テレビ

運動不足を解消!おうち時間で子供と楽しく体を動かそう

こんにちは、はるママです。

 

前回はおうちで赤ちゃんと楽しめるストレッチでした。

 

今回はもう少し大きい子ども向けの内容を紹介していきます。

 

コロナの影響で3ヶ月のおうち時間がありました。

 

なかなか自由に外で遊べない環境の3ヶ月間で肥満傾向の子供が増えたと言われ、

運動不足を解消するための対策も考えられているとか。

 

うちの子たちも結構いい体格になりましたww

 

学校は再開されましたが、うちの子供たちの学校では体育の授業があるのは週に3回。

しかも学校が再開してすぐに梅雨が始まり、雨で運動場が使用できないと体育ではなく

別の授業をしている様子。

 

雨が降っていない放課後にも公園など外で遊んでいる子供たちを見かけることがなく、

運動はほんとんどしていないのでは?

 

 

我が家の子供たちも思いっきり動いたり、遊べないことでモヤモヤ、イライラ。

運動できないことでストレスが溜まっているように見えます。

 

 

そこで今回は、おうちの中でも体を動かすことができて、楽しめちゃうキッズヨガをお伝えしていきます。

  • おうち時間も楽しく運動!おうちの中でできるキッズヨガ
  • 幼児が楽しめるヨガ
  • 小学生が楽しめるヨガ
  • もっと楽しめる親子ヨガ・ペアヨガ
  • おうちキッズヨガで子供と一緒に運動不足を解消しちゃおう!

 

おうち時間を使って、おうちで子供と一緒に楽しみながら運動できちゃうキッズヨガで運動不足を解消していきましょう。

おうち時間も楽しく運動!おうちの中でできるキッズヨガ

「ヨガ」というと難しいポーズをとったり、体が柔らかくないできないと思っている方もいると

思いますが、「ヨガ」は決して難しいポーズができなくても、体が柔らかくなくても楽しんで

できるスポーツです。

 

場所も選びません。

 

おうちの中はもちろん、公園や砂浜などの外でもでき、畳1畳分のスペースさえあればOK!

 

なのでおうち遊びに最適なスポーツです。

 

準備するものも特にありません。

 

もしヨガマットがあればそれを使ってもいいかと思います。

 

 

動きやすい格好で、裸足になってやっていきましょう♪

幼児が楽しめるヨガ

 

幼児(保育園児・幼稚園児)向きのヨガです。

 

お歌を歌いながらポーズをとっていきます。

 

ポーズは動物や虫など子供が知っているものになり切って行えるので小さな子供たちも

楽しんでできます。

 

 

▪︎蝶々のポーズ

①座って足の裏と足の裏を合わせて、足が離れないように両手でギュッと挟みます。

 

②そのまま膝を上下にパタパタさせます。

💚足が蝶々さんになったみたいに

 

③「ちょ〜お〜ちょ〜、ちょ〜お〜ちょ〜」と蝶々のお歌を歌いながらパタパタさせます。

 

④最後は両足を伸ばし大きめに広げ、両手を後ろにつきます。

 

⑤足の指先の向きをを外、中、外、中と数回します。

 

 

▪︎猫のポーズ

①四つんばいになります。

💚肩の真下に手首がくるように。ヒザはお尻の幅くらいに開きます。

 

②顔を下に向けておへそを見るようにします。一緒にお尻は前に出す。

💚背中を丸めるような感じで。猫が背伸びをしているようにします。

 

③次は顔はお空を見上げるように上向き。一緒に背中を反らせるようにしてお尻も上に。

💚お尻のしっぽ(尾てい骨)を上に伸ばすように。猫がしっぽを伸ばしているように。

 

④2と3を繰り返します。

💚迷子の子猫ちゃんのお歌に合わせてやってみましょう。

ワンフレーズごとに2と3を繰り返していくといいテンポでできますよ。

 

⑤最後はお尻をかかとの上に乗せて、頭を床につけてダラーンと力を抜きます。

 

 

▪︎オットセイのポーズ

①腹ばいになります。

 

②胸の横に両手をつき、足は少し大きめに広げます。

 

③手のひらで床を押して、上体を持ち上げます。そのまま大きな声で10数えましょう。

 

④ゆっくり体を床に下ろします。

 

⑤ 3と4を繰り返します。

💚体を下ろしたら「いな〜い、いな〜い」、起こして「バァー!」と声をかけます。

 

 

小学生が楽しめるヨガ

 

小学生以上の子供ができるヨガです。

 

ポーズと一緒に呼吸を意識しながら動いたり、集中したり、キープしたりと

体の『動』と『静』という違った動きを合わせてしていきます。

 

ポーズの効果として集中力アップや姿勢の改善、インナーマッスルの強化などがあります。

 

 

▪︎下向きの犬のポーズ

①四つんばいになります。

💚肩の真下に手首がくるように。ヒザはお尻の幅くらいに開きます。

 

②お尻を持ち上げて、横から見て三角の形になるようにします。

💚手のひらと足の指の付け根で床を押すようにしてお尻を上にあげていく。

 

③足と足の間から後ろの景色を見るようにして、お尻を高くあげていき、そのままキープ。

💚この時、息を止めないように!

