人物

中島信也【東北新社社長】の経歴がスゴイ!あの有名CMのディレクターだった!

東北新社の新社長となった中島信也さんが、国会に参考人として招致されることになりそうです。

新社長となった中島信也さんとはどんな人物なのでしょう。

 

中島信也さんについて調べてみると、過去にはCMディレクターとして活躍されており、カップヌードルや伊右衛門など多数のCMを手がけ、カンヌ国際広告祭グランプリなど受賞歴もスゴイことがわかりました。

今回は『【東北新社社長】中島信也の経歴がスゴイ!あの有名CMのディレクターだった!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

 

  • 【東北新社社長】中島信也の経歴がスゴイ!
  • あの有名CMも手がけていた凄腕CMディレクター
  • 受賞歴もスゴイ!

 

中島信也がかわいそう?国会招致された東北新社社長に同情の声が多数!3月15日(月)に国会召集された東北新社の社長・中島信也さんに対し、「かわいそう」という声が続出しています。 菅首相の長男・菅正剛...
【菅義偉・長男】菅正剛の学歴がスゴイ!次男は東京大学・三男は法政大学!菅総理の長男・菅正剛(すが せいごう)さんのスキャンダルが報じられ、話題となっています。 菅正剛さんってどんな方なのかな?と思い、...

 

 

【東北新社社長】中島信也の経歴がスゴイ!

スキンヘッドや歯並びなど特徴のある中島信也さんですが、調べてみると「東北新社社長」以外にも多くの肩書きがありました。

中島信也さんのこれまでの経歴を簡単にまとめてみます。

中島信也

1959年1月15日 福岡県八女市(旧・八女郡黒木町)で生まれる。その後、大阪で育つ。

1977年9月 大阪府立豊中高等学校を卒業。

1978年 一浪。すいどーばた美術学院で学んでいた。

1982年3月 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科を卒業。

1982年4月 東北新社に入社。

1983年 テレビCMディレクターとしてデビュー。多数のCMで受賞されている。

1996年 映画監督としてもデビュー。「ウルトラマンゼアス」が初監督作品。

2010年 映画監督作品・2作目「矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜」。役者としても出演している。

2019年6月 東北新社・副社長に就任

2021年2月 東北新社・社長に就任

自己紹介では1959年、福岡生まれ大阪育ちの江戸っ子とされていますが、福岡県八女市(旧八女郡黒木町)で生まれた後、大阪で育ち、その後東京で生活をしちたようです。

CMディレクターとして初めての作品は「ナショナル換気扇」。

 

中島信也さんが有名になるきっかけとなった作品が日清食品カップヌードル「hungry ? シリーズ」のCMです。

このシリーズ作品では、1993〜1996年の4年連続でカンヌ国際広告祭でのグランプリ・金賞・銀賞・銅賞を獲得しており、日本人として初めてということです。

 

また、2003年にはサントリー燃焼系アミノ式の「グッパイ、運動。シリーズ」が話題になり、CMフェスティバル総務大臣賞を受賞しています。

中島信也さんがディレクターとして参加したCM作品は多数あり、どれも「見たことある!」というものばかりです。

 

CM以外にも映画監督としても作品作りをされていたり、後進の育成にも力を入れており、宣伝会議のコピーライター養成講座やCMプランニング講座等で講師も務めいます

今は東北新社の社長となっている中島信也さんですが、入社当時には、電通および博報堂に内定をしていたが、電通・博報堂を選ばずに東北新社に入社したとも言われています。(大学の同級生であるみうらじゅんが言っていたそうです。)

 

2015年4月〜2019年9月まで、ラジオ番組もされており、ゲストにはとんねるずの木梨憲武さんや石橋貴明さんが出演されてこともありました。

Kinashi_Noritake_20150425_01_480x360.jpg引用:http://www.joqr.co.jp/ana/2019/09/

 

Ishibashi_Takaaki_20150613_01_480x360.jpg引用:http://www.joqr.co.jp/ana/2015/06/-613.html

 

