ニュース・トレンド

大坂なおみの会見拒否の理由はうつ病!いつから発症で鬱は言い訳?

大坂なおみさんが全仏オープン開催中の2021年6月1日に『うつ病』のため棄権することを発表し、話題となっています。

大坂なおみさんは現在世界ランク2位の実力の持ち主で、色々な発言などが注目されることが多かったのですが、棄権を発表する前にも記者会見を拒否すると表明していました。

 

そんな中での『うつ病』の発表で、SNSでは記者会見拒否をする言い訳ではないか?などの声も聞こえています。

今回は『大坂なおみの会見拒否の理由はうつ病!いつから発症で鬱は言い訳?』と題してまとめてみましたが、参考にしていただければと思います。

 

  • 大坂なおみの会見拒否の理由はうつ病!
  • 大坂なおみのうつ病はいつから発症?
  • 大坂なおみの『鬱』は言い訳?

 

大坂なおみの会見拒否の理由はうつ病!

大坂なおみさんが記者会見拒否を表明したことが話題になっていましたが、その後にうつ病であることが公表され、記者会見拒否の理由はうつ病だったからなのでしょうか?

大坂なおみさんは記者会見拒否を表明した理由にうつ病が関係していたと思われます。

 

大坂なおみさんは、大会の前にTwitterでこのような投稿をされています。

大坂は大会前に、自身のSNSに投稿した声明で、

「人々がアスリートのメンタルヘルスについてあまり考えていないと感じていた」として、「特に負けた選手をあのような場で問い詰めるのは、落ち込んでいる人を蹴落とすようなもの」と、試合後の会見が選手の精神状態に悪影響を及ぼす可能性を指摘していた。

と、試合後の会見が選手の精神状態に悪影響を及ぼす可能性を指摘していた。

他にも声明を出されています。

大坂選手は声明で、「組織側が『記者会見に出よ、さもなければ罰金を払え』と言い続け、組織にとって中心的な存在である選手たちの心の健康を無視し続けられると思っているなら、笑うしかない」とした。

以上のような声明から、大坂なおみさん自信の精神状態が不安定だったとも考えられます。

 

また、記者会見拒否を表明後に4大大会の主催者が合同で「大会からの失格」「4大大会の出場停止」という警告を発表したことに対して、反論とみられる内容をSNSに投稿していたようです。

会見拒否の処分が発表されてから約5時間後、大坂が自身のツイッターに挑発的な内容を投稿。反論のメッセージとみられる言葉をつづった。

「怒りは理解の欠如。変化は人々を不快にさせる」

さらにインスタグラムには、21歳で死去した人気ラッパー、ジュース・ワールドのアルバムのジャケット写真を掲載した。タイトルの意味は「さようなら。これでせいせいする」だ。

引用:Yahoo!ニュース

 

これはとても攻撃的なコメントにも感じますが、うつ病には気分が落ち込むだけではなく、躁うつ病といって気分が高まったり、落ち込んだりを繰り返すこともある病気なので、やはりうつ病の症状が深刻だったようにも感じます。

また、過去にも大坂なおみ選手がコートにラケットを叩きつけ破損させたこともありました。

 

躁状態では、気分が高ぶって誰かれかまわず話しかけたり、まったく眠らずに動き回ったりと、活動的になります。ギャンブルに全財産をつぎ込んだり、高額のローンを組んで買い物をしたり、上司と大ゲンカして辞表を叩きつけたりするような社会的信用や財産、職を失ったりする激しい状態になることもあります

引用:https://www.smilenavigator.jp/soukyoku/about/

うつ病とは…

うつ病は、気分が強く落ち込み憂うつになる、やる気が出ないなどの精神的な症状のほか、眠れない、疲れやすい、体がだるいといった身体的な症状が現れることのある病気

「うつ病性障害」と「双極性障害(躁うつ病)」の症状があります。

「うつ病性障害」…気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、眠れなくなったりといった症状

「双極性障害(躁うつ病)」…気分が高まったり落ち込んだり、躁状態とうつ状態を繰り返す

 

また、全仏オープン1回戦で勝利をおさめているにもかかわらず、大会途中での棄権という事もあり、精神状態がかなり不安定になっていたのではないでしょうか。

 

大坂なおみのうつ病はいつから発症?

大坂なおみさんが『うつ病」であると公表したのは、2021年6月1日ですがいつから発症していたのでしょうか?

大坂なおみさんがうつ病を発症したのは、2018年全米オープン以降だということです。

女子テニスで、世界2位の大坂なおみ(23=日清食品)が開催されている全仏オープン2回戦を前に棄権と、18年全米以降、うつ病だったことを明らかにした

引用:日刊スポーツ

 

2018年だということですが、すでに発症してから3年が経過しているということになります。

大坂なおみさんは、現在テニス世界ランク2位ということやテニスでの活躍ぶり、時には発言などが注目を集めることがありました。

 

今回の記者会見拒否を表明した際にも、記者会見が選手の精神状態に悪影響を及ぼすといっていることからも大坂なおみさん自身の精神状態がかなり落ち込んでいたんではないでしょうか。

うつ病を公表したことで、SNSでは大坂なおみさんに対して『鬱』は言い訳ではないかという声も上がっているようです。

 

大坂なおみの『鬱』は言い訳?

大坂なおみさんが、記者会見の拒否を表明したことで大きな話題になっていましたが、その後に『うつ病』であることを発表したことで、言い訳ではないかとの声も上がっています。

以上のような批判的な意見もありましたが、他にも色々な声がありました。

このように、今回の大坂なおみさんの『記者会見拒否』やその後の『うつ病公表』について色々な意見があるようでした。

ここまで注目おを集めているのは、テニス世界ランク2位ということや大坂なおみさんという人物の影響力が大きいことが分かります。

 

まとめ

今回は『大坂なおみの会見拒否の理由はうつ病!いつから発症で鬱は言い訳?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただければと思います。

 

大坂なおみさんの1日も早い回復と復帰をお祈りいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。