人物

SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収を調査!耳や心臓に障害がある?

4月からスッキリ!とHuluで放送と配信がされる「THE FIRST」という男性ボーカルオーディションを立ち上げたSKY-HI(日高光啓)さんは、オーディション開催のために自腹で1億円の出資をしているそうです。

そんなSKY-HIさんのプロフィールや年収が気になります。

 

またSKY-HIさんは、AAA(トリプルエー)のメンバーでラップを担当していますが、耳や心臓に障害があるという声もありましたので、どんな障害なのかについても調べてみました。

今回は『SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収を調査!耳や心臓に障害がある?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただけるとうれしいです。

  • SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収は?
  • SKY-HI(日高光啓)は耳や心臓に障害がある?

 

SKY-HI(日高光啓)の学歴や経歴は?エリート校出身で元ジャニーズジュニアだった!SKY-HIさんが1億円を出資して行われているオーディション「THE FIRST」が注目を集めています。 アジアから世界へ新しい風...
THE FIRSTオーディションの視聴方法!スッキリとHulu配信日時は?スッキリでボーイズグループオーディション『THE FIRST』の放送が4月2日(金)からスタートすることが発表されました。 スッキ...

 

SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収は?

SKY-HI

SKY-HI(日高光啓)さんのプロフィールをまとめていきます。

本名:日高光啓 (ひだか みつひろ)

愛称: だっちゃん・だっち

生年月日:1986年12月12日

年齢:34歳(2021年現在)

出身地:千葉県市川市

血液型:O

身長 : 170 cm

体重: 52 kg

BMI:18(低体重)

職業:ラッパー、シンガーソングライター、トラックメイカー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、実業家

参加ユニット: AAA (2005年デビュー)

ジャンル:ヒップホップ、R&B、J-POP

担当楽器:ボーカル、ラップ、ギター、キーボード、ドラム

レーベル:avex trax、B-ME、BULLMOOSE(インディーズ)

所属事務所:エイベックス・エンタテインメント(2005年 – 2009年)、エイベックス・マネジメント(2009年 -)、BMSG(2020年 -)

座右の銘:Never say “Never”

以上がSKY-HI(日高光啓)さんのプロフィールを簡単にまとめたものになります。

と言っても、かなりのボリュームがありますね。

 

ジャンル、担当楽器などをみるといくつも並んでいることがわかり、いろんな音楽に精通していることがわかります。

職業も、作詞作曲からプロディースまでどんなポジションでもこなせることがわかります。

 

中学生の頃には、友人とジャニーズ事務所に履歴書を送り、ジャニーズジュニアとして練習していたおようです。

ジャニーズジュニア時代には芽は出ませんでしたが、同期には小山慶一郎 (NEWS)がいるようです。

 

子供の頃の夢はサッカー選手だったそうですが、高校2年生の時に「音楽を作る仕事につきたかった」というの理由から「エイベックス男募集!」のオーディションを受け、ジャニーズJr.であったことやラップをしていることなどからAAAのメンバーになったそうです。

ドラムに関しては高校時代の先輩、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)にスカウトされるほどの実力を持ちっており、当時スカウトを受けていたらバンドメンバーになっていただろうと語っています。

 

 

ラッパーとして活動は2006年にクラブシーンで始められ、クラブでの活動はエイベックスには黙認で活動していましたが、2013年に『SKY-HI』としてメジャーデビューを果たしています。

『SKY-HI』という名前はULTRA NANIWATIC MC’Sから名付けてもらっており、名前の由来は「空のように高く無限の可能性を」という意味が込められているそう。

 

2020年からは、新しく株式会社BMSGを設立し、エイベックスと共同設立するレーベル「B-ME」も立ち上げています。

今回の「THE FIRST」は「BMSG」が主催するオーディションとなっています。

 

SKY-HI(日高光啓)さんのこのオーディションにかける情熱は熱く、「日本の音楽シーンをぶち上げる礎を築いて、絶対に胸が震える物にします!」と語っています。

年収はいくら?

「THE FIRST」に自腹で1億円もの出資をしているSKY-HI(日高光啓)さんですが、年収についても気になります。

SKY-HI(日高光啓)さんの年収は公表されていませんが、自腹で1億円の出資ができるということなので相当な金額なのではないかと思われます。

 

2018年に配信された「FREE TOKYO」の中には『他のラッパーの年収の何倍も払う税金』というフレーズがありましたが、自身のことを言っているのでしょうか?

ある高収入ラッパーの年収は1200万円ほどということでしたので、その何倍もの税金を貼っらっているとすれば、億単位の年収ということになりそうです。

 

SKY-HI(日高光啓)さんは、歌手としてだけでなく、音楽プロデューサーや実業家もしているので、それぞれの収入が発生しますので、されだけでも収入が多くなることが予想できます。

 

SKY-HI(日高光啓)は耳や心臓に障害がある?

SKY-HI(日高光啓)さんの耳や心臓については、障害があるということがいわれています。

SKY-HI(日高光啓)さんは、逆子で生まれてくるときにも未熟児として手のひらに乗るほどの大きさだったことから、耳と心臓に疾患があるようです。

 

耳については、左の耳がフィルターがかかっているような感じで聞こえにくい状態のようです。

「親しい人には言ってたけど左耳聴こえないから話しかける時は極力右側からお願いします。」ということをインタビューで語っていました。

ですが、AAAでの活躍や現在もオーディションの主催者として精力的に活動されている姿をみても、音楽活動や日常生活の上では問題はないようです。

 

心臓の障害については、病名などは公表はされていませんが、大きな障害ではないようです。

これまでもAAAメンバーとして数多くのライブなどにも出演していますし、その中でも何も起こってはいません。

 

また2016年には声帯結節の除去手術を行っており、4月の1ヶ月間は休業もされていましたが、その期間中にも仕事はつつけていたようで実質3日しか休みがなかったということです。

現在は、耳や心臓の疾患や喉についても困難なことはなく、精力的に活動されているようなです。

 

まとめ

今回は『SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収を調査!耳や心臓に障害がある?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけるとうれしいです。

 

  • SKY-HI(日高光啓)のプロフィールや年収は?

ラッパー、シンガーソングライター、トラックメイカー、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、実業家などのたくさんの顔を持っており、さまざまな分野で活躍されています。

また、年収については公表はされていませんが、オーディションに自腹で1億円の出資をしているということなので、相当なものだと思われます。

 

  • SKY-HI(日高光啓)は耳や心臓に障害がある?

耳や心臓の障害については、逆子から未熟児で生まれたことで先天性の障害があるようですが、音楽活動や日常生活には問題ない程度のもののようです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。