とんねるずのお二人と中島信也さんとの出会いは、中島信也さんが監督を務めたとんねるずが出演する出光のCMだったそうです。

中島信也さんは、「仕事が早い」でも有名だったようで、当時超多忙だったとんねるずのお2人は中島信也さんの仕事ぶりに好感を持っていたということです。

 

業界内では、中島信也さんは「仕事が早い」ことでは有名のようでしたが、それには訳があったようです。

広告作りについて回るのがタレントさんとの付き合いなんです。どうやったらタレントさんに気に入ってもらえるかと考えて、ずーっと必ずやり続けていることというのが、ともかく仕事を早く終える。早く終わって悲しまれたことはまずありませんね(笑)。

26年やってますけど、予定が早く終わってガッカリって人、全然いない。たまにキョトンとする人はいますけどね。

引用:https://wedge.ismedia.jp/articles/-/948

 

というように、タレントさんに気に入ってもらうために仕事を早く終わらせること大事にしているんですね。

こんな中島信也さんは、肩書きもスゴイ方でした。

 

中島信也の肩書きもスゴイ!

中島信也さんの肩書を以下にまとめてみました。

東北新社代表取締役社長

日本のCMディレクター

映画監督

ミュージシャン

日本ネーミング協会理事

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科およびデザイン情報学科客員教授

広告学校教授

というように、肩書きが7つもあるんです。

前述でも少し触れましたが、CMディレクターや映画監督以外にも、後進の育成にも力を入れていることから、デザイン学校の客員教授や広告学校の教授などもされています。

 

CMディレクターとしては35年以上携わっており、年間で20〜30本を制作されているということでこれまでに1000本以上の作品を作られているようです。

誰もが一度は見た頃があるという有名なCMが多いのも中島信也さんの作品の特徴ということで、2004年CM総合研究所発表のCM好感度ランキングでは、2位以下に大差をつけての1位だったそうです。

 

あの有名CMも手がけていた凄腕CMディレクター

中島信也さんがこれまでに手がけきたCM作品の一部と監督された映画作品を紹介していきます。

CMディレクション作品

代表的なCMディレクション作品一覧

  • 武田薬品「アリナミンV」アーノルドシュワルツェネッガー主演(1990年)
  • フジテレビ・キャンペーン「フジテレビ’90」(1990年)
  • 日清食品 カップヌードル 「hungry シリーズ」(1993- 1996年)
  • 日清食品 日清ラ王 「食べたい男 シリーズ」(2014-)
  • 資生堂 ’86春のキャンペーン 「色・ホワイトブレンド」(1986年)
  • ホンダ ステップワゴン 「こどもといっしょにどこいこう。」(1997- 2004年)
  • サントリー DAKARA 「小便小僧シリーズ」(2000年から数年)
  • サントリー 燃焼系アミノ式 「グッパイ、運動。」シリーズ(『回転少女』編、『上昇サラリーマン』編、『くるくるピクニック』編)(2003年)
  • 日本航空 (JAL) サザンオールスターズ(2003年)
  • NOVA 「異文化コミュニケーション」 :宇宙人役で声の出演もしている。
  • サントリー 伊右衛門 本木雅弘・宮沢りえ主演(2004年)
  • 中外製薬 グロンサン
  • 資生堂 企業CM
  • ソニー 「ブルーレイレコーダー等のシリーズ」矢沢永吉出演(2007年秋〜)
  • Friend-Ship Project 第3弾「90秒の夫婦の絆『定年の日の妻』篇」テレビ東京で放映された映像作品(2008年)
  • DOCOMO・キャンペーン 渡辺謙・堀北真希などが主演(2010年)
  • ユニクロ Wide Leg Jeans
  • タンスのゲン タンスのゲン×HKT48(2013年)
  • TOTO「ネオレスト 菌の親子編」(2015年)
  • リクルート「Airペイ」 オダギリジョー出演
  • 「BINGO 5」 神木隆之介出演
  • 「FOLIO」 松本人志出演

 

