テレビ

『熱中症警戒アラート』って何? 関東甲信地方1都8県で実施 2020年暑さのピークは?

こんにちは、はるママです。

 

梅雨明けとともに一気に暑さが増しましたね。

 

毎年熱中症に注意をするよう呼びかけが見られる時期なったきました。

 

最近、ネットニュースなどで目にするようになった『熱中症警戒アラート』っていう言葉。

 

皆さんはご存知ですか?

 

今回は熱中症アラートや2020年の熱中症対策、2020年の暑さのピークについてみていきます。

 

  • 熱中症警戒アラートってどんなものなの?
  • 熱中症警戒アラートが発表されたらどうする?
  • 2020年暑さのピークはいつ?

 

 

 

熱中症警戒アラートってどんなものなの?

 

『熱中症警戒アラート』という聞き慣れない言葉。

実はこの『熱中症警戒アラート』というのは今年か始まったもの。

だから、あまり聞いたことがなかったんです。

 

では、この『熱中症警戒アラート」ってどんなものなのでしょうか?

 

【熱中症警戒アラート】

これまでは最高気温がかなり高くなると予想されるときに「高温注意情報」が発表されていました。

その「高温注意情報」を発展させたものが『熱中症警戒アラート』です。

 

 

今年の7月1日〜10月28日までの約4ヶ月間、関東甲信越の1都8県で試行されていて、

来年度は全国で本格運用が始まります。

 

 

『熱中症警戒アラート』が実施される、東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨・長野

の関東甲信越地方のどこかの地点で暑さ指数が33℃以上になると予想された場合に都県単位で、

前日の17時ごろか、当日の5時ごろに「アラート」が発表される。

 

 

暑さ指数とは暑さの厳しさを示す指標で、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで

開発されました。

単位は気温と同じで℃で示されますが、気温だけでなく、湿度・日射・輻射(建物や地面からの

照り返し)などの熱も取り入れた数値になっており、湿度7:輻射熱2:気温1の割合で算出。

 

暑さ指数の算出法

(屋外の場合)

=0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度

 

(屋内の場合)

=0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

 

湿度の効果 7 :輻射熱の効果 2 :気温の効果 1

 

暑さ指数は、音素や湿度、日差しの強さなど、人体と外気の熱のやりとりに着目した値です。

暑さ指数の算出法からもわかるように熱中症対策には気温だけではなく、汗の蒸発具合に

影響する湿度、輻射熱が重要です。

 

暑さ指数33℃になるのは、気温36℃で湿度60%、気温34℃で湿度70%、

気温32℃で湿度85%という具合に、湿度が高いと気温が低くても暑さ指数が33℃に

達てしまいます。

 

 

熱中症警戒アラートが発表されたらどうする?

【熱中症のリスクが高い人に声を掛ける】

  • 熱中症になりやすいのは高齢者、子供、障害者の方々。十分に注意をしましょう。
  • 3密(密集・密接・密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的に声をかける。

 

【外での運動や活動を中止・延期する】

  • 不要・不急の外出はできるだけ避ける
  • エアコン等が設置されていない屋内外での運動や活動等は、原則、中止や延期をする

 

【「熱中症予防行動」を普段以上に実践する】

  • 環境省、厚生労働省が示している「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを心がける
「新しい生活様式」・熱中症予防行動のポイント

①暑さを避けましょう

②適宜マスクを外しましょう

③こまめに水分補給しましょう

④日頃から健康管理をしましょう

⑤暑さに備えた体力づくりをしましょう

 

 

2020年暑さのピークはいつ?

全国的に連日続いている「高温注意情報」や「熱中症警戒アラート」。

 

この暑さはいつまで続くのでしょうか?

 

お盆の始まる前から“危険な暑さ”に警戒が必要と言われていました。

 

今年から試行されている『熱中症警戒アラート』は

11日現在で千葉県で4日連続、東京都・神奈川県・茨城県・では2日連続、埼玉県・栃木県・群馬県

・山梨県では初めて発表がされました。

 

気温の上昇に伴い、熱中症予防のめやすとなる暑さ指数も上昇し、関東平野はほぼ全域で「危険」

の基準に達する見込み。

 

首都圏では三連休明けの11日(火)がこの夏の暑さのピークとなる可能性が高くなっています。

 

また、関東地方以外でも全国的に高温で危険な暑さに注意が必要です。

 

日本列島の北から南まで、ほとんどの所で30℃をこれる暑さになり、35℃以上の猛暑日が

続出する。

10日同様40℃に迫る所もある見込みで北海道から沖縄まで全国的に、「高温注意情報」や

「熱中症警戒アラート」が発表されている。

 

 

暑さのピークは今日11日となりそうです。

 

 

まとめ

 

暑さのピークは11日となりそうですが、今後も35℃を超える日があり、熱中症の注意が必要!

 

11日には全国的に晴れるところが多いが、北海道や四国九州では大気の状態が不安定になり

局所的に大雨にも警戒が必要になります。

 

 

「新しい生活様式」・熱中症予防行動のポイント

①暑さを避けましょう

②適宜マスクを外しましょう

③こまめに水分補給しましょう

④日頃から健康管理をしましょう

⑤暑さに備えた体力づくりをしましょう

 

今後も新しい生活様式と熱中症予防に気をつけて過ごすことが重要になりそうです。