人物

澤田純(NTT社長)の高校・大学など経歴まとめ!年収4000万超の超エリート!

総務省接待問題で、国会召集されることになるNTT社長の澤田純社長ですが、高校や大学、経歴がすごいんです。

また年収についても気になり、調べてみたところ4000万円超えではないかと思われます。

 

今回は『澤田純(NTT社長)の高校・大学など経歴まとめ!年収4000万超の超エリート!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 澤田純(NTT社長)の高校は桂高校!
  • 澤田純(NTT社長)の大学は京都大学で偏差値73!
  • 澤田純(NTT社長)の経歴がスゴイ!
  • 澤田純(NTT社長)の年収は4000万円!
  • 澤田純(NTT社長)の接待では1人10万円超え?

 

澤田純(NTT社長)の高校は桂高校!

澤田純社長の出身高校は京都府立桂高校です。

〒615-8102 京都府京都市西京区川島松ノ木本町27

京都府立桂高校では、普通科と農業専門学科が併置されていますが、澤田純社長は京都大学工学部に進学していることから、普通科で学んだのではないかと予想します。

偏差値は44〜55となっていて、全国でみると2362位/10,022件ということです。

 

京都府立桂高校出身の有名人は…

  • 為則英司 – オセロ選手(世界選手権優勝7回)
  • 飯島希望 – 陸上選手(佛教大学卒、現在は積水化学)
  • 森唯我 – 陸上選手(佛教大学卒、元ヤマダ電機、元佛教大学陸上競技部コーチ)
  • 竹上千咲 – 陸上選手(佛教大学卒、現在はダイハツ工業)
  • 木村寿伸 – KBS京都アナウンサー
  • 細川恒 – 通商産業省通産審議官
  • 友野宏 – 新日鐵住金社長
  • 須田稔 – 立命館大学名誉教授
  • 小杉竜一 – お笑い芸人(ブラックマヨネーズ)
  • 菅浩江 – SF作家
  • 綾辻行人 – 小説家
  • 金星根 – 韓国プロ野球コーチ・監督(OB・ヘテ・サンバンウル・LG・SK・高陽・ハンファ)、日本プロ野球コーチ(ロッテ)
  • 和田功 – 元プロ野球選手(毎日・大毎・大阪)
  • 渡邉将基 – サッカー選手(横浜FC所属)
  • 櫛田一斗 – サッカー選手(いわてグルージャ盛岡所属)
  • 二階健 – 映像作家
  • 小田豊 – 前京都府長岡京市長
  • 安田守 – 京都府向日市長
  • 松本恒雄 – 一橋大学名誉教授、内閣府消費者委員会初代委員長、国民生活センター理事長
  • 堀江貞之 – 年金積立金管理運用独立行政法人運用委員長代理

 

澤田純(NTT社長)の大学は京都大学で偏差値73!

澤田純社長の出身大学は京都大学工学部です。

〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町

偏差値は72で、東京大学についで2番目の偏差値となる超エリート校です。

大学の略称は京大。

東京大学に次ぐ高い偏差値を誇る京都大学。

京大の全学部の平均偏差値は72.3、全国の大学別偏差値ランキングで東大に次ぐ2位の数字です。

(※東大の全学部の平均偏差値は75)

京大で最も偏差値が低い学部である医学部(人間健康科学科) でも69と、私立大学上位クラスに匹敵する高い偏差値を誇ります。

京都大学は、東大と双璧をなす日本トップクラスの難関大学です。

 

  • 京都大学の全学部平均偏差値:72.3
  • 東京大学の全学部平均偏差値:75

大学時代にはアメリカンフットボール部に所属していたようですが、体力や能力の限界を感じて1年で辞めてしまったようです。

しかし、アメフトから得たことが大きかったと語っています。

1年で辞めたとはいえ、アメフトから得たことも大きい。コーチの指示の意味がわからないまま違うコースを走ってプレイをつぶし、しばらく試合に使ってもらえなかった経験があり、「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」だと肝に銘じるようになりました。アメフトを通じた人の輪も広がっています。在籍したメンバーには企業のトップを務めている人が何人もおり、土木の同期にもアメフト仲間が数人いて今も数カ月ごとに集まっています。
土木、アメフトとは別に、教養部のフランス語で一緒だった工学部のあらゆる学科を網羅したメンバーとのつながりも続いています。幅広い業界の人たちとの関係もまた、かけがえのないものです。

引用:https://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/donor/interview/013.html

 

また、大学生活がビジネスにおいても基礎の部分を養うことができたとも語っていました。

自由の学風の中に身を置けたことは、何にも代えがたい経験でした。自由とはすべて自己責任ということ。自ら考え、学び、行動しなければ何も起こりません。しかも多様な人たちと接する中では、いろいろな考え方を受容し、ある面では協調しある面では自らリードすることも必要です。これはビジネスにおいても必要な素質やスキルであり、大学時代に基礎となる部分を養っていたのだと思います。

