音楽・ライブ

Who-ya extendedの正体や読み方は?メンバー顔画像やプロフィールも

1月15日(金)からスタートする呪術廻戦第2クールのオープニング曲が発表され、Who-ya Extendedの新曲『VIVID VICE』に決定しました!

Who-ya Extendedは2019年11月にメジャーデビューを果たしたクリエーターズユニットです。

 

キービジュアルのみの公開でライブの予定も無いなど、正体不明なキャラクター性でありながら、ミュージックビデオがYouTubeで公開されるや否や、即座に100万回再生を突破しています。

謎の多いWho-ya Extendedですが、それだけに正体や読み方、メンバー、プロフィールなど気になります。

 

今回は、『who-ya extendedの正体や読み方は?メンバー顔画像やプロフィールも』と題してまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • Who-ya Extendedの正体や読み方は?
  • Who-ya Extendedのメンバー顔画像とプロフィール
  • Who-ya Extendedの楽曲紹介

 

呪術廻戦主題歌がかっこ良すぎ!Eve・ALI・Who-ya Extende・Co shu Nie【動画】アニメ呪術廻戦の主題歌がかっこ良すぎ!と話題になっています。 第1クールのオープニングはEveの「廻廻奇譚」、エンディングはALI...

 

Who-ya Extendedの正体は?

未だ謎の多いWho-ya Extended。

その正体は、ボーカリストWho-ya(フーヤ)を中心としたクリエーターズユニットで、Who-yaのほかにはギター、ベースの3人のユニットです。

2019年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始のTVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス 3」のオープニングに大抜擢され、2019年11月にメジャーデビューを果たしています。

新人としては異例の大抜擢で、アニメの放送開始と同時に『Q-vism』が配信されるとiTunes総合チャート第1位や、Amazonデジタル人気度ランキング第1位を獲得するなど一時配信チャートを席巻しました。

 

2019年11月27日にメジャーデビューを果たしたWho-ya Extendedは、2021年現在2年目ということになります。

謎の多いアーティストと言われているのは、これまでキービジュアルのみの公開でライブなども行われていませんでした。

 

が、2021年1月に行われた『SonyMusic AnimeSongs ONLINE 日本武道館』で結成以来初めてとなるライブパフォーマンスを披露しました。

初ライブパフォーマンスの様子が紹介されていました。

演奏したのはもちろん、『PSYCHO-PASS サイコパス3』TVアニメオープニングテーマの「Q-vism」と、劇場版主題歌の「Synthetic Sympathy」である。

言葉数が多くてキーの高い歌うだけでもハードな2曲が、現実にWho-yaの口から、体から発せられる。

演出により、連なったキューブが波打つ複雑な映像が作り出されるが、それがそのまま視聴者の熱気を視覚化しているかのようにすら思えた。

引用:okmusic

 

Who-ya Extendedは、海外でも人気がありTwitterでも話題になっています。

Just heard Who-ya Extended’s Synthetic Sympathy live performance and it’s amazing!! Who-ya’s voice is sublime!!

Who-yaExtendedのSyntheticSympathyのライブパフォーマンスを聞いたばかりで、すごいです! Who-yaの声が抜群!

I have faith that Who-ya Extended will deliver a banger

Who-ya Extendedのかっこいい曲が届けられることを信じています!

そして、「今回は画面越しでしたが、皆さんに会える日が来るようにこれからも歩み続けたいと思います。」とコメントされていました。

 

2021年の初ライブをきっかけに露出が増えており、生配信ライブや『THE FIRST TAKE』に登場しています。

2021年4月には『Billboard×TikTokの番組』で生配信スタジオライブを行いました。

また、最近では「一発撮りで、音楽と向き合う。」をコンセプトにしている『THE FIRST TAKE』にも参加しています。

また、ある記事ではWho-ya Extendedについてこのように書かれていました。

シューゲーザー×海外同時進行コンテンポラリーなポップロックセンスを、国内マーケットはもちろんアニメーションを通じて海外へも解き放つ逸材。

引用:Funplus Music

※シューゲーザーとは、〈Shoe=靴+Gazer=見る人〉をいう意味そのままに、下を向きながら轟音ギターを掻き鳴らすUKロックの一部分の総称。

海外へも解き放つ逸材と言われるほどの期待の新人ユニットだということですね。

今後、ますます活動の幅を広げていくことが予想できるので、とても楽しみです。

 

Who-ya Extendedの読み方は?

