人物

田澤廉10000mで27分台狙う!高校駅伝記録や大学での記録がヤバイ!

こんにちは、はるママです。

9月11日に行われた10000mで28分22秒48をマークし、日本人トップの4位でゴールした田澤廉選手。

この大会終了後のインタビューで「結果は4番だったんですけど、自分としてはいい感覚はつかめた」と満足していることを語っていました。

 

4月の緊急事態宣言から大学に入れず、グラウンドが使えない状況の中でも「できる限り質の高い練習をしようと決めてやってきた」という田澤廉選手。

そのおかげで、6月にグラウンドが使えるようになり、ロングインターバルができるようになったことでスピードと持久力を補えるようになったと分析しています。

 

駅伝シーズンになり、出場も多くなることが予想される田澤廉選手について、10000mの記録や高校駅伝、大学駅伝での記録について調べていきたいと思います。

 

  • 田澤廉10000mで27分台狙う!
  • 田澤廉・高校駅伝の記録
  • 田澤廉・大学での記録

 

田澤廉10000mで27分台狙う!

2020年の全日本インカレで10000mで28分22秒48をマークし、日本人トップとなっています。

 

これまでの10000mでの成績も気になりますよね。

田澤廉選手は10000mで特に注目とされる選手です。

  • 高校2年生 29分06秒55
  • 高校3年生 29分41秒18
  • 大学1年生 28分13秒21

大学1年生(2019年11月)の「八王子ロングディスタンス」では28分13秒21をマークしました。

⬆︎こちらの記録は同時に以下の記録にもなっています。

現役大学生9位(留学生含む)

現役日本人学生2位

日本人学生歴代25位

U20日本歴代5位

駒沢大学歴代6位

これだけの実力の持ち主なので、「駒沢大のエース」とも言われています。

 

高校3年生の時には、伸び悩んでいた時期もあったようですが、大学に入り記録が目に見えて伸びていっています。

これについては、インタビューでこのように答えています。

「高校時代はどっちかというと弱気でした」

「大学に入って、強気でいた方が多分モチベーションも上がって、結果もしっかり出せるかもしれないと無意識で思ってるかもしれないです。自分に言い聞かせてるところも……。あと、監督の期待度が大きくて、わかる範囲でもプレッシャーかけてくるので、期待に応えようという気持ちが大きいです。それで変わったのかもしれないです」

「高校の時とはプレッシャーの感じが違います。やばいっす」

 

監督のプレッシャーをいい意味で捉え、それをバネに結果に繋げていけるところがすごいですね。

 

田澤廉選手は、「将来的にはマラソンで活躍できる選手になりたい」という思いがあり、長い距離で勝負したいといいます。

現在2年生の田澤廉選手ですが、あと2年の大学生活の中でどれだけの成長を見せてくれるのか楽しみです。

田澤廉・高校駅伝の記録

田澤廉選手は、高校では名門・青森山田高校に入学しました。

中高一貫の私立校で、卒業生には卓球の福原愛さんやテニスの錦織圭さんがいらっしゃいます。

 

青森山田高校は長距離に力を入れていて、全国高校駅伝の常連校で3年間を過ごしました。

高校に入ると、頭角を表すようになってきました。

駅伝記録

2016年(高校1年)

全国高校駅伝 1区 27位

全国都道府県駅伝 2区 21位

2017年(高校2年)

全国高校駅伝 1区 4位

全国都道府県駅伝 1区 17位

2018年(高校3年生)

全国高校駅伝 1区 15位

 

駅伝以外の記録についても見ていきます。

 

その他の記録

2016年(高校1年)

日体大記録大会5000m 14分04秒92(高校1年・歴代3位)

2017年(高校2年)

兵庫リレーカーニバル3000m 優勝

日体大記録大会5000m 13分53秒61

2018年(高校3年生)

アジアジュニア陸上競技選手権大会5000m 2位

全国高校総合体育大会5000m 7位

プレミアム・ゲームス・イン酒田3000m 8分07秒04(高校歴代6位)

国体5000m少年A 6位

 

高校入学後は5000mで1年目に14分04秒92、2年目で13分53秒61と学年別歴代上位の記録を次々とマーク。全国高校駅伝では2年時に1区を走り4位となっている。

 

田澤廉・大学での記録

2019年9月の記録会5000mで2年ぶり自己新となる13分41秒82で走ると、10月の出雲駅伝では3区で先頭争いから抜け出してトップ中継を果たす快走。11月の全日本大学駅伝では2番目に長い7区(17.6km)で区間賞を獲得しました。

「それまでは10kmまでしかレース経験がありませんでしたが、全国規模の大会で初めての区間賞を獲得できてうれしかったですね」っと語っています。

 

その3週間後には10000mで2019年日本人学生トップの28分13秒21(U20日本歴代5位)をマーク。

2020年1月の箱根駅伝では3区で従来の区間記録を1秒上回る7人抜きの区間3位と好走するなど、瞬く間に学生長距離界の主役候補に躍り出ました。

 

 

2020年の箱根駅伝で田澤廉選手は13位で襷を受け取り、少しでも前に渡そうとスピードを上げ、後半にも粘りを見せて7人を抜き、チームを6位にまで浮上させました。

3区(21.4Km)を1時間1分25秒で走り、区間新記録を達成しました。

 

2021年の全国大学駅伝や箱根駅伝での活躍が期待されています。

今シーズンの駅伝では、何区でどんな走りを見せてくれるのでしょうか?

まとめ

今回は、田澤廉選手について10000mの記録や高校駅伝、大学駅伝での記録について調べてきました。

  • 田澤廉10000mで27分台狙う!

2020年の全日本インカレで10000mで28分22秒48をマークし、日本人トップとなっています。

今後、27分台を目指していきことと思います。

 

  • 田澤廉・高校駅伝の記録

駅伝記録

2016年(高校1年)

全国高校駅伝 1区 27位

全国都道府県駅伝 2区 21位

2017年(高校2年)

全国高校駅伝 1区 4位

全国都道府県駅伝 1区 17位

2018年(高校3年生)

全国高校駅伝 1区 15位

 

  • 田澤廉・大学での記録

出雲駅伝では3区で先頭争いから抜け出してトップ中継

11月の全日本大学駅伝では2番目に長い7区(17.6km)で区間賞

2020年1月の箱根駅伝では3区で従来の区間記録を1秒上回る7人抜きの区間3位

 

以上、田澤廉選手について調べてきました。

今後の活躍から目が離せないですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。