テレビ

日プ2トレーナーが最高!プロフィールや経歴・実力が凄くてアツい!

日プ2のトレーナー陣の発表は、オーディションの配信スタート2ヶ月前ほどにありましたが、トレーナー陣が豪華なメンバーということで注目を集めていました。

これだけ豪華なアーティストが集うのには何か理由があるのでしょうか?

 

日プ2の配信が始まり、練習生もクラス分けやバトルで歌やダンスを披露する機会が増えてきました。

日プ2の配信が回を追うごとに、トレーナー陣の熱のこもった指導や練習生の成長を見守る姿勢にアツい!という声が上がっています。

 

今回の日プ2のトレーナー陣は、前回に引きつつき参加されている菅井秀徳さんをはじめ、青山テルマさん、KEN THE 390さん、KENZOさん(DA PUMP)、仲宗根莉乃さんの5人です。

実力のあるトレーナー陣について、経歴やプロフィールを紹介していきます。

 

今回は『日プ2トレーナーが最高!経歴やプロフィール・実力が凄くてアツい!』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • トレーナー陣が超豪華!その理由は?
  • トレーナー陣のプロフィール・経歴まとめ
  • 最注目のトレーナーは仲宗根莉乃!
  • 日プ2トレーナーが最高でアツい!

 

トレーナー陣が超豪華!その理由は?

日プ2の超豪華トレーナー陣の5人はこちらの方々です。

・菅井秀徳 (ヴォーカル)

・青山テルマ (ヴォーカル)

・KEN THE 390 (ラップ)

・KENZO (ダンス)

・仲宗根莉乃 (ダンス)

日プ2のトレーナー陣が発表された時には、その豪華すぎるアーティスト陣に注目が集まっていましたが、どうしてこんなにも豪華なメンバーが集まったのでしょうか?

日プ2のトレーナー陣が豪華なのには、3つの理由が考えられます。

  • 注目度を上げるため
  • 日プが大成功をおさめたから
  • 韓国デビューを狙っている?

 

注目度を上げるため

前回の日プシーズン1も人気を集め注目されていましたが、最近はオーディション番組がとても注目されており、同時期に他のオーディション番組も開催・配信されています。

その中でも、もっと注目度を上げるためにトレーナー陣を豪華にしたのではないかと思われます。

 

また、TBS系列で日プ2の最終回の放送が決まっていたり、練習生に密着した番組なども放送されることから、地上波に進出を狙っているのではないかという声も聞こえてきます。

注目度が上がれば、人の目に付きやすく、見やすい地上波放送へ進出する可能性も考えられると思うので、そのためにもトレーナー陣を豪華にしたと考えられています。

日プが大成功をおさめたから

前回の日プシーズン1からデビューしたJO1が人気となり、オーディション番組自体も成功をおさめたことになります。

JO1が売れているおかげで、今回の日プ2の製作費の予算が上がったのではないかというのが2つ目の理由として考えられます。

 

やはり、これだけ豪華なトレーナー陣を集めるためにはそれなりに金銭面にも影響はあるはずだと思われますので、製作費の予算アップがあったように思います。

韓国デビューを狙っている?

3つ目の理由としては、日プ2でデビューを勝ち取った11名が韓国デビューするのではないかというものです。

現在JO1が所属している事務所のLAPONEエンタテインメントは、吉本興業と韓国のエンタテインメント企業CJ ENMによる合弁会社です。

 

韓国デビューをするには環境が整っていると言えますが、グローバル男性アイドルグループと言われているJO1もまだ日本での活動のみとなっているため、韓国デビューに関しては可能性は低いかもしれません。

今回の日プ2のコンセプトのなかに「よりグローバルなボーイズグループに成長させるため、前回よりさらに洗練されたシステムを構築」とされていることから、海外でも通用するグループを育成するために豪華なトレーナー陣が集結したと考えた方がいいと思われます。

 

トレーナー陣のプロフィールと経歴まとめ

ここからは、5人のトレーナーのプロフィールと経歴を紹介していきます。

菅井秀徳のプロフィール・経歴

菅井秀憲

名前:菅井秀徳 (すがい ひでのり)

生年月日:7月6日(生まれた年は非公開)

出身地:京都

学歴:武蔵野音楽大学 音楽学部 声楽学科

職業:バリトン歌手・ヴォーカルディレクター・ヴォイストレーナー・ミュージカル歌唱指導・合唱指揮者

菅井秀徳さんは、日プシーズン1の時からトレーナーとして参加されていました。

生まれた年が非公開となっているので、年齢も公表されていません。

 

