人物

菅正剛の音声録音の内容全文と動画!文春が違法接待の証拠を暴露!

菅正剛氏の違法接待について連日国会で追求がされていますが、「週刊文春」によって接待現場の音声録音が解析され、詳細な内容が分かったとして話題になっています。

録音解析された会話の内容が『衛星放送ビジネス』についてだったようで、総務省幹部が虚偽答弁を重ねていた証拠となる音声の内容が明らかになってしまいました。

 

そこで、気になるのがその会話の内容です。

今回は、『菅正剛の音声録音の内容全文と動画!文春が違法接待の証拠を暴露!』と題してまとめてみました。

  • 菅正剛・違法接待の音声録音の内容全文!

 

菅正剛・違法接待の音声録音の内容全文!

週刊文春によって音声録音し、解析された違法接待での会話の内容を全文紹介していきます。

違法接待の内容全文

ピンクの文字が証拠となる『衛星放送ビジネス』についての言葉が出ているところです。

木田氏「あっ、吉田さん(※1)がなんかうちの岡本さんの面倒をみてもらっているみたいで……すみません」

秋本氏「あぁ」

木田氏「すみません、本当にすみません」

正剛氏「あんないい仕事」

秋本氏「いえいえ」

正剛氏「今回の衛星の移動も……」

木田氏「どれが?」

正剛氏「BS、BS。BSの。スター(チャンネル)がスロット(を)返して

木田氏「あぁ、新規の話? それ言ったってしょうがないよ。通っちゃってるもん」

正剛氏「うちがスロットを……」

木田氏「俺たちが悪いんじゃなくて小林(※2)が悪いんだよ」

秋本氏「そうだよ」

木田氏「俺たちは別に逆らえないからやっただけで。だから手伝うところ手伝っているけど」

正剛氏「次の有望株なんですから、小林」

秋本氏「いやぁ、でもどっかで一敗地に塗れないと、全然勘違いのままいっちゃいますよねぇ」

木田氏「そう。でしょ? でしょ? あれ一回ね、(小林氏と)どっかで話そうとは思ってる」

正剛氏「ううん、なるほど!」

木田氏「そうなんですよ」

秋本氏「広島七区の……」

木田氏「あそこ宮沢家(※3)ついてるから、面倒臭いの、もう。金あるからね」

秋本氏「それでまだ独身ですから、彼。うちの娘はダメですよ」

木田氏「いるいる。岡本ちゃんの娘」

正剛氏「それねぇ……。小林先生。毒饅頭でしかないから」

木田氏「だって、どっちも広島だからいいじゃん」

木田氏「こんな祝宴はないでしょ」

秋本氏「でしょうね。本人も二枚目だしね」

正剛氏「結構あのCSのタイミングがあって

木田氏「いや、BSね。BSの免許のときに全部割り当てしたの、彼だから

秋本氏「いまだにもっと上で、谷脇で判断している」

木田氏「谷脇、ちょっと痩せた方がいいよ、あれ」

秋本氏「昼飯食ってないんすよ、彼。いまだに朝昼水。夜よっぽど食べてんのか」

 

秋本氏に高級チョコとタクシーチケットを手渡し、接待を終えた二人はお互いスマホを眺めながら一仕事終えた様子でこう口にした。

木田氏「あの人、政治家にもなれる人だからね」

正剛氏「そうですね」

木田氏「そういえば、領収書、宮さん(※4)に渡しといて」

 

 

また、こちらの動画ではより会話の内容や雰囲気がわかりやすくなっています。

 

以上が録音され、解析された音声の全文と動画になります。

※1

冒頭での木田氏が口にした「吉田さん」とは前出の吉田総務審議官のことで、「岡本さん」とは、2011年から2018年まで株式会社囲碁将棋チャンネルの社長を務めた岡本光正氏のことです。

現在、一般社団法人衛星放送協会の専務理事とされています。

※2

「小林」とは電波、放送、通信関連の規制改革推進を謳うホープで、自身のホームページでも、吉本興業などへ門戸を開いたBSの新規参入への思いを披歴し、〈吉本さんは人まで持っているので、恐らく芸人さんがニュースから報道番組からバラエティーから(BSで)全部できる〉〈ジャニーズさんとか手を挙げてくれないか〉などと既得権益の打破を訴えている議員。

この話題については、「イケメン議員潰し」かと言われている。

※3

小林議員の選挙区である広島七区(福山市)が元々、宮沢喜一元首相の牙城で、甥で自民党広島県連会長を務める宮沢洋一参院議員の影響力が根強く残っていることを気に言及している。

※4

「宮さん」とは東北新社トップの二宮社長のことではないかと言われています。

会話の内容からは、明らかに『衛星放送ビジネス』についての内容が話されていることがわかります。

それに対してこれまで「記憶にございません」を繰り返してきたことが虚偽答弁であることを照明する内容となっていたことで、更なる追求が行われていくことになるでしょう。

 

昨年、東京都が飲食店に時短要請を行ったのは、11月28日で公務員も民間企業も不要不急の外出を控えることが言われていた“勝負の三週間”でした。

そんな中、12月8日、10日、14日と3日間にわたって接待が行われていたことも問題視されていますし、菅正剛氏の国会召集を求める声までも出てきています。

 

まとめ

今回は、『菅正剛の音声録音の内容全文と動画!文春が違法接待の証拠を暴露!』と題してまとめてみました。

週刊文春で公開された違法接待の会話の録音内容は、まさに『衛星放送ビジネス』について話されており、虚偽答弁であることを証拠づけるものになりそうです。

また今後、菅正剛氏に証人喚問を求める声が多くあり、国会に召集されるようなことになっていくのでしょうか。

 

また、最近では週刊文春がスクープをよく報じていることから、今後のスクープも期待しているという声もありました。

今後どうなっていくのか、まだまだ注目されそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。