イベント

ペルセウス流星群の方角や時間は?極大(ピーク)や観測場所・天気予報も

2021年8月13日にはペルセウス座流星群が極大を迎えますが、ペルセウス座流星群は今年お盆の時期に活発になる流星群で、1・2を争う流星数を誇る「三大流星群」の1つです。

また2021年は8年に1度の好条件で観測ができるので、ぜひ観測しておきたいですね。

 

ペルセウス流星群は、夜空の暗い場所では1時間あたりに50個程度の流れ星を見ることができ、空全体に現れる流星を観測することができそうです。

そんな2021年のペルセウス流星群をバッチリ観測するためには、方角や時間、極大、おすすめの観測場所などを知って、しっかり準備をしておきましょう。

 

また、一番気になるのはペルセウス流星群の観測当日の天気ですね。

いくら条件が良くても天気が良くなくては、夜空を覗くこともできません。

 

今回は『ペルセウス流星群の方角や時間は?極大(ピーク)や観測場所・天気予報も』と題してまとめてみましたので、参考にしていただけたらうれしいです。

  • ペルセウス流星群の方角や時間は?
  • ペルセウス流星群の極大(ピーク)はいつ?
  • ペルセウス流星群のおすすめ観測場所やポイント
  • ペルセウス流星群観測日の天気予報

 

ペルセウス流星群の方角や時間は?

まずはペルセウス流星群が観測できる日程や時間、方角についてみていきましょう。

【ペルセウス流星群の観測日程と時間・方角】

日程:8月11日~13日

時間:20時頃~夜明けまで

方角:天空全体的に

(見えにくい場合は、北東の空を中心に広く空を見てみてください。)

ペルセウス流星群を観測できるのは、例年の出現時期は7月17日~8月24日頃で、流星数が増えるのは8月中旬頃になってからです。

2021年は8月11日20時頃~13日の夜明けまでの3夜に流星の数が増えると予想されています。

 

また、ペルセウス座流星群の見える方角は天空全体的にまんべんなく流れるのが特徴です。

見つけにくい場合は、放射点がある北東の空を中心に広く空を見ると良いでしょう。

月が出ている場合には、明るい方向は避けて月と反対側の方角を観測すると流星が見やすくなりそうです。

 

またペルセウス流星群を観測するためにはいくつかの条件が必要で、2021年は8年に一度の好条件が揃っている絶好の観測チャンスとなっています。

観測の条件としては、観測時間に月が空に昇っていると、月明かりで見られる星の数が減ってしまいますので、なるべく月明かりが無い方が多くの流星を観測することができます。

 

2021年は8月8日が新月であることや月が早い時間帯に沈むなど、月明かりの影響がほとんどないので、観測に好条件ということです。

また、3大流星群とも言われるペルセウス流星群は、流星数の多さも特徴ですので、2021年はたくさんの流星を観測することができそうです。

ペルセウス流星群の放射点はどこ?

流星群を構成する流星のもとは、軌道に沿った運動をしているので天空では1点から放射状に流れるように見えます。

この点を放射点と言いますが、北東の空の高い位置にペルセウス座流星群の放射点があります。

(画像提供:88星座図鑑)引用:じゃらんニュース

 

流星は、放射点を中心に四方八方へ放射状に飛び出すように流れて見えますが、放射点の近くでは短く、離れるほど長くなって見えます。

流星を見る場合は、放射点の方向を見るのではなく、空全体に目を向ける事を意識しましょう。

 

ペルセウス流星群の極大(ピーク)はいつ?

また、極大と言われる期間中で最も流星が多く見られる時間帯(ピーク)についても知っておきたいですね。

ペルセウス座流星群の極大(ピーク)8月13日 午前2時〜午前4時ごろ

最も多くの流れ星を見ることができるのは13日の夜明け前の午前2時〜午前4時ごろとなります。

ただし、夜明けの直前で観測時間が限られるため、遅くても午前3時頃〜の観測がおすすめです。

 

どれくらいの星を観測できるかというと、空の暗い所では1時間に50個〜70個以上の流れ星を見ることができるかもしれません。

流星痕が残る流星も多く出現するので、流星の中でもひときわ明るい火球が見られる可能性もありそうです。

 

実際に2021年1月20日に、火球が現れています。

これほどの明るさの流れ星なら見逃すことなく、しっかりと観測できそうですね。

火球が現れるかにも注目しながら、ペルセウス流星群を観測してみてくださいね!

 

また8月10日には、すでに火球が目撃されています。

 

ペルセウス流星群のおすすめの観測場所やポイント

ペルセウス流星群を観測するのにおすすめの場所やポイントも紹介していきます。

【観測におすすめの場所とポイント】

場所:できるだけ空が大きく見渡せる場所

(山の頂上付近・海岸・周囲に何もない屋上・天文台・ビルの高層階・河川敷や高台の野原など)

ポイント:空全体に広く目を向けるようにする

ペルセウス座流星群は空の広い範囲に出現するので、できるだけ空が大きく見渡せる開放的な場所がおすすめの観測場所となります。

山の頂上付近や海岸、屋上やビルの高層階、河川敷や高台の野原など、周囲が360°開けた天体観測スポットが流星観測には最適です。

 

また、天文台など観測に適している施設などに行くのもおすすめです。

月明かりでも星の観測がしずらくなってしまうので、街灯など人工の明かりができるだけ少ない場所を選ぶのもポイントです。

 

流星を見るためのポイントは、放射点の方向を見るのではなく、空全体に目を向ける事を意識しましょう。

できればレジャーシートや寝袋を用意し、寝そべりながら、ゆっくり、ぼんやりと空を眺めてみるのもいいですね。

空を広く見ていると、より多くの流星を捉えられることができるので、一点に集中するのではなく、できるだけ広い視点で観測するようにしましょう。

 

流星群は肉眼で観察することが可能なので、望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具は必要ありません。

また、目が暗さに慣れるまで最低でも15分間は観察を続けましょう。

 

ペルセウス流星群観測日の天気予報

ペルセウス流星群が観測できる8月11日〜13日の天気予報も気になります。

11は、比較的晴れの地域が多いようですが、12日と極大を迎える13日は曇りや雨の予報が多いです。

画像引用:ウェザーニュース

 

11日は、全国的に晴れのところが多いようなので、2021年のペルセウス流星群の観測は11日が一番よく見ることができそうです。

12、13日には、今のところ天気が良くないので、観測は難しいかもしれないですね。

 

以上が、ペルセウス流星群の観測日の各地の天気予報ですが、あくまでも『予報』なので当日天気が変わる可能性もあります。

観測日には、雲や雨がなく、月明かりの少ない空になってくれることを祈りたいですね。

まとめ

今回は『ペルセウス流星群の方角や時間は?極大やおすすめの観測場所・天気予報も』と題してまとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただけたらうれしいです。

【ペルセウス流星群の観測について】

日程:8月11日~13日

時間:20時頃~夜明けまで

方角:天空全体的に

(見えにくい場合は、北東の空を中心に広く空を見てみてください。)

ペルセウス座流星群の極大8月13日 午前2時〜午前4時ごろ

(ただし観測は2時〜3時ごろに始めるのがおすすめ)

おすすめの観測場所:できるだけ空が大きく見渡せる場所

(山の頂上付近・海岸・周囲に何もない屋上・天文台・ビルの高層階・河川敷や高台の野原など)

観測ポイント:空全体に広く目を向けるようにする

観測日には、お天気や月などの観測条件が揃ってくれることを祈りたいですね。

8年に一度の好条件での観測チャンスを見逃さないようにしてくださいね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。