ニュース・トレンド

ストロベリームーン2021はいつで時間や方角は?観測ポイントやお天気は?

6月の満月「ストロベリームーン」は、毎年1年の中で最も日が長くなる夏至の少し前に見ることができ、2021年は6月25日にストロベリームーンを見ることができます。

ストロベリームーンとは、月の色ではなく、イチゴの収穫時期と重なることから名づけられたようです。

 

そんな名前の由来を持つ6月の満月『ストロベリームーン』を見ることができる時間や方角が知りたいですね。

また、観測のポイントや6月25日のお天気も紹介していきます。

 

今回は『ストロベリームーン2021はいつで時間や方角は?観測ポイントやお天気は?』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • ストロベリームーンは恋愛成就の満月?
  • ストロベリームーン2021はいつで時間や方角は?
  • ストロベリームーン2021の観測ポイント
  • ストロベリームーン2021(6月25日)のお天気は?

 

ストロベリームーンは恋愛成就の満月?

ストロベリームーンの名前の由来

毎月訪れる『満月』には月ごとにムーンネームがあり、その中で、6月の満月は「ストロベリームーン」と呼ばれます。

『ストロベリームーン』には、ネイティブアメリカンの部族が月の動きを観察して、農業や漁業、狩猟の目安にするため付けた呼び名といわれていて、6月はイチゴの収穫が最盛期を迎えることからもそう呼ばれるようになったようです。

 

日本語では「苺月」と書かれ、その名前からイチゴ色の月を連想してしまいますが、実際にはイチゴのような真っ赤な色ではなく、北半球では、この時期の月は空の低い位置にあるため普段より赤みを帯びた満月が見られることもあります。

必ずしも赤い月が見えるわけではありませんが、月が低い位置にある時には、少し赤みを帯びた月を見ることができるかもしれませんので、期待して眺めてみましょう。

 

ストロベリームーンは恋愛成就の満月?

ストロベリームーンは、見ると恋が叶うと言われているロマンティックな満月で、ストロベリームーンを見ると恋愛運が上がり、恋が叶うというジンクスがあるようです。

ストロベリームーンには、他にも「幸せになれる」や「金運が上がる」など幸運を運ぶパワーがあると言われています。

 

片思いの彼と結ばれたいなど恋のお願いごとがある人や、とにかく幸運を掴みたい人も見逃さないでくださいね!

ストロベリームーンで幸運を掴む&恋愛成就する見方!

ストロベリームーンを見て幸運を掴む&恋愛成就する見方について紹介します。

①好きな人と一緒に見ると、恋が叶って結ばれる

②写真を撮って待ち受けにすれば恋愛運UP

③願い事ははっきり明確にすると叶いやすい

ストロベリームーンを好きな人と一緒に見て祈ると、その人と結ばれるというジンクスがあり、片思いの彼なら付き合えたり、お付き合いしている彼なら結婚できたりと、願いが叶って幸せな時間が続くでしょう。

もし会えない場合でも、同じ時間にストロベリームーンを見て祈れば効果があるようなので特別な月を一緒に見ることでより距離が縮まって親密になれそうです。

 

ストロベリームーンを観察したら、写真に撮って待ち受けにすると恋愛運が上がるので、叶えたい恋があるならその日撮ったストロベリームーンの写真を待ち受けにすると効果的です。

また、ストロベリームーンに向かって願い事をするなら、ぼんやりとしたものではなくはっきりとしたお願いをするようにしましょう。

「〇〇さんと両想いになりたい」「彼氏が欲しい!」など具体的で分かりやすく、シンプルなお願いごとにしましょう。

 

あれこれ欲張らず、お願いごとは1つに絞り、感謝の気持ちを持ちながら心の中で唱えるようにしましょう。

運を掴みたい人や金運アップを狙う人にも、ストロベリームーンを待ち受けにするとご利益にあずかれますので、今好きな人がいないという人にもおすすめの開運方法です。

ストロベリームーン2021はいつで時間や方角は?