日清食品カップヌードル「hungry ? シリーズ」のCMでは、原始時代の大地を舞台に槍を手にした原始人の集団が巨大な野生動物と追いつ追われつするコミカルなCG作品となっています。

 

サントリー燃焼系アミノ式の「グッパイ、運動。シリーズ」では、身体能力の高い人たちを起用して専門知識を持たない一般視聴者には合成映像にしか見えないアクロバティックな器械体操を作品化されました。

 

サントリー伊右衛門のCMもシリーズ化されており、出演の本木雅弘さんと宮沢りえさんの夫婦のかけないとても素敵な雰囲気を醸し出しているCMとなってまいます。

 

映画・監督作品

映画・監督作品一覧

1996年には、『ウルトラマンゼアス』で初めてとなる映画監督を務めている。

Amazon | とんねるず「ウルトラマンゼアス」中島信也監督 | アニメ・萌えグッズ 通販引用:アマゾン

 

  • 「ウルトラマンゼアス」(1996年)
  • 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜(2010年)

 

「ウルトラマンゼアス」では、じんましんや名義で主題歌「シュワッチ! ウルトラマンゼアス」の作詞も担当しています。

また、「矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜」では、ミスコンの進行役として本編に出演もしています。

 

Amazon.co.jp: 矢島美容室 THE MOVIE 〜夢をつかまネバダ〜を観る | Prime Video引用:アマゾン

 

受賞歴もスゴイ!

また、中島信也さんは受賞歴をすごいのですが、こちらでは一部をご紹介していきます。

 

  • 1990年 東京アートディレクターズクラブ賞(東京ADC賞) グランプリ 「フジテレビ’90」
  • 1992年 全日本シーエム放送連盟賞(ACC賞)シリーズ大賞  「サントリー 白角」
  • 1993年〜1996年 カンヌ国際広告祭グランプリ・金賞・銀賞・銅賞も受賞「 日清食品:カップヌードル hungry ?」シリーズ
  • 2001年 アジア太平洋広告祭(通称:アドフェスト)グランプリ 「ミドリ安全:分煙システム 『禁煙亡命者』」
  • 2001年 国際放送賞(IBA賞、cf. International Broadcasting Awaeds)グランプリ 「松下電器 ナショナルのあかり」
  • 2002年 デジタルコンテンツ グランプリ2002「新しい才能」の部 DCAj会長賞
  • 2003年 全日本シーエム放送連盟 (ACC) CMフェスティバル総務大臣賞(ACCグランプリ) 「サントリー:燃焼系アミノ式 グッパイ、運動。シリーズ」(『回転少女』編、『上昇サラリーマン』編、『くるくるピクニック』編)
  • 2005年 ニューヨークアートディレクターズクラブ賞(ニューヨークADC賞)グランプリ 「サントリー 伊右衛門」
  • 2005年 日本宣伝山名賞
  • 2021年 リクルート「Airペイ」 オダギリジョー出演

 

以上の他にも多数受賞されているとのことでした。

「伊右衛門」や「Airペイ」などはテレビでよく見かけるCMなので、一度は見たことがあり、記憶に残っているのではないでしょうか。

 

中島信也さんは、CM作りで心掛けていることがあると言っていました。

広告主と大衆の、インターフェイス役なわけですね、僕ら広告の作り手は。だとしたら、僕らの生み出す表現は、まずは目にとまるものでなくちゃならないし、心を動かすものでありたい。それだけ考えてやってきたと言っていいかなあ。

引用:https://wedge.ismedia.jp/articles/-/946?page=2

 

CM作りでは、広告主とCMを見ている人の架け橋となるように、目にとまり、心を動かすものであることだけを考えていたということでした。

こういったことからも、中島信也さんのCMが注目され、その上、受賞される作品となっているのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は『【東北新社社長】中島信也の経歴がスゴイ!あの有名CMのディレクターだった!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただければと思います。

 

東北新社の社長となった中島信也さんですが、これまでにディレクションしたCMが数の多さや有名な作品が多いことがわかりました。

また、有名なCM作品が多いことから、受賞も多くされていました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。