占い

台風12号(2020)名古屋(愛知)に上陸は?雨や風のピークはいつ

こんにちは、はるママです。

9月も後半になりましたね。

例年なら、この時期は台風情報が気になる頃ですよね。

この連休は、お天気に恵まれ過ごしやすい日が続いていましたが、連休明けに台風の影響が出るというニュースが耳に入ってきました。

休み明けから出勤や通学などに影響が出るかどうか、心配ですね。

そこで今回は、台風12号(2020年)の進路やピーク、名古屋(愛知)に上陸するのかどうかを調べていきたいと思います。

 

  • 台風12号(2020)は名古屋(愛知)に上陸するのはいつ
  • 台風12号(2020)の雨や風のピークは?

 

【追記】台風の進路が東へ反れましたので、名古屋(愛知)に上陸する恐れはなくなりました。

台風12号(2020)は名古屋(愛知)に上陸するのはいつ

【追記】

台風の進路が東へ反れましたので、名古屋(愛知)に上陸する恐れはなくなりました。

台風の影響が出なくなって良かったですね。

 

 

 

 

台風が近づいてくるほど、雨や風の勢力は強くなります。

では、名古屋(愛知)にはいつ頃上陸するのでしょうか?

 

24日〜25日かけて上陸の恐れがあるようです。

台風の接近により23日夕方以降は雨が非常に激しく降るところもありそうですが、24日には雷を伴った大雨になる見込みも。

秋雨前線による雨と台風による雨により、南東斜面を中心に降水量が多くなり、警報級の大雨になる可能性がありそうです。

台風12号(2020)の雨や風のピークは?

台風12号(2020)の雨や風のピークは何時ごろになるのでしょうか?

台風12号の進路予想からピークを見てみる

台風12号(2020)の進路予想と勢力はどれくらいなのでしょうか?

画像

昨日に比べると大風の勢力は少しづつ強くなっています。

進路予想は、今のところ名古屋(愛知)を少しかすめていくくらいに見えますが、あくまでも予想なので、今後の台風の動きにはまだ注意が必要です。

そして、今回の台風は秋雨前線の影響で雨に警戒が必要になりようです。

 

23日午後〜24日にかけて非常に激しい雨が予想されます。

23日18時までに24時間予想降水量は愛知県で50ミリとなています。

23日夕方以降は1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところも

23日18時〜24日18時までの24時間予想降水量は多いところで200ミリに達する恐れがある

24日夜以降も雨が降り続く予想です。

土砂災害や低地の浸水、河川の増水に注意が必要です。

 

気象庁やテレビなどの天気予報、ニュースから最新の情報を確認されると思いますが、リアルタイムで大気の状態を確認して、ピークを確認することもできます。

 

風の予想はどうなっているでしょうか?

予想される最大瞬間風速は、海上と沿岸23日に30メートル24日に35メートルの予想です。

海上と沿岸部を中心に暴風(強風)に警戒・注意が必要です。

 

瞬間最大風速35メートルってどれくらいなの?

何かにつかまっていないと立っていられないくらいの風の強さです。

屋根瓦や看板などが飛んだり、農業用ハウスが壊れる恐れや、非産物によってケガをしたり、窓ガラスが割れたりする恐れもあります。

23日の夕方ごろ〜24日にかけて雨や風のピークがくると予想されます。

大雨や洪水、暴風にも注意が必要となりそうです。

台風の進路や速度が予想とは変わることもありますので、気象情報をしっかり確認しながら台風対策は早めにしておいた方が良さそうですね。

まとめ

昨年(2019年)は台風上陸の回数が例年の平均回数より多かったんですが、今年はそれに比べて少ないように思います。

台風12号(2020)は秋雨前線と台風、両方の影響を受けて雨に警戒が必要です。

雨や風のピークは23日夕方〜24日にかけてピークを迎えそうです。

雨は24日夜を過ぎても降りつつく予想なので、ピークを過ぎても注意は必要になりそうです。

 

名古屋(愛知)に上陸の予想は24日〜25日。

ただし、23日から雨が強まるため、台風対策は早めに済ませておいた方が良さそうです。

 

台風の進路や速さは予測しづらいので、予想通りにならないこともあります。

リアルタイムで情報を確認しながら、台風の情報をしっかりとチェックしていくことをおすすめします。

各地に大きな被害が出ないことを祈ります。