Who-ya Extendedの読み方は『フーヤ エクステンデッド』です。

ユニット名の由来を調べてみましたが、わかりませんでした。

画像

ここからは個人的な予想ですが、『Who-ya Extended』の「Who-ya」はボーカルのWho-yaさんの名前だと思います。

「Extended」は意味を調べてみると「拡張」や「広がり」「延長」という意味があるようです。

 

直訳すると「Who-ya 拡張する」「Who-ya 広がる」などとなります。

もう少しわかりやくすしてみると「Who-yaから広がっていく」「Who-yaが広げる」「Who-yaから発信する」などでしょうか。

 

ボーカルのWho-yaさんを中心として、「音楽を広げる」「音楽を発信していく」ということで世界にWho-ya Extendedから音楽を広げていくという意味になるのではないでしょうか。

Who-ya Extendedの「音楽を広める」「音楽でメッセージを発信する」「ユニットが大きく拡張していく」など、いろんな意味がこめられているように感じました。

 

Who-ya Extendedの顔画像・プロフィール

謎とされていたWho-ya Extendedですが、顔やプロフィールなどが気になります。

ボーカル・Who-ya

画像

ほとんどの情報がまだ公開されていないのですが、わかっている情報をまとめてみます。

ボーカル・Who-ya・プロフィール

名前:Who-ya(フーヤ)

年齢:21歳(2021年の誕生日で22歳)

誕生日:非公開

身長:非公開

血液型:非公開

出身地:非公開

 

年齢については、2021年の成人式でのツイートに去年(2020年)成人式を迎えているとなっていました。

詳しい誕生日などは、情報がわかりましたら、更新していきます。

 

Who-yaさんが音楽を始めたきっかけは、中学3年生の時に、3年間の思い出作りとして、友達にバンドに誘われたことだったそうです。

それまでは音楽は聴くもので、自分が作りだすものじゃないと思っていたそうですが、実際に人前で初めて歌った時に、エンタメの凄さ、可能性に虜になってしまったとか。

 

お客さんの顔やライブの景色が、すごいインパクトで忘れられなくなってしまって。もっと大きい場所でやりたいと思ったそうです。

バンドを始めたことで現在のユニットメンバーと出会い、そのことが人生のターニングポイントになったと語っていました。

 

2021年1月にSonyMusic AnimeSongs ONLINE 日本武道館』で初ライブパフォーマンスを披露しています。

この時、出演に際してTwitterで報告がされました。

そのツイートには、初となるビジュアルが公開されました!

ライブ後にツイートされたものだと思われますが、Who-yaさんかなりのイケメンです!

これだけイケメンだと、今後ライブやメディアなどの露出が増えてくると一気に人気が爆発しそうですね。

 

これまでに公開されてきたキービジュアルの画像のモデルはWho-yaさんだったのでしょうか?

画像

キービジュアルはWho-yaさんと髪型や雰囲気などは似ているようにも思います。

 

他の固定メンバーはいない?

Who-ya Extendedは『ボーカリストWho-yaを中心としたクリエイターズユニット』とされており、ボーカル以外のメンバーについては公表されていません。

インタビューではWho-yaさん以外のメンバーについて、コアなメンバーはいるが、全員が固定メンバーということではないと語っていました。

Hina:Who-ya Extendedは、ボーカリストWho-yaを中心としたクリエイターズユニットです。何人のメンバーからなるユニットなんですか?

Who-ya:コアなメンバーはいますが、全部は固定していないです。

Hina:新しい形ですね。

修一朗:なぜ、メンバーを固定しないんですか?

Who-ya:例えば、「VIVID VICE」はロックだと言われますが、自分ではピンと来てなくて。ジャンルという言葉に捕らわれない曲作りをしたかったので、作りたい曲に応じてメンバーを組み合わせた方が柔軟な曲作りができるのではと思ったからです。

引用:Billboard JAPAN

 

固定メンバーがいないことについては、作りたい曲に応じてメンバーを組み合わせた方が柔軟な曲作りができるという理由があるそうです。

現在のユニットメンバーは、高校時代に出会った人たちということでした。

 

引用:リスアニ!WEB

 

こちらは『SonyMusic AnimeSongs ONLINE 日本武道館』での初パフォーマンスの時の画像となりますが、この時にはギターとベースの2人が一緒にライブに参加していまた。

