テレビ

緊急事態宣言の再発令でディズニーは?チケットやホテルはキャンセルできる?

こんにちは、はるママです。

 

緊急事態宣言が1月7日にも1都3県で再発令される可能性が高くなってきました。

2021年に入ってまだ数日ですが、これからどうなるのか不安になりますね。

 

また、年末年始が終わり、一旦延期となっていた「Go To トラベル」の再開などでディズニーランドに行こうと考えていた方も多いのではないでしょうか。

とっても残念なことに、緊急事態宣言に伴って「Go To トラベル」も再度延期となりそうです。

 

今回は、『緊急事態宣言の再発令でディズニーは?チケットやホテルはキャンセルできる?』と題して、まとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 緊急事態宣言の再発令でディズニーリゾートは?
  • チケットやホテルのキャンセルはできる?

 

緊急事態宣言の再発令でディズニーリゾートは?

緊急事態宣言が2回目の発令に伴って、東京ディズニーリゾートはどうなるのでしょうか?

1月6日現在、東京ディズニーリゾートの休園などの発表はありません。

また、政府からの遊園地の対応についても発表がありません。

 

「Go To トラベル」が1月12日から再開されることになっていましたが、今回の緊急事態宣言の発令で「Go To トラベル」の停止が再延期となる可能性が高くなっています。

東京ディズニーリゾートでは、2020年に1回目の緊急事態宣言が発令されて2月29日〜6月30日までの期間、何度かの延長を繰り返しながら休園となっていました。

今回は、政府からの遊園地などの休園についての発表がまだなので、今後の発表次第では休園になる可能性も考えられます。

 

今後、東京ディズニーリゾート・政府の発表など、新しい情報が分かりましたら、こちらでお伝えしていきます。

チケットやホテルのキャンセルはできる?

緊急事態宣言で、東京ディズニーリゾートなどの遊園地が休園になった場合、チケットのキャンセルができるかについて見ていきます。

東京ディズニーリゾートでは、現在購入済みとなっているチケットのキャンセルはできません。

チケットのキャンセルはできませんが、お手持ちのチケットの有効期限内であれば、日程の変更が可能です。

オンラインで購入されたチケットに関しては、「アプリ」または、「ブラウザ」での変更が可能です。

それぞれの変更方法を簡単にまとめてみます。

 

アプリでの変更方法

アプリでの変更方法

①アプリを起動し、右下の「ユーザー設定」をタップ

②ユーザー設定画面で「予約・購入履歴」をタップ

③予約購入履歴一覧から変更手続きをするチケットの「詳細/変更」とタップ

④予約・購入履歴の詳細確認/変更画面で、変更手続きをするチケットを選び、「予約内容を変更する」をタップ

⑤変更情報入力画面で、券種・指定日・年齢区分などを希望内容に変更し、「変更する」をタップ

⑥お客様情報の確認画面で表示内容を確認し「確認画面へ」をタップ

⑦変更内容を確認後、「変更を確認」をタップ

⑧完了画面が表示されれば、変更は完了。

 

※日付指定券からオープン券への変更は不可

※複数枚変更される場合は、再度①〜⑨の手順で変更をする

 

ブラウザでの変更方法

ブラウザでの変更方法

東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトメニューをタップ

②メニュー内の「予約・購入履歴」を選択

③ログイン画面で、登録済みのログインIDとパスワードでログインする

④予約購入履歴一覧から変更手続きをするチケットの「詳細/変更」とタップ

⑤予約・購入履歴の詳細確認/変更画面で、変更手続きをするチケットを選び、「予約内容を変更する」をタップ

⑥変更情報入力画面で、券種・指定日・年齢区分などを希望内容に変更し、「変更する」をタップ

⑦お客様情報の確認画面で表示内容を確認し「確認画面へ」をタップ

⑧変更内容を確認後、「変更を確認」をタップ

⑨完了画面が表示されれば、変更は完了。

 

※日付指定券からオープン券への変更は不可

※複数枚変更される場合は、再度①〜⑨の手順で変更をする

 

チケット変更は、1枚づつでの変更しかできませんので、複数枚ある場合は同じ手順で手続きを繰り返します。

 

ホテルのキャンセルについて

ここからはホテルのキャンセルについて見ていきます。

ホテルのキャンセル料については、1月6日現在、発表はありません。

今後、緊急事態宣言の発令後に発表があると思われます。

 

「Go To トラベル」については、緊急事態宣言の発表後に決定となる予定ですが、「Go To トラベル」の停止延長が決まった場合、どのような対応がなされるのでしょうか?

緊急事態宣言再発令の対象となる東京都と埼玉、千葉、神奈川3県以外も、新型コロナウイルス感染拡大の防止を徹底する必要があると判断した。予約済みの旅行はキャンセル無料とし、解約を受けた旅行会社、宿泊施設などには政府が補償する。

キャンセルについては無料ででき、ホテルなどの宿泊施設のキャンセルもできるようです。

 

東京ディズニーリゾートにいく予定でホテル予約をしている方も多いと思います。

今回は、東京シズニーリゾートの系列・提携ホテルやのキャンセルができるのかについて見ていきます。

東京ディズニーリゾートの系列・提携ホテルのキャンセルについて

東京ディズニーリゾートの系列ホテルは4ヶ所・オフィシャルホテルは6ヶ所・パートナーホテルは4ヶ所あります。

系列ホテル

  • 東京ディズニーランドホテル
  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル

オフィシャルホテル

  • グランドニッコー東京ベイ 舞浜
  • 東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • ヒルトン東京ベイ
  • ホテルオークラ東京ベイ

パートナーホテル

  • ホテルオークラ東京ベイ
  • オリエンタルホテル東京ベイ
  • ホテル エミオン 東京ベイ
  • 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ

前回の緊急事態宣言時には、上記のホテルでは緊急事態宣言期間内の宿泊予約であればキャンセル料は免除で払い戻しとなっていました。

今回も緊急事態宣言が再発令された場合は、前回と同じような対応が取られる可能性が高いと思います。

 

また、ツアーなど旅行会社で予約をしている場合は、予約をしている旅行会社に問い合わせると正確な対応について教えてもらうことができますので確認をしてみましょう。

 

まとめ

今回は、『緊急事態宣言の再発令でディズニーは?チケットやホテルはキャンセルできる?』と題して、まとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • 緊急事態宣言の再発令でディズニーは?

1月6日現在、東京ディズニーリゾートの休園などの発表はありません。

また、政府からの遊園地の対応についても発表がありません。

 

  • チケットやホテルのキャンセルはできる?

東京ディズニーリゾートでは、現在購入済みとなっているチケットのキャンセルはできません。

が、お手持ちのチケットの有効期限内であれば、日程の変更が可能です。

 

また、ホテルのキャンセルについても、発表はありませんが緊急事態宣言が出た場合は、宣言の期間中においては前回と同じような対応が取られるのではないかと思います。

 

年末年始からコロナ感染が急激に拡大していることで緊急事態宣言が発令されるようですが、前回の内容とは違う部分もあるようですので、今後の発表などに注意が必要です。

少しでも早くコロナが収束して、思いっきり楽しめる日が来ることを願います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。