式Twitter

 

漫画原作者

2020年4月15日発売の「月刊コミックジーン」で連載が始まった、漫画「虚の記憶」で初めて原作とプロデュースの活動を開始しました。

漫画は、Eveさんのアルバム『Smile』の発売告知イラストカウントダウンにも参加していたイラストレーター・ネヲさんが担当されています。

 

2020年11月には、「虚の記憶」のコミックス第1巻も発売されています。

「虚の記憶」とは…
高校入学初日、九十九零は教室で急激な眠りに襲われる。目覚めると周囲は”人ならざるもの”で溢れていて…。異変が続く街で、孤独を抱えた少年たちは巡り合う。
「記憶」と「人外」をめぐる青春譚、ここに開幕――。

 

歌がうまくて、作詞・作曲もでき、ボカロPでもあり、洋服ブランドのデザイン〜プロディース、さらには、漫画原作までと本当に多彩なEveさん。

若くして、これだけの顔を持っている、才能豊かなアーティストEveさんなので、今後さらに注目されることはまちがいないでしょう。

 

Eveはライブのみで顔出ししている

Eveさんは、これまでライブの時のみ顔出しをしています。

インスタグラムの画像を見てもわかりますが、ぼかしや角度で顔をはっきりと確認できる画像はありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eve(@eve_harapeco)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eve(@eve_harapeco)がシェアした投稿

そこで気になるのがどんな顔なのかということになりますが、Eveさんはイケメンだということです。

ファンの方の中にも、どんな顔?何系?誰に似ている?など気になっている方がいて、実際にライブにいった方とのこんなやりとりを見つけました。

eveさんのお顔ってかっこいい?実際に見たことある方教えて欲しいです
 私は、ライブとイベントで会ったことがあるんですが、Eveくんは 可愛らしい男の子って感じでした。

笑顔が似合ってて でも時間が経つと顔が薄れてくっていうか(いい意味で)思い出したくなるような顔ですね〜。

 

他にも実際にEveさんを見たという方の印象をまとめてみました。

・かわいい感じの男の子

・中性的

・爽やかでエモい

・2次元ぽい

・今どきの男の子でスタイルも抜群!

・歯並びがよくて鼻が高い

・髪の毛がファフワしていた

・かわいいしかっこいいし米津さんよりの顔

結構具体的な意見もあり、分かりやすいのは米津玄師さんに近い顔立ちだということですね。

米津玄師とUTの初コラボレーション 8月14日より日本をはじめ世界のユニクロで発売 | PHOTO(2/25) | FASHION HEADLINE引用:https://www.fashion-headline.com/article/39671/2

 

米津玄師さんもEveさん同様、メジャーデビュー前はインターネットを中心に活動しており、今や超人気アーティストの1人となっています。

Eveさんも今後さらに活躍されることが期待されているので、注目のアーティストの1人です。

 

また、顔出ししない理由については過去のインタビューで答えていました。

「顔出しはなんでなんですかね(笑)。別にいままで出してないし、MVはアニメをつけて今たくさんの人に見てもらっているんですけど、それをすごく受け入れてもらっているので、僕自身を作品に出していかなくても良いかなって感じです今のところは。

引用:https://news.1242.com/article/168378

絶対に顔を出したくない!とか、顔を出してはいけない理由があるというよりは、これまで顔を出さずにアニメーションのMVをメインに活動してきたことが受け入れられているから、顔を出さなくても良いのでは?という気持ちのようです。

そして、最後の「今のところ」という言葉が入っているのが気になります。

 

「今のところ」という表現からすると、「今後は必要があれば、顔出しするかもしれない」とも捉えられます。

それがいつのタイミングになるのかはわかりませんが、ライブでは顔出ししていることと、顔出ししない絶対的な理由がないので、今後顔出しの可能性はありそうですね。

 

EveのTwitterアイコン変化で顔出しはいつ?

EveさんはTwitterアカウントを開設しており、以前はアイコンが仮面をつけたイラストでした。

Eveのこれまでのアーティストビジュアル 

Eve on Twitter: "いつかライブできるといいね… "  画像

徐々に仮面が取れていってます。

Twitterでは、フォロワー数が90万人と突破したことと一緒に「お面がめくれました」とアイコンのお面が取れたことを報告しています。

このツイートに対してファンからは、「100万人になったらどうなるの?」「100万人が楽しみ」などのコメントが寄せられていました。

 

テレビの特集などやアニソンなどでもEveさんが紹介されることもだんだんと増えてきているので、今後テレビなどでの顔出しを期待する声も高まっています。

まとめ

今回は『Eveの顔画像や読み方は?年齢や誕生日とイラスト変化で顔出しの予感!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらうれしいです。

 

すでに、YouTubeでの動画総再生回数が1億回を超えるなど、注目を集めているEveさんですが、今後の活躍が期待されます。

現在は、ライブなども延期や中止されている状態ではありますが、またいつかお会いしましょうとコメントされているので、ライブ開催も待ち遠しいですね。

 

また、テレビなどでの顔出しにも期待したいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。