6月の満月『ストロベリームーン』を見ることができる日にちや時間、方角を紹介していきます。

日にち:6月24日(木)〜25日(金)

時間:24日20時ごろ〜翌6月25日の明け方4時30分ごろ

満月のピーク:6月25日(金) 午前3時39分

方角:東南東(昇り始める方角) ⇨ 西南西(沈んでいく方角)

ストロベリームーンを見ることができる日にちは、2021年6月24日(木)夜〜25日(金)の明け方になります。

そして、ストロベリームーンが見れる時間は、6月24日(金)の20時ごろ〜翌日6月25日(土)の明け方4時30分ごろです。

 

そしてストロベリームーンが見える方角は、月が昇り始める東南東〜月が沈んでいく西南西へと徐々に移動していきます。

ストロベリームーンは時間によって、見える方角が変わっていきますが、夏至の満月なので南側の低い位置を東から西へと移動していくことになります。

 

 

満月の南中高度引用:暦Wiki

 

上記の図では、青色の線で示されている夏至の満月の方角を通って移動することになります。

 

ストロベリームーン2021の観測ポイント

ストロベリームーンと観測ストポイントとして3つ紹介したいと思います。

  • 大きなストロベリームーンを見る
  • ストロベリームーンのピークを見る
  • ストロベリームーンは赤色と白色に見える

 

ストロベリームーンは月が出てから沈むまでの間に、月の大きさや色の見え方、ピークなどで観測できる時間が変わります。

どんなストロベリームーンを見たいかで時間が変わりますので、参考にしてみてください。

 

大きなストロベリームーンが見れる時間と方角

また、満月は地平線に近いほど大きく見えるので、大きな満月を見たい人には以下の2つの時間と方角がおすすめです。

①6月24日(木):「日の入り」後の暗くなった(月が昇り始める)時の東南東

②6月25日(金):「日の出」前のまだ暗い(月が沈む前)時の西南西

月が地平線に近くなる、月の昇り始める『日の入り後の暗くなった時』と月が沈む前の『日の出前のくらい時』が一番月が大きく見えるのでオススメの時間帯です。

また、月の昇り始めは東南東の方角に、月の沈む前は西南西の方角に月を見ることができます。

 

ストロベリームーンのピークの時間

ストロベリームーンのピークの時に見たい方には、こちらの時間がオススメです。

6月25日(金)午前3時39分ごろ

6月25日(金)の3時40分ごろがストロベリームーンがピークを迎える時間となっています。

満月には浄化の意味があると言われていますが、ピークを迎える時間には、その力がより強くなるような感じがしますね。

 

また、せっかく見るならいちばんまんまるになっている時に見たいと思いませんか。

少しだけ早起きしてまん丸のストロベリームーンを見るのもとても神秘的でいいですね。

 

ストロベリームーンが赤色と白色に見える時間

ストロベリームーンは時間帯によって、赤色に見えたり、白色に見えたりします。

赤色に見える時間:5月24日(木)20時ごろと6月25日(金)3時40分ごろ

白色に見える時間:6月25日(金)深夜1時ごろ

ストロベリームーンは月の高度が低いほど赤色に見えて、高度が一番高い時に白く見えるようです。

ですので、月の高度が低い5月24日(木)20時ごろ、6月25日(金)3時40分ごろに赤く見え、月の高度が一番高い6月25日(金)深夜1時ごろに白く見えるということです。

 

ストロベリームーン2021(6月24日〜25日)のお天気は?

ストロベリームーンを見るために一番重要ともなるお天気が気になりますね。

6月24日(木)の夜〜6月25日(金)の明け方までの天気予報も紹介しておきます。

天気急変の日も 沖縄の梅雨明けは遅れる可能性 ストロベリームーンは? 2週間天気引用:tenki.jp

 

ストロベリームーンは、6月25日(金)の午前3時40分ごろに満月となりますが、今のところ、天気予報では日本海側ほど雲が少なく、月を見られる可能性が高くなりそうです。

どこの地域からでも、ストロベリームーンが綺麗に見えることを祈ります。

 

まとめ

今回は『ストロベリームーン2021はいつで時間や方角は?観測ポイントやお天気は?』と題してまとめてみましたがいかがでしたか。

参考にしていただけたらうれしいです。

 

2021年のストロベリームーンを見ることができる日にちと時間、方角はこちらです。

日にち:6月24日(木)〜25日(金)

時間:24日20時ごろ〜翌6月26日の明け方4時30分ごろ

満月のピーク:6月25日(金) 午前3時39分

方角:東南東(昇り始める方角) ⇨ 西南西(沈んでいく方角)

 

また、ストロベリームーンの観測ポイントとして、以下の3つのポイントも紹介していきました。

  • 大きなストロベリームーンを見る
  • ストロベリームーンのピークを見る
  • ストロベリームーンは赤色と白色に見える

 

ストロベリームーンを見ることができる6月25日夜〜6月26日明け方までのお天気が気になりますが、全国的に良い天気になることを願います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。