人物

本多平直の国籍は韓国?家族や経歴は?スパイ疑惑や過激発言で評判は最悪?

本多平直衆院議員の「50歳近くの男性が14歳の子と、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」という発言に注目が集まっています。

本多平直議員は、これに対して発言が不適切だったとして「おわびして撤回する。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪するコメントを発表した。

 

本多平直議員について調べてみると『韓国』や『スパイ』など気になるものがあり、どうやらこれまでの過激発言などからそのようなことが噂されているようです。

また、家族や経歴についても気になったので調べてみました。

 

今回は『本多平直の国籍は韓国?家族や経歴は?スパイ疑惑や過激発言で評判は最悪?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

  • 本多平直の国籍は韓国?
  • 本多平直の家族や経歴について
  • 本多平直のスパイ疑惑は過激発言が理由で評判は最悪?

 

本多平直の国籍は韓国?

立憲民主党・衆議院議員本多平直 公式サイト引用:本多平直公式サイト

 

本多平直議員について、調べていると『韓国』という言葉が出てきます。

もしかして、国籍が韓国なのか調べてみると韓国籍である事実はないようでした。

 

出身地は『北海道札幌市厚別区』となっており、他にも韓国などとのつながりを探してみましたが、特段観光とのつながりはないようでした。

また、妻の衆議院議員・西村智奈美議員が韓国人では?国籍が韓国?という噂があるようでした。

西村ちなみ 立憲民主党(りっけん) (@chinami_niigata) | Twitter引用:Twitter

 

見た目から韓国人と言われているのかもしれませんが、西村智奈美議員の出身地は新潟県燕市となっており、本多平直議員と同じく韓国とのつながりは見つかりませんでした。

 

本多平直の家族や経歴について

ホンダ平直プロフィール | 立憲民主党・衆議院議員本多平直 公式サイト引用:本多平直・公式サイト

 

本多平直議員のプロフィールや家族、経歴について紹介していきます。

プロフィール

本多平直 - 立憲民主党

名前:本多 平直(ほんだ ひらなお)

生年月日:1964年12月2日

年齢:56歳(2021年6月現在)

出身地:北海道札幌市厚別区

血液型:B型

所属政党:新党さきがけ→民主党→民進党→旧立憲民主党→立憲民主党

当選回数:3回

 

家族について

家族は妻の西村智奈美議員と高齢出産で産まれた男児が1人おり、子供の年齢は2021年で5歳になると思われます。

 

本多平直議員が42歳、西村智奈美議員が40歳の時に結婚しています。

そして、9年間の不妊治療の結果、本多平直議員51歳、西村智奈美議員が49歳の時に子供が産まれました。

民進党の西村智奈美衆院議員(比例北陸信越)が昨年11月、49歳で第1子となる男児を出産した。40歳で結婚。長年の不妊治療を経て授かったという。

引用:朝日新聞

 

2018年には、妻の西村智奈美議員と息子が一緒に写っている画像をTwitterで投稿していました。

経歴について

ホンダ平直プロフィール | 立憲民主党・衆議院議員本多平直 公式サイト引用:本多平直・公式サイト

 

1964年12月2日 北海道札幌市厚別区生まれる

1982年 北海道札幌南高等学校を卒業

1986年 北海道大学法学部を卒業 大学在学中は主に政治学を学ぶ

1992年 松下整形塾に入塾 (同期に松野博一、市村浩一郎、秋葉賢也、井戸正枝)

1994年 新党さきがけに入党し、同党政策スタッフとなる

政策担当秘書の資格を取得後、新党さきがけ所属の枝野幸男衆議院議員の政策担当秘書を務める

2003年 第43回衆議院議員総選挙に埼玉12区から民主党公認で出馬するも落選

2004年 木下厚(比例北関東ブロック選出)の辞職(埼玉8区補欠選挙出馬)に伴い、繰り上げ当選により初当選

2005年の第44回衆議院議員総選挙では、自民党前職の小島敏男に敗れ、重複立候補していた比例北関東ブロックでの復活もできず、わずか約1年で議席を失う

落選中に民主党に所属している西村智奈美と結婚

2009年の第45回衆議院議員総選挙で埼玉12区で4年ぶりに当選し、国政に復帰

2011年、野田内閣で内閣総理大臣補佐官に起用

野田第2次改造内閣まで務める

2012年 野田第3次改造内閣の発足時に首相補佐官を退任

内閣府大臣政務官、及び枝野幸男経済産業大臣の下で経済産業大臣政務官に任命

第46回衆議院議員総選挙では、比例復活もできず落選

2014年 第47回衆議院議員総選挙に埼玉12区から出馬するも再び落選

2015年 民主党公認を撤回

北海道4区の公認候補に内定し、民進党北海道第4区総支部長に就任

2017年  第48回衆議院議員総選挙にて立憲民主党公認で北海道4区から出馬

北海道4区では他の議員に敗れるも比例北海道ブロックで復活し、5年ぶりに国政に復帰

本多平直議員の掲げている政策や主張についてお紹介していきます。

・第9条を含む日本国憲法の改正に反対

・憲法への緊急事態条項の創設に反対

・参議院議員通常選挙で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正に反対

・アベノミクスを評価しない

・日本の原子力発電について「当面は必要だが、将来的には廃止すべき」としている

・カジノの解禁に反対

・日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としており、非核三原則の「持ち込ませず」の部分についても「議論する必要はない」としている

 

本多平直のスパイ疑惑は過激発言が理由で評判は最悪?

本多平直議員について調べていると『スパイ』という噂が流れているようですが、本多平直議員にスパイ疑惑があるのでしょうか?

調べてみると、どうやら本多平直議員の発言からスパイではないかと言われているようでした。

本多平直議員はこれまでにも過激発言からスパイ疑惑が上がっているようで、SNSでは批判的なものが多くありました。

今回の「50歳近くの男性が14歳の子と」という発言もそうですが、本多平直議員は過激な発言が多いことで評判はあまり良くないようでした。

まとめ

今回は『本多平直の国籍は韓国?家族や経歴は?スパイ疑惑や過激発言で評判は最悪?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。