 

④大きな呼吸で吸ったり、吐いたりを3回します。

最後の息は全部吐ききるようにします。

 

⑤ゆっくりと床にヒザをついて四つばいに戻ります。

 

⑥最後はお尻をかかとの上に乗せて、頭を床につけてダラーンと力を抜きます。

 

 

▪︎木のポーズ

①両足を揃えて立ちます。

 

②背すじをピンと伸ばし、おへその下に少し力を入れます。

💚肩の力は抜いておきます。

 

③両手のひらを合わせて、右足の裏を左のヒザの上か下につけます。

💚ヒザにつけると負担がかかってしまうのでヒザにはつけない。

 

④そのままピタッと立っていられたら、次に足の裏をももまであげます。

💚フラフラしてしまう時はヒザの下でOK!

 

⑤両手を高く上にあげていきます。そこから大きく広げていきます。

💚手を木の枝のようにまずは上に大きく伸ばしていき、どんどんと枝が大きく

広がっていくように広げます。

 

⑥そのまま大きな呼吸で吸ったり、吐いたり5回します。

最後の息は全部と吐ききります。

 

⑦手と足を下ろして、体の力を抜きます。

 

⑧反対の足も同様に行います。

 

 

 

▪︎板のポーズ

①床に腹ばいになります。

 

②足の指を立てて床につけ、胸の横に手のひらをついて床を押すように体を持ち上げます。

💚腕立て伏せのように

 

③顔を上げて前を見ます。

 

④肩からかかとまでが一直線になるように、体をまっすぐにします。

💚体を一直線にするポイントはおへその下にグッと力を入れてお腹の内側に引き込むようにします。

お尻が持ち上がりやすいので気をつけましょう。

⑤そのままの姿勢をキープしていきます。

💚できるだけ長くキープします。

できるようになってきたらどれだけできるかタイムを図るのもいいですね。

 

⑥ゆっくりと体を床に下ろします。ダラ〜ンと体の力を抜きます。

 

 

もっと楽しめる親子ヨガ・ペアヨガ

 

上記では、一人でするヨガでしたが、親子や兄弟、またはお友達などのペアでするヨガも

とってもおもしろいですので紹介していきます。

 

 

▪︎親子ヨガ

①背中合わせになって、あぐら座(お父さん座り)に座ります。

 

②体を右にねじって、相手の左足(ももでも、ヒザでも触れるところでOK)にタッチして戻ります。

💚2人ともが一緒に同じ方向に向くようにします。

 

③反対も同じように。体を左にねじって、相手の右足にタッチして戻ります。

 

④2と3を繰り返します。

 

 

▪︎ペアヨガ

①向かい合って、体操座り(お山座り)で座ります。

 

②両手をつないで、足の裏同士を付けます。

 

③お互いに体を後ろに倒しながら重心を後ろに傾けて、両手同士で支え合います。

 

④バランスとりながら、腕の間から両足を上げて、そのままキープします。

💚2人のヒザがなるべく伸びるように。横から見るとWの形になります。

 

⑤ゆっくりと下ろします。

 

⑥4と5を繰り返します。

 

 

親子ヨガ、ペアヨガ共にさらにアレンジでき、

 

タッチする速さや足を上げ下げする速さを速くしたり、

 

ゆっくりにしたりするだけでももっと楽しめます。

 

 

ペアヨガは2人で協力しなければ出来ないポーズです。

 

お互いに力の加減やタイミングを相手に合わせようとすることで

 

思いやりの気持ちを育てられます。

 

 

親子ヨガもペアヨガもどちらも誰とでもできるので、夫婦やお友達ママとも楽しめますよ。

 

 

おうちキッズヨガで子供と一緒に運動不足を解消しちゃおう!

 

今回紹介したヨガはほんの一部です。

 

この他にもまだおうちで楽しめるヨガのポーズがありますのでまたの機会に紹介していきます。

 

 

ヨガをしてみて分かったと思いますが、ヨガはポーズの難しさも、体の柔らかさも関係なくできて、

 

道具も何もなくても、おうちの中でも体を動かせちゃうんです。

 

小さな子供も、小学生も、大人も、みんなで一緒に楽しみながら運動不足を解消しちゃいましょう。

 

 

 

まだ雨の日が続きそうですが、親子でおうち時間を楽しみましょう♪