人物

古川奈穂の中学校・高校は広尾学園で競馬学校は留年?インスタ画像も

2021年4月17日(土)の新潟競馬7レースで、古川奈穂騎手が2番手から押し切って1着ゴールを果たし、話題になっています。

古川奈穂さんは2021年3月にデビューしたばかりの女性騎手でありながら、これまでに5度の1位ゴール(勝利)を決めています。

 

そんな新人女性騎手ですが、出身中学や高校は偏差値70という広尾学園だったということです。

また、これまでに高校退学や競馬学校で留年するなどの経験をしていることがああったようですが、その理由についても気になります。

 

今回は『古川奈穂の中学校・高校は広尾学園で競馬学校は留年?インスタ画像も』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 古川奈穂の中学・高校は広尾学園で退学していた!
  • 古川奈穂の競馬学校留年の理由は?
  • 古川菜穂のインスタ画像

 

古川奈穂の中学・高校は広尾学園!

古川奈穂、最速JRA初勝利!進学校中退し騎手になった20歳のニュー ...

古川菜穂さんは2021年3月に競馬騎手としてデビューをしていますが、中学・高校は中高一貫の進学校である広尾学園だったということです。

〒106-0047 東京都港区南麻布5丁目1−14

 

広尾学園は、私立の男女共学の中高一貫の学校で、進学校ということもあり偏差値は70とかなり高いです。

また、広尾学園高等学校を卒業後の大学進学先は、東京大学や早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学などやはり偏差値が高い大学へと進学していることがわかります。

 

また、広尾学園のイメージとして「お金持ち」「お嬢様」が通っている学校というのがあるようですが、古川菜穂さんも父親が医師だというです。

また、芸能人の子供が通う学校とも言われているみたいでした。

 

 

しかし、高校の時に広尾学園を退学しています。

そんな広尾学園出身の古川菜穂さんは一体どんな方なのかや高校を退学した理由についても触れていこうと思います。

古川菜穂のプロフィールや経歴は?

古川奈穂騎手の初騎乗は10着「実際の競馬は想像以上にタイト ...

名前:古川 奈穂(ふるかわ なほ)

生年月日:2000年9月13日

年齢:20歳

出身地:東京

身長:154.6 cm

体重:44.8 kg

血液型:A型

趣味:歴史(特に幕末)、謎解き、数独、音楽鑑賞

所属団体:日本中央競馬会(JRA)

所属厩舎:矢作芳人(栗東)

初免許年:2021

免許区分:平地・障害

マネジメント:スポーツビズ

東京都千代田区出身で、医師の家庭に生まれた古川菜穂さんは、小学校6年生の時にテレビで見た2012年ゴールドシップの有馬記念が競馬との出会いだったということです。

その後、先ほども紹介しましたが、広尾学園の中学校と高等学校を卒業しています。

 

中学では陸上競技部に所属していましたが、東京競馬場や中山競馬場にたびたび足を運んでレースを見ていたそうです。

高校に進学しますが、同じ女性である藤田菜七子騎手が活躍する姿を見て「女性でも騎手になれるんだ」と知り、競馬学校受験を決意し、高校を中退。

 

2017年に競馬学校騎手課程36期生として入学しましたが、当時は乗馬経験がほとんどなかったということで、競馬学校では同期が乗馬経験者がほとんで、実力の差を感じていたとか。

実技に苦労したそうですが、同期に追いつくためには限られた乗馬時間以外にも、馬に乗っていない時の筋トレは欠かさずにやったり、補習を受けたりと努力していたそうです。

 

在学中には大きなケガに見舞われ、留年になってしまったこともありましたが、2021年2月に騎手免許を取得し、3月には騎手としてデビューを果たしています。

目標としている騎手は、武豊騎手と坂井瑠星騎手(古川さんと同じ矢作厩舎所属の兄弟子)で、騎手としての目標は「多くの人に信頼され、愛される騎手になりたい。大きな目標はG1を勝てるようなジョッキーになる」ことだそうです。

 

また、母親の影響もあり、福山雅治さんの大ファンでファンクラブにも入っているそうで、その時の気分によって、福山雅治さんのパワーソングがあるんだとか。

試合の当日などには福山雅治さんの歌を聞いて、勇気や元気をもらっているのでしょうね。

 

歴女である古川菜穂さんは特に新選組が好きということで、研修中には京都で新選組の史跡巡りに行っていたそうです。

古川奈穂の競馬学校留年の理由は?

古川菜穂さんは競馬学校在学中に大きなケガをしてしまい、留年するとになってしまったそうです。

留年の理由は左肩の怪我により手術を受け、3ヶ月間休学していたことで、進級試験が受けられなかったということのようです。

左肩のけががあって留年しました。関節が柔らかすぎて脱臼癖みたいになってしまって。癖になってもいけないとも言われて手術を決断しました。その時に3カ月休学して進級試験ができなかったんです

引用:東京中日スポーツ

 

高校を退学し、競馬学校に入学後も同期との差を埋めるために必死で頑張っていた中での怪我や留年は本当に辛いけんけんだったのではないでしょうか。

そんな辛い経験を乗り越え、見事2021年2月に競馬学校を卒業することができ、その時の気持ちを「やっとスタートラインに立てた」を気持ちを語っていました。

 

デビューに対しても「楽しみの方が大きいですね。」と語っていましたが、デビュー後の成績も紹介していきます。

古川奈穂の強さは本物?

古川菜穂さんは2021年3月にデビューしており、これまでに5度の1位ゴール(勝利)を果たしています。

これまでの成績を紹介していきいます。

本年成績 1着 2着 3着 着外 騎乗回数 勝率
全レース 5 2 2 44 53 9.4

 

デビュー後、53レース中すでに、1着5回、2着2回、3着2回という好成績を残しています。

競馬学校時代に同期との差や怪我での留年など苦労を乗り越えてきたからこその結果なのでしょうか。

 

2021年3月13日の初勝利後のインタビューの様子が残っていたので紹介します。

初々しい姿や可愛い笑顔が印象的でした。

 

これからもどんどん勝って、憧れの騎手である武豊騎手や女性騎手の先輩である藤田菜七子騎手のように強い機種になって欲しいですね。

これからの活躍を期待しながら、応援しています。

 

古川菜穂のインスタ画像

古川菜穂さんは、騎手デビューと同時にインスタグラムのアカウントを解説しています。

こちらは古川菜穂さんのインスタグラム初投稿の画像です。

こちらの古川菜穂さんのインスタグラでは、騎乗情報やメディア情報などのお知らせもされるそうなので、チェックしてみてくださいね。

 

まとめ

今回は『古川奈穂の中学・高校は広尾学園で退学していた!競馬学校を留年の理由も』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらうれしいです。

 

女性騎手の誕生は藤田奈々子さん以来5年ぶりということでも注目されている藤田菜穂さんですが、今後も大いに活躍していただけることを願っています。

最後までお読みいただい、ありがとうございました。