練習生との様子を見ているとかなり厳しい先生という感じで、練習生も緊張のあまり失敗してしまう場面もありました。

ですが、練習生たちのテストやバトルでのパフォーマンスを見ている表情には、厳しい中にも思いやりや優しさが感じられます。

 

小学校4年生の時に京都から仙台に引っ越しています。

仙台では、私立小学校・聖ウルスラ学院小学校に転入し、その後東北学院中学校・高等学校を卒業、武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科を卒しています。

 

日本やイタリア、ニューヨーク、ロサンゼルスで、オペラやゴスペル、ポップスの発声を師事していました。

また、新国立劇場、藤原歌劇団、帝国劇場、日本オペレッタ協会などのオペラ、ミュージカルにも出演しています。

 

多くのオーディションやアーティストのヴォイストレーナーを務めてきています。

  • ハロー!プロジェクトヴォーカルアドバイザー
  • モーニング娘。5期、6期、8期メンバーオーディションのヴォイストレーナー
  • Juice=JuiceやAKB48のヴォーカルアドバイス

以上以外にも多数の有名アーティストのヴィストレーニングやミュージカルの歌唱指導もされていました。

 

青山テルマのプロフィール・経歴

名前:青山テルマ (あおやま テルマ) 「青山テルマじゅり」

生年月日:1987年10月27日

年齢:33歳

身長:156cm

学歴:アメリカンスクール・イン・ジャパン・上智大学国際教養学部

職業:歌手・作詞家

レーベル:ユニバーサルJ

所属事務所:Infinity Music Publishing

青山テルマさんは、トリニダード・トバゴ人の父と日本人の母の間に生まれたクォーターです。(幼い頃に両親は離婚している)

小学校6年生までは奈良に住んでおり、往復4時間かけて大阪のインターナショナルスクールに通っていました。

 

音楽に興味を持ったのは3歳の時に、ジャネット・ジャクソン「リズム・ネイション」のミュージックビデオを見た時で、10歳で歌の楽しさに目覚め、ゴスペルを習いはじめます。

12歳の頃にアメリカ・ロサンゼルスに移住し、数年間を過ごしていましたが、2002年夏に一時帰国した際に、音楽関係者から声をかけられたことがきっかけで日本でのメジャーデビューを夢見るようになり、2002年冬に帰国しています。

帰国後は、調布のインターナショナルスクールに通い、その頃からボイストレーニングを開始し、卒業後には上智大学国際教養学部に入学し、5年半かけて卒業しています。

 

2007年にメジャーデビューを果たしていますが、デビュー前から童子-Tなどのs買う品に参加していました。

「ここにいるよ feat.青山テルマ」のヒットを機に、知名度が急上昇し、2008年1月23日にはSoulJaをフィーチャーした2ndシングル「そばにいるね」をリリースし、オリコン1位を獲得。

 

「そばにいるね」は「日本で最も売れた着うたフル楽曲」としてギネス世界記録を受賞しており、その年の年末には第59回NHK紅白歌合戦にも出場しています。

2016年ごろからは、サバサバしたキャラクターが受けてバラエティ番組などにも出演することが増えていきました。

 

KEN THE 390のプロフィール・経歴

KEN THE 390

名前:KEN THE 390(ケン ザ サンキューマル)

本名:佐久間 健 (さくま けん)

生年月日:1981年6月17日

年齢:39歳

学歴:桐蔭学園高校・早稲田大学社会科学部

職業:ヒップホップMC

レーベル:Da.Me.Records (2004年 – 2006年)

EXIT TUNES (2007年 – 2008年)

rhythm zone (2008年 – 2011年)

DREAM BOY (2012年 – )

所属事務所:ボリームボーイ

18歳の頃から音楽活動を始め、2004年には3人組ユニットりんごを結成し、メンバーはEI-ONE、はなびがいた。

大学卒業後はリクルートに入社し、仕事と同時に音楽活動も続けていたが、2007年7月にはリクルートを退社し、音楽に専念していきます。

 

2008年にメジャーデビューを果たし、2011年12月には自身のレーベル「ドリームボーイ」を設立しています。

これまでに、シングル6枚、アルバム10枚、ミニアルバム3枚などを発表しています。

 

プライベートでは、2019年にかえひろみさんとご結婚されており、2020年には第一子が誕生しています。

練習生へのアドバイスや語りかけ方なども全体的に優しい雰囲気で、見守っていることが多いように感じます。

 

KENZOのプロフィール・経歴

DA PAMP KENZO

名前:KENZO(ケンゾー)

