アニメ

進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?テレビ放送話は原作で何巻?

こんにちは、はるママです。

いよいよ、待ちに待った進撃の巨人の新シーズンが始まりました。

当初の放送予定では、2020年秋でしたが、実際には2020年12月7日からでした。

 

4シーズンに入りましたが、今回は「The Final Season」となっているので、最後のシーズンとなってしまうのでしょうか。

毎回、見終わった後には次回を早く見たくなてしまいますが、最後のシーズンになると思うと寂しくなります。

 

「The Final Season」で終わってしまうのなら、Final Seasonは何話まであるのか?また、テレビで放送されている話は原作では何巻?という事が気になります。

そこで今回は、進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?テレビ放送話は原作で何巻?と題して、まとめてみましたので、参考にしていただけるとうれしいです。

  • 進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?
  • 進撃の巨人ファイナルシーズンのテレビ放送話は原作で何巻?

 

合わせて読みたい記事

進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?

進撃の巨人もファイナルシーズンに入りましたが、終わりが近づいてきているという事でしょうか?

ファイナルシーズンは何話まであるのかが気になります。

進撃の巨人The Final Seasonは第3クール編成・142話までと予想します。

 

進撃の巨人The Final Seasonが第3クール編成・142話までと予想したのは、過去の作品を参考にしていますので、ここからは解説をしていきます。

まず、これまでのアニメ放送をシーズンごとにみてみます。

原作コミック テレビアニメ
1シーズン 1〜8巻(32話まで) 1〜25話
2シーズン 9〜12巻(50話まで) 26〜37話
3シーズン(1クール) 13〜18巻(72話まで) 38〜49話
3シーズン(2クール) 18〜22巻(90話まで) 50〜59話
4シーズン 23巻〜??? 60〜???

1シーズンだけは他のシーズンに比べて長かったですが、大体1クールが原作だと3〜4.5巻(18〜22話)、テレビアニメだと9〜11話の話数で進んでいます。

4シーズンは「マーレ編」からのスタートとなっていて、「マーレ編」は23巻(91話)〜26巻(105話)までなので、原作だと4巻(14話)となっているので、1クールとしていい話数になります。

 

4シーズンが始まった現在(2020年12月)、原作コミックは2021年1月に33巻が発売予定となっています。

1巻が4話構成となっていて、32巻で130話まで進んでいるので、33巻では134話まで修められていることになります。

 

そこから考えると、1クールが原作だと3〜4.5巻(18〜22話)なので、4シーズンの2クール目が27〜30巻、3クール目が31巻〜34巻となることが予想できます。

ですので、進撃の巨人4シーズンは3クール放送になると考えて以下の話数になると予想します。

1クール 23巻(91話)〜26巻(105話)
2クール 27巻(106話)〜31巻(124話)
3クール 31巻(125話)〜35巻(142話)

いよいよ、ファイナルシーズンを迎えた進撃の巨人ですが、もう少し楽しむことができそうですね。

 

4シーズン1クール目の「マーレ編」では、エレンやミカサなど主役となっていた人物の登場はほとんどなく、ワイナーやジークなどの敵側のストーリーが展開されています。

エレン達が出てこないと少し物語が寂しく感じるところもありますが、「マーレ編」も進撃の巨人を知るためには大切なストーリーとなっているので、今後のためにも見逃せません!

 

2クール目では、硬質化していたアニが解き放たれる内容もあり、最終章へとますます盛り上がりを見せていきます。

そして、3クール目はいよいよ最終話に向けて話が展開されていくという流れになると予想します。

 

1シーズンの時は、放送期間も6ヶ月で話数も長くなっていましたので、もしかすると最終章となる4シーズン3クール目はもう少し長くなる可能性もありそうです。

進撃の巨人ファイナルシーズンのテレビ放送話は原作で何巻?

進撃の巨人のテレビアニメの放送が原作だと何巻なのでしょうか?

テレビアニメ 原作コミック
1シーズン 1〜25話 1〜8巻(32話まで)
2シーズン 26〜37話 9〜12巻(50話まで)
3シーズン(1クール) 38〜49話 13〜18巻(72話まで)
3シーズン(2クール) 50〜59話 18〜22巻(90話まで)
4シーズン(1クール) 60〜69話 23巻〜36巻
4シーズン(2クール) 70〜81話 23巻〜36巻
4シーズン(3クール) 82〜93話 23巻〜36巻

これまでの1シーズン〜3シーズンのテレビアニメの放送と原作をみてみると、上の表のようになります。

1クールがテレビアニメだと10〜12話の話数が、原作の3〜4.5巻(18〜22話)となっています。(1シーズンを除く)

 

4シーズンは、以上のように10〜12話での構成となると予想します。

まとめ

今回は、進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?テレビ放送話は原作で何巻?と題して、まとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただけるとうれしいです。

 

  • 進撃の巨人ファイナルシーズンは何話まで?
  • 進撃の巨人ファイナルシーズンのテレビ放送話は原作で何巻?
テレビアニメ 原作コミック
1シーズン 1〜25話 1〜8巻(32話まで)
2シーズン 26〜37話 9〜12巻(50話まで)
3シーズン(1クール) 38〜49話 13〜18巻(72話まで)
3シーズン(2クール) 50〜59話 18〜22巻(90話まで)
4シーズン(1クール) 60〜69話 23巻〜36巻
4シーズン(2クール) 70〜81話 23巻〜36巻
4シーズン(3クール) 82〜93話 23巻〜36巻

上記の表で過去の放送話数、放送話と原作の巻数を参考に考えてみました。

進撃の巨人ファイナルシーズンが始まったばかりですが、まだまだこれからでも十分楽しめる内容になっていますので、今後の展開も期待できそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。