今後、もっと活躍されるようになれば、ボーカルWho-yaさん以外のメンバーの情報が公表されるかもしれませんので、追って調査していこうと思います。

 

Who-yaさんのツイートの中でも「今回は画面越しでしたが、皆さんに会える日が来るようにこれからも歩み続けたいと思います。」とコメントされていることから、今後はライブなどが開催されるのでは?という期待が高まります。

謎多きユニットのWho-ya Extendedは、今後少しづつ謎が解き明かされていくのでしょうか?楽しみです。

 

まだまだ謎多きWho-ya Extendedですが、それも魅力の1つなのかもしれません。

最近では、顔を出さずに活動されているアーティストさんも多くなり、注目を集めています。

 

アーティストの顔や情報を公開しないことで、心理的に興味を持たせるという戦略的な部分もあるのかもしれないですね。

分からないことって気になるし、もっと知りたいという衝動がおこるものですよね。

 

もちろん楽曲の良さがあるからこそ、それ以上にもっと知りたくなるのですが、”謎多きユニット”というミステリアスな部分がWho-ya Extendedの魅力でもあるのかもしれません。

 

Who-ya Extendedの楽曲紹介

Who-ya Extendedはこれまでに、CDシングル1枚、フルアムバム1枚が発売されていて、うち2曲がテレビアニメとのタイアップ曲で、デビュー曲でもあります。

これまでに発表されている楽曲をまとめて紹介していきます。

Who-ya Extended 楽曲一覧

【シングル】

Q-vism』

Q-vism (iTunes総合チャート第1位・Amazonデジタル人気度ランキング第1位)

S-cape 2 the abs

 


【メーカー特典あり】 Q-vism (期間生産限定盤) (DVD付) (ポストカードセット付)

 

 

【アルバム】

wyxt.』

  1. Synthetic Sympathy
  2. Killing My Fear
  3. Dogma-Agnostic
  4. ErroЯ CØDE
  5. Slight light life
  6. Too late to know
  7. ●REC ON
  8. G.O.A.T
  9. memorized.
  10. Q-vism

 


wyxt.(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

 

【ミニアルバム】

『VIVID VICE』

  1. VIVID VICE
  2. The master mind
  3. VIVID BANG
  4. Enough Is Enough

 


【Amazon.co.jp限定】VIVID VICE (初回生産限定盤) (メガジャケ付)

呪術廻戦OP主題歌「VIVID VICE」がオリコン初登場1位になりました!

Who-ya Extendedの楽曲は音楽配信もされていますので配信サイトもご紹介していきます。

 

【配信サイト】

LINE MUSIC

Apple Music

Spotyfy

amazon music

 

【楽曲の購入・ダウンロード】

Sony Music Shop

iTunes store

レコチョク

mora

 

まとめ

今回は、『Who-ya Extendedの正体は?顔画像・プロフィールも調査!』と題して、まとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

  • Who-ya Extendedの正体は?
  • Who-ya Extendedの顔画像・プロフィール

その正体は、ボーカリストWho-ya(フーヤ)を中心としたクリエーターズユニットで、Who-yaのほかにはギター、ベースの3人のユニットです。

未だ謎の多いWho-ya Extendedなので、ボーカルのWho-yaさんに関しての一部の情報飲みがわかりましたが、ギターとベースの方については、容姿や名前などほとんどが公開されていませんでした。

 

ただし、2021年1月3日には『『SonyMusic AnimeSongs ONLINE 日本武道館』での初パフォーマンスがありました。

オンラインでの画面越しの映像ではありましたが、結成後初めてとなるライブでした。

 

これを機に、ライブやメディアなどへの露出が増えていかれるのかな?という期待が高まります。

また、そのライブ終了時には、初めてWho-yaさんがお顔の写真をTwitterで公開されました。

 

Who-yaさん、すごいイケメンでした!

今後活躍の場が広がれば、多くの人がファンになり、一気に人気急上昇していきそうな予感がします。

 

  • Who-ya Extendedの新曲解禁!

新曲『VIVID VICE』は、1月15日(金)から放送開始される呪術廻戦第2クールのオープニング主題歌となています。

呪術廻戦PV第4弾の映像とともに一部が解禁されましたが、早くフルサイズで楽曲を聞きたいです。

 

海外でもすでにファンがいるWho-ya Extendedですが、今後のますますの活躍が期待されるユニットです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。