ニュース・トレンド

石川拓慎の逮捕はなぜ?蘇我中学と紅陵高校出身!駒澤大学で箱根駅伝優勝も

石川拓慎選手が逮捕されたということが報じられ、話題になっています。

石川拓慎選手はなぜ逮捕されることになってしまったのでしょうか。

 

2021年には箱根駅伝で駒澤大学のアンカーを務め、優勝へ導いと石川拓慎選手は、中学高校でもマラソンをしていたのでしょうか?また、出身中学や高校についても調べてみました。

今回は『石川拓慎の逮捕はなぜ?蘇我中学と紅陵高校出身!駒澤大学で箱根駅伝優勝も』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

  • 石川拓慎の逮捕はなぜ?
  • 石川拓慎は蘇我中学と紅陵高校出身!
  • 石川拓慎は箱根駅伝で駒澤大学アンカー&優勝!

 

石川拓慎の逮捕はなぜ?

石川拓慎(駒澤大)】出身中学や高校での成績や自己ベスト | TOP SPEED引用:https://topspeed.life/athletic/1791/

 

石川拓慎選手が逮捕されてということですが、なぜ逮捕されてしまったのでしょうか?

石川拓慎の逮捕理由は…

県青少年保護育成条例違反などの疑い

逮捕されたのは、17歳の女子高校生にみだらな行為をした疑いということだったようです。

これに対して、石川拓慎選手は相手の女子高校生の年齢が18歳だと思っていたと答えているようです。

逮捕容疑は、昨年12月20日と今年1月17日、川崎市多摩区と東京都世田谷区のホテルでそれぞれ、相模原市の女子高校生にみだらな行為をした疑い。

引用:https://www.chunichi.co.jp/article/256511

 

2人は、2020年10月下旬にマッチングアプリで知り合っていたようです。

現在は、石川拓慎選手が生活している駒澤大学陸上部の寮についても家宅捜索に入っているということでした。

 

2021年1月の箱根駅伝では、駒澤大学のアンカーとして2位でタスキと受け取っていましたが、見事に創価大学アンカーを抜かして1位に躍り出てそのままゴールし、チームを優勝へと導きました。

優勝当日は、ニュースなどでその様子が大きく取り上げられていましたが、その数ヶ月後にこんな形でニュースに出るとは…。

 

大学4年生の石川拓慎選手ですが、今後は大学卒業や就職などにも影響が出てくるのではないでしょうか。

残念ですね…。

 

石川拓慎は蘇我中学と紅陵高校出身!

石川拓慎選手は中学から陸上競技をしていたようですが、出身中学や高校についても紹介していきます。

出身中学は蘇我中学

石川拓慎選手の出身中学は千葉県千葉市にある蘇我中学校です。

〒260-0841 千葉県千葉市中央区白旗1丁目5−3

2020年度の生徒数920名で、学級数は26学級(1年:8学級、2年 : 8学級・3年:9学級、特支:1学級)になる大規模校であり、千葉市内で最も生徒数の多い中学校となっています。

蘇我中学校は運動系・文化系の部活動が合わせて23もあり、非常に盛んで例年多くの部活動が全国大会・関東大会・県大会に出場し、好成績を残しています。

 

また、蘇我中学校出身の有名人には、佐藤祥さん (サッカー選手)、粟生隆寛さん(プロボクサー)、蘇我英樹さん(キックボクサー)、永島敏行さん (俳優)、竹原ピストルさん(ミュージシャン)がいます。

出身高校は紅陵高校

石川拓慎選手の出身高校は、拓殖大学紅陵高等学校です。

〒292-0822 千葉県木更津市桜井1403

 

拓殖大学紅陵高等学校は、千葉県木更津市にある私立の高等学校です。

偏差値は『41 〜 57』で文武両道を目指し大学進学はもちろん、クラブ活動の充実も図っています。

 

拓殖大学紅陵高等学校は、高校野球への出場も率も高く、全国的にも有名な学校です。

拓殖大学紅陵高等学校出身の有名人は、成田美寿々 (プロゴルファー)、むぎわらしんたろう(漫画家)、竹原ピストル(ミュージシャン)などや多くのプロ野球選手がいます。

【拓殖大学紅陵高等学校出身のプロ野球選手】

  • 小川博文
  • 飯田哲也 
  • 佐藤幸彦 
  • 高橋憲幸
  • 和田孝志 
  • 知野公昭 
  • 小林敦司 
  • 多田昌弘 
  • 立川隆史 
  • 手嶌智
  • 加藤貴之 
  • 大木貴将 

 

高校時代も陸上選手として活躍していた石川拓慎選手ですが、実は『石川拓慎』という名前を探しても高校時代に成績が見つかりません。

理由は以前は『井内拓慎』という名前で記録に残っていたからです。

Twitterの投稿写真を確認するとしっかりと石川拓慎選手がいるのが確認できるので間違いないと思われます。

画像Twitter投稿写真の拡大

 

2018年ごろまでは『井内拓慎』の名前で記録が残っているので『石川拓慎』に変わったのはおそらく2018年ごろだと思わレますが、理由についてはわかっていません。

 

石川拓慎は箱根駅伝で駒澤大学アンカー&優勝!

駒大10区・石川拓慎「1年前の鋭すぎる眼光」から始まっていた“大逆転の ...引用:https://bunshun.jp/articles/-/42680

 

2021年1月の箱根駅伝では、10区のアンカーを託されていた石川拓慎選手は、大逆転劇を見せ、見事、駒澤大学陸上部を優勝へと導きました。

2020年の箱根駅伝でも10区を任せられた石川拓慎選手は、残念ながら早稲田大学の選手に抜けれてしまったのです。

 

そして前年の悔しさを2021年の優勝へとつなげていったと言われています。

石川拓慎選手の逆転劇での優勝を受けて、2020年に逆転で優勝を果たした早稲田大の宍倉健浩選手はTwitterでこんな投稿をしていたようです。

箱根駅伝の10区での逆転劇を2年連続で見せてくれていた石川拓慎選手でした。

2021年の箱根駅伝では、コロナの影響でいつもとは少し違う状況での駅伝となりましたが、最後のゴールの瞬間にはみている人に感動を与えたのではないでしょうか。

 

そんな感動の数ヶ月後に、今回の逮捕というニュースでとても残念です。

 

まとめ

今回は『石川拓慎の逮捕はなぜ?蘇我中学と紅陵高校出身!駒澤大学で箱根駅伝優勝も』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。