人物

小野日子(外務副報道官)の経歴がスゴイ!安倍昭恵の女子会に参加していた!

山田真貴子前内閣広報官の後任に、小野日子(おの ひかるこ)さんが就任することがわかりました。

今回は『小野日子(外務副報道官)の経歴がスゴイ!安倍昭恵の女子会に参加していた!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 小野日子(外務副報道官)の経歴がスゴイ!
  • 小野日子は安倍昭恵の女子会に参加していた!
  • SNSでの世間の反応

 

小野日子外務副報道官の経歴がスゴイ!

小野日子さんは、現在、外務省の外務副報道官を務めている人物です。

これまでの経歴について求めてみました。

1988年 外務省入省(外交公務員1種採用)

1989年 外交官補として、イギリス・オックスフォード大学で研修

1991年 オックスフォード大学PPE(哲学・政治学・経済学)を終了

1991年 外務本省勤務(地球環境問題・アジア地域への経済協力・メコン開発・WTO交渉等担当)

2020年 アメリカ転勤にて、在アメリカ合衆国アメリカ日本国大使館・好評文化担当一等書記官と担当

2003年 第1子をアメリカにて出産。育児休業を取得(アメリカにて半年・日本にて半年)

2007年 総合外交政策局政策企画室長(外交政策の企画立案・大臣の政策演説等を担当)

2009年 国際協力局国別開発協力第二課長(南アジア・中央アジア・中南米の経済協力に取り組む)

2011年 大臣官房広報文化交流部総合計画課長(広報文化交流の企画立案を担当)

2012年 内閣副広報官・官邸国際広報室長(官邸に出向し、戦略的な対外発信に取り組む)

2014年 (独)国際交流基金総務部長(国際交流基金に出向、日本語教育や文化交流の環境整備に取り組む)

2016年 (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会スポークス・パーソン(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に出向、スポークス・パーソンとして東京2020大会の魅力を国内外にアピール)

2017年 東南アジア諸国連合日本政府代表部次席公使(子供を帯同してジャカルタに赴任、ASEAN外交に取り組む )

2020年 外務省外務報道官・広報文化組織外務副報道官兼審議官(報道・広報・文化交流担当)とアジア大洋州局審議官を兼任

 

外交官として活躍しており、2016年には東京オリンピック・パラリンピックのスポークスパーソンに起用されて広報活動にあたっていたました。

小野日子さんが後任として起用された理由の一つには、山田真貴子さんが女性として初の内閣広報官として注目を集めていたことから、今回の後任にも女性官僚を検討していたようです。

また、外交官として政府広報や五輪に関わった経験があることも起用の理由とみられています。

 

小野日子さんのプロフィール

名前:小野日子(おの ひかりこ)

生年月日:1965年生まれ

年齢:55歳(2021年時)

出身地:東京都

出身大学:1988年 一橋大学社会学部卒業

 

小野日子は安倍昭恵の女子会に参加していた!

山田真貴子さんのときにも話題になった、安倍昭恵さん主催の女子会に参加されていました。

写真では、安倍昭恵さんの右隣(写真向かって左)に座って、微笑んでいるのが小野日子さんです。

 

この事実に世間はどのように反応するのでしょうか。

SNSでの世間の反応

小野日子さんが後任に就任することに対しての世間の反応を見ていきます。

まとめ

今回は『小野日子(外務副報道官)の経歴がスゴイ!安倍昭恵の女子会に参加していた!』と題してまとめてみましたがいかがでした。

参考にしていただければと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。