引用:https://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/donor/interview/013.html

 

大学で、学んだことが今の社長へと繋がるための第1歩となったのかしれませんね。

 

京都大学出身の有名人は…

宇治原史規(お笑い芸人 ロザン)

永井一郎(声優)

澗隨操司(元アナウンサー)

岩本計介(アナウンサー)

久保弘毅(元アナウンサー)

近藤等則(トランペッター)

桂福丸(落語家)

山西惇(俳優)

山田朋生(アナウンサー)

鹿島綾乃(アナウンサー)

小寺康雄(アナウンサー)

小野田リカ(アナウンサー)

松尾依里佳(ヴァイオリニスト)

松本和也(元アナウンサー)

上田慶行(元アナウンサー)

新実彰平(アナウンサー)

真下貴(アナウンサー)

西堀裕美(アナウンサー)

青山愛(アナウンサー)

川下大洋(俳優・構成作家)

前山田健一(作詞家・作曲家)

大島渚(映画監督)

辰巳琢郎(タレント)

中浜葉月(元アナウンサー)

長瀬弘樹(作詞家・作曲家)

田村泰崇(アナウンサー)

八木麻紗子(アナウンサー)

福元英恵(アナウンサー)

平智之(タレント)

北野剛寛(アナウンサー)

堀正旗(劇作家・演出家)

野村正育(アナウンサー)

國友真由美(アナウンサー)

井田勝也(アナウンサー)

大成安代(アナウンサー)

酒井千佳(アナウンサー)

田中美都子(アナウンサー)

池田耕一郎(アナウンサー)

笑福亭たま(落語家)

神前暁(作曲家)

杉山茂樹(映画プロデューサー)

前田智宏(アナウンサー)

今道琢也(元アナウンサー)

あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES ベース、コーラス)

井田茂(宇宙物理学者)

高田ふーみん(YouTuber)

横川理彦(アーティスト)

稲嶺羊輔(アナウンサー)

片岡嶋之亟(歌舞伎役者)

 

澤田純(NTT社長)の経歴がスゴイ!

澤田純社長の経歴がすごいのでまとめてみました。

1975年3月- 京都府立桂高等学校卒業

1978年3月 – 京都大学工学部土木工学科卒業

1978年4月 – 日本電信電話公社入社

1985年4月 – 日本電信電話株式会社設立 入社

1998年2月 – NTTアメリカ・インク バイスプレジデント

2000年5月 – エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 経営企画部担当部長

2002年6月 – 同社 コンシューマ&オフィス事業部 企画部部長 兼 経営企画部担当部長

2002年8月 – 同社 コンシューマ&オフィス事業部 企画部部長 兼 IPサービス部部長

2003年8月 – 同社 IPインテグレーション事業部 関西支店支店長 兼 経営企画部新関西支店準備室室長

2003年10月 – 同社 関西支店支店長

2004年9月 – 同社 関西営業本部本部長

2006年6月 – 同社 経営企画部部長

2008年6月 – 同社 取締役 経営企画部部長

2011年月 – 同社 常務取締役 経営企画部部長

2012年6月 – 同社 代表取締役副社長 グローバル、コーポレート担当兼経営企画部部長

2013年6月 – 同社 代表取締役副社長 グローバル、コーポレート担当

2014年4月 – 同社 代表取締役副社長 グローバル、コーポレート、オペレーション担当

2014年6月 – 日本電信電話株式会社 代表取締役副社長兼CFO兼CCO兼CIO 事業戦略、リスクマネジメント担当

2016年6月 – NTTセキュリティ株式会社設立 代表取締役社長 兼 CEO

2018年6月 – 日本電信電話株式会社 代表取締役社長兼CEO(現任)

2018年6月 – 内閣府 中央防災会議委員(現任)

2018年8月 – NTT株式会社設立 代表取締役社長兼CEO(現任)

2019年6月 – 一般社団法人電気通信事業者協会会長(現任)

2019年10月 – 健康長寿産業連合会会長(現任)

以上を見るだけで、経歴の凄さがわかります。

 

1978年に23歳で日本電信電話公社に入社していますが、1985年に民営化に伴い日本電信電話に入社することになります。

1998年にNTTアメリカ バイスプレジデントに就任。

 

2000年よりエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズに出向し、経営企画部担当部長、関西支店支店長、経営企画部部長などを経て2008年に取締役に就任しています。

2012年に代表取締役副社長に就任後2年で、日本電信電話に戻り代表取締役副社長に就任。

 

2016年にNTTセキュリティを設立し、代表取締役社長兼CEOに、2018年には日本電信電話代表取締役社長兼CEOに就任しています。

また、2019年には『IOWN構想―インターネットの先へ』という書籍も出版しています。

 

澤田純(NTT社長)の年収は4000万円!

