ニュース・トレンド

緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?オンライン化はできない?

こんにちは、はるママです。

 

緊急事態宣言が1都3県に再発令されることが濃厚となってきましたが、学校などは休校にならないようです。

2020年4月の緊急事態宣言時には、学校などが休校となりましたが再発令となる今回はどうして休校にならないのでしょうか?

 

また、もしも休校になった場合はやはり勉強に影響が出ることが問題となってくると思いますが、オンラインでの授業はできないのでしょうか?

今回は、『緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?オンライン化はできない?』と題して、まとめてみましたので参考にしていただければと思います。

  • 緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?
  • 緊急事態宣言再発令で学校のオンライン化はできないの?

 

緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?

緊急事態宣言が初めて出された2020年には、3月2日から学校が休校となっていました。

2回目の発出となる今回の緊急事態宣言発令では、どうして月今日が休校にならないのでしょう。

 

テレビにもよく出演されている、尾木ママこと、教育評論家の尾木直樹さんが学校を休校にしないのではなく、「休校にできない」という内容でグログを更新されていました。

詳しく内容を見てみましょう。

なぜ

変異種に対応する為にも休校にしないのか
もちろん
保護者対応も課題になる複雑さもありますが
本音は日本は休校にすると「学びがストップする」からですーー
小中高合わせて
オンライン整備はやっと15%強
休校にしても学びをストップさせないオンライン整備は国際社会はもちろん
文科省の大切な基本方針でもあったはずですーー
何をやっても「遅くて中途半端」
全てのつけは子どもたちにーー
とんでもない無策ではないでしょうか?
私立はオンライン対応しますからあまり矛盾はありません!
また
公私間格差
開くばかりにならないこと祈りたいですーー
引用:尾木ママオフィシャルブログ

日本の学校では、まだまだオンライン化が15%しか進んでいないのですね。

これでは、休校措置をとってしまうことで学びがストップするということも納得できます。

 

一度目の2020年春に休校措置が取られた時にも、オンライン化については話題になっていましたが、整備が進んでいなかったんですね。

また、尾木ママが言われているように、公私間での格差が出ることや、休校になることで個人としての格差も出てくることになりかねませんね。

 

また、2月からは受験シーズンとなってくるため、学校が休校になることで大きな影響が出ることも確実です。

塾なども緊急事態宣言になった場合の対応については発表がないので、学校が休校にならないことで安心したという声も多くあります。

 

ただし、これだけ新型コロナ感染が急増している中、学校などの集団生活で感染することへの心配や不安などもあるので、休校になるのか、ならないのかについては一概にどちらが良いということが言えない難しい状況です。

緊急事態宣言再発令で学校のオンライン化はできないの?

では、緊急事態宣言の再発令で学校のオンライン化は進むのでしょうか?

こちらについても尾木ママのブログで少し触れられていました。

学校を休校にしても学びを止めないオンライン整備を地方とも協力・共同して全力投球しないとー
デジタル庁新設が泣きますよ!
ギガスクール構想も政府の規定方針なのに
点検が甘いのか
中間報告ぐらいすべきだと思います
すすんだ地域から学ぶことも必要ではないでしょうか?
登校するもよし、オンラインもよし
学びの多様化推進する為にもオンライン化は
必須ですーー
引用:尾木ママオフィシャルブログ

今はまだ整備の段階で、オンライン化に向けて動いてはいるようですが、まだまだスタートするまでには至っていないようです。

新型コロナの収束が見えない現状で、再度学校の休校措置が取られても、学びをしっかりと続けていけるような教育環境の整備が早く整うことを願います。

まとめ

今回は、『緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?オンライン化はできない?』と題して、まとめてみましたがいかがでしたか?

参考にしていただければ幸いです。

  • 緊急事態宣言再発令で学校が休校にならないのはなぜ?
  • 緊急事態宣言再発令で学校のオンライン化はできないの?

 

学校が休校になってしまうと学びがストップしてしまう現状では休校しないのではなく、休校にできないということでした。

受験シーズンとも重なることでもあり、休校することはより難しい状況です。

 

また、オンライン化も整備が整っていないので、休校にはできないこともあります。

オンライン化が早く整備されることで、コロナでの休校時だけではなく、学びの多様化にもつながるようなので1日でも早くオンライン化が進むことを願います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。