本名:中村 朋揮 (なかむら ともき)

生年月日:1985年1月21日

年齢:36歳

血液型:O型

出身地:福岡県宮若市

学歴:東海大学理学部数学科

職業:ダンサー・振付師・演出家

背筋:250kg(2018年)

100m走:11秒7(2018年)

レーベル:avex tune( – 2010年)・SONIC GROOVE(2011年 – )

所属事務所:ライジングプロダクション

共同作業者:DA PUMP

2008年12月18日にDA PUMP新メンバーとして加入し、名前のKENZOはメガネブランドの『KENZO』が由来だそうです。

DA PUMPのメンバーの中では2番目に若く、最年少のDAICHIさんとともに年下BOYSと呼ばれ、担当カラーはベージュ、チェック柄で、ライブでヒューマンビートボックスを披露することもあるそうです。

 

また、アーティストのバックダンサーやダンススクールの総合監修、講師としても活躍されています。

ストリートダンス世界大会8年連続優勝という実力者で、2019年9月1日にフランスで行われたダンス世界大会でも優勝、世界大会・国際大会と合わせて13冠を達成しています。

 

これまでの受賞歴はダンスの世界大会でも優勝の文字が並んでいて、本当にすごいダンサーということがわかります。

また、振り付けを担当したアーティストは、DA PUMPをはじめ、安室奈美恵さんやTRF、SPEEDなど日本の有名アーティストを多数担当しています。

 

仲宗根莉乃のプロフィール・経歴

名前:仲宗根莉乃 (なかそね りの)

生年月日:1979年6月11日

年齢:41歳

出身地:沖縄県那覇市

学歴:沖縄県立那覇商業高等学校

職業:ダンサー・振付師・女優

所属事務所:Sony Music Artists (日本)・Go2Talents (USA)

共同作業者:SMタウン・SHINee・ビート・フリークス (英語版)、America’s Best Dance Crew、f(x)、少女時代

幼い頃からマイケル・ジャクソンとジャネットジャクソンが好きで、将来エンターテイナーになる事を夢にみて、小学5年の時にマイケル出演の映画『ムーンウォーカー』を見て進路を決意したそうです。

アメリカのエンターテインメント界を目指して19歳で渡米し、大学で学びながらダンスを修練していました。

 

2004年にジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格しましたが、ビザの有効期限が迫り困っていた所を、ジャネット・ジャクソンのおかげで新しいビザを手にすることができ、無事にダンサーを務められたそうです。

その後も、ジャネット・ジャクソンやグウェン・ステファニーのバックダンサーなどを務めています。

 

仲宗根莉乃さんは、多くのK-POPアーティストの振り付けを担当した事でも知られており、SHINeeや少女時代、BoA、東方神起などを担当しています。

また、近年はコンサートやライブツアーの演出を手掛けたり、女優としても映画出演も果たしています。

 

最注目のトレーナーは仲宗根莉乃!

日プ2のトレーナー陣5人の中でも1番の注目トレーナーは、仲宗根莉乃さんではないでしょうか。

仲宗根莉乃さんは、初回の配信でも、「一番いい働きをしている」とナインティナインの岡村隆史さんに言われていましたね。

日プ2のトレーナー陣の中でもかなり熱く、練習生に対しても情熱的に接しているシーンがよく見掛けられます。

 

これまでの経歴などからみても、K -POPアーティストの振り付けや海外での活躍など実力があり、注目度も抜群ではないでしょうか。

トレーナー陣の発表後には、SNSで仲宗根莉乃さんがいるの?すごい!という声が多くあり、中にはトレーナーに仲宗根莉乃さんがいるから日プ2を見るという人までいるようです。

 

それだけ、仲宗根莉乃さんが注目されているということがわかります。

日プ2トレーナーが最高でアツい!

まとめ

今回は『日プ2トレーナーが最高!経歴やプロフィール・実力が凄くてアツい!』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらうれしいです。

 

日プ2のトレーナー陣はとにかく暑く、とっても練習生思いの優しいトレーナーで、見ているとそれがひしひしと伝わっていきます。

練習生に対して、厳しい言葉が出たりもしていましたが、それだけ練習生に対して情熱を持って接していることや練習生と同じようにトレーナー陣も頑張っているということが伝わります。

 

日プ2の主人公たちはもちろん練習生ではありますが、そんなトレーナー陣がいることで日プ2がさらに盛り上がっていることは間違いないと思います。

今後、練習生たちだけではなく、トレーナー陣にも注目です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。