澤田純社長の年収について調べてみましたが、年収についての情報は公表されていませんでした。

ですが、取締役の年収についてわかりましたので、参考にしていこうと思います。

【2019年度・取締役の報酬】

支給人数 報酬等の額
15名 5億9700万円

 

取締役15名で5億9700万円ということなので、1人あたりは、3980万円となります。

およそ4000万円!

 

4000万円は取締役の年収となるので、社長となればそれ以上の年収になることが予想できますので、4500万円〜5000万円程度となるのではないでしょうか。

 

澤田純(NTT社長)の接待では1人10万円超え?

今回、話題になっている接待では、1人10万円を超える金額だったと言われています。

9月4日はNTT社長を退任したばかりの鵜浦博夫相談役ら3人で会食し、総額30万2千円と一人10万円を超える接待を受けた。

引用:週刊文春デジタル

 

1人10万円の接待内容とはどんなものだったのでしょうか。

1人2万円のフルコース

4万円前後のシャンパン・白ワインを2〜3本

13万5000円の赤ワイン

以上を合わせると3人で30万二千円となり、1人10万円以上の金額になっているようです。

また、NTTによる接待は他にも2回あり、その内容も報道されています。

乾杯は一本三万八千円のドン・ペリニヨン。卓上には、フランス国王ルイ・フィリップから王室御用達の認定を受けた芸術品「クリストフル」の銀食器が並ぶ。その日、四人が舌鼓を打ったのは一人二万四千円の「スペシャルコース」。キャビアや黒アワビを用いた前菜が盛り付けられたのは、フランスが誇る最上級の磁器ブランド、ジャン・ルイ・コケだ。魚料理の皿には福岡県志賀島の雲丹や琵琶湖の天然稚鮎。あわせた白ワインは、一本三万六千円のコルトン・シャルルマーニュだった。メインの肉料理は短角牛フィレ肉のポワレ。ここで一本十二万円のシャトー・マルゴーが抜かれると、誰からともなく歓喜の溜息が漏れた。リーデルのワイングラスで“ボルドーの宝石”を満喫し、四時間に及ぶフルコースを楽しんだ山田氏の隣に腰かけていたのは、巻口英司氏。山田氏の二年後輩として郵政省に入った総務省国際戦略局長である。

岩本氏が使ったのも最高級の個室、ピオニーでした。一人一万六千円の『ヘルシーコース』で、食前酒はデュボネ。トマトのジュレや真鯛のカルパッチョなど低カロリーを意識した料理が次々と供され、メインディッシュは栃木県産の和牛で、華を添えたのは一本三万四千円の赤ワイン、キスラーのピノ・ノワールでした。日本酒『酔鯨』の最高級大吟醸『DAITO』もふるまわれた。こちらは一本四万八千円です」
飲食代の合計(割引前)は約十九万三千円。谷脇氏と金杉氏は、それぞれ「会費」と称して五千円ずつを手渡し、「上」様で領収書を受け取った

引用:週刊文春デジタル

 

以上の内容もまとめてみます。

【1回目】1人あたり8万2500円

1人2万4000円のスぺシャルコース

(キャビアや黒アワビを用いた前菜、福岡県志賀島の雲丹や琵琶湖の天然稚鮎、短角牛フィレ肉のポワレなど)

3万8000円のドンペリ

3万6000円のコルトン・シャルルマーニュ

12万円のシャトー・マルゴー

 

【2回目】1人あたり6万4000円

1人1万6000円のヘルシーコース

(食前酒のデュボネ、トマトのジュレ、真鯛のカルパッチョ、栃木県産の和牛など)

3万4000円の赤ワイン・ピノ・ノワール

4万8000円の最高級大吟醸『DAITO』

というような接待の内容となっています。

以上の3回の接待で、合計総額は58万円超えになっているようです。

 

澤田純社長はこの接待について、国会召集されることになっているようです。

まとめ

今回は『澤田純(NTT社長)の高校・大学など経歴まとめ!年収4000万超の超エリート!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただければと思います。

 

澤田純社長の高校は桂高校で、大学は京都大学工学部で偏差値73の超エリートでした。

澤田純社長の経歴についてまとめてみましたが、現在の社長になるまでにもたくさんの役職を経験されており、2018年からNTT取締役社長に就任していますが、他にもCEOや会長なども兼任されています。

 

また、澤田純社長の年収は4500〜5000万円ではないかと予想します。

そして、今回の話題となっている接待では1人10万円を超えるものもあったようで、3回の合計が58万円超えのようです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。