テレビ

吉田志織が”窮鼠”で成田凌と再共演。関係やキャラクター・共通点を調査

こんにちは、はるママです。

 

最近は、漫画から実写化され映画で見る機会が増えましたね。

最近では2020.9.11(金)公開の「窮鼠はチーズの夢を見る」が話題になっています。

少しずつ情報が公開され映画の主人公である2人の男性の恋路を阻む4人の女優さんが発表されました。

その中で吉田志織さんは主人公の1人成田凌さんと2度目の共演となります。

 

今回は、吉田志織さんと成田凌さんが共演した「チワワちゃん」と「窮鼠はチーズの夢を見る」の

2作品での2人のキャラクターや関係性について、2作品のストーリーなどを見ていきます。

 

  • 「チワワちゃん」と「窮鼠はチーズの夢を見る」の2人のキャラクターと関係性
  • 2作品の共通点「原作は漫画」「R15+」
  • 「チワワちゃん」「窮鼠はチーズの夢を見る」ストーリー・あらすじ

 

「チワワちゃん」と「窮鼠はチーズの夢を見る」の2人のキャラクターと関係性

「チワワちゃん」でのキャラクターと関係性

「チワワちゃん」でのキャラクター

成田凌  …  ”ヨシダ”という名前で、主人公の元彼。“チワワちゃん”の彼氏。

吉田志穂 …  “チワワちゃん”と呼ばれていて、主人公の元彼“ヨシダ”の彼女。

ということで、この2人は恋人同士の関係でした。

「窮鼠はチーズの夢を見る」での2人のキャラクターと関係性

成田凌 …   主人公“大伴恭一”(大倉忠義)の大学の後輩で大伴を7年間思い続ける”今ヶ瀬渉”。

吉田志穂 …  恭一に恋心を募らせる会社の後輩“岡村たまき”。

 

成田凌さん演じる今ヶ瀬が、7年間思い続ける大伴恭一を会社の後輩で恭一に恋心を募らせる岡村

たまきを吉田志穂さんが演じる。

ということは恋敵という存在ですね

 

2作品の共通点「原作は漫画」「R15+」

「チワワちゃん」「窮鼠はチーズの夢を見る」の共通点は

  • 原作が漫画で、実写映画化されている
  • 「R15+」の映画である

ということです。

原作が漫画で実写映画化されている

「チワワちゃん」

「ヘルタースケルター」「リバーズ・エッジ」など、1980年〜1990年にかけて数多くの

人気作品を送り出した漫画家の岡崎京子が1994年に発表した「チワワちゃん」を実写映画化。

SNSが普及した現代の東京を舞台に、門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎

らが演じる若者のたちが繰り広げる青春を描いた群青劇。

 

「窮鼠はチーズの夢を見る」

「窮鼠はチーズの夢を見る」と「俎上の鯉は二度跳ねる」を元にした映画。

人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写で、多くの

女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック。

主人公・大伴恭一には大倉義忠、大友を一途に想う今ヶ瀬渉に成田凌、大伴を取り巻く女性キャスト

に恭一に思いを募らせる会社の後輩に吉田志穂、恭一の大学時代の彼女・夏生にゲスの極み乙女。の

ほな・いこか(Dr)ことさとうほなみ、恭一の妻・大伴知佳子に元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の

咲妃みゆ、恭一の不倫相手・井出瑠璃子に小原徳子。

好きになってはいけないと頭では分かりながらも、どうしようもなく惹かれてしまうか葛藤や強い

嫉妬心…それらの複雑な感情を、痛いほどリアルに、時に涙がほど美しくスクリーンに焼き付けて

いる。

これは、胸が苦しくなるほど誰かを愛したあなたへ贈る、忘れられない恋の物語。

 

「R15+」の映画である

「R15+」とは

R「Restricted」の略で”制限する”という意味で、15歳以上の方しか観る事ができない。

言い方を変えると「15歳未満の方は観覧禁止」。

この区分の映画は、主題や題材の描写の刺激が強く、15歳未満の年少者には、理解力や判断

力の面で不向きな内容が含まれている。従って、15歳以上の観客を対象とし、15歳未満は

観覧禁止とする。

引用:「映画倫理機構」映画4区分の概要

 

「チワワちゃん」も「窮鼠はチーズの夢を見る」も15歳未満は観覧禁止である作品です。

両作品ともに刺激が強い描写がある映画ということですね。

「チワワちゃん」は“バラバラ殺人事件”や”キスシーンが多い”ということがあります。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は”BL的展開”や”リアルな性描写”などがあるようです。

 

「チワワちゃん」「窮鼠はチーズの夢を見る」ストーリー

「チワワちゃん」

その日、東京湾バラバラ殺人事件の被害者の身元が判明した。千脇良子・20歳・看護学校生。

ミキはそれが、自分の知っている“チワワちゃん”のことだとは思わなかった。

ミキがいつものミュージックバーで、仲間のヨシダ、カツオ、ナガイ、ユミらと飲んでいる時、

ヨシダの新しい彼女として“チワワ”が現れた。

以前ヨシダのことが好きだったミキは、フクザツな気持ちで二人を見ていた。

その時、バーテンダーのシマから、VIP席にいる男たちのバックの中に、政治家に届ける600万円が

入っていると教えられる。

皆がザワつくなか、意を決したチワワが、あっという間にバックを奪って、走り出した!

翌朝、昨夜の男たち贈賄罪の疑いで逮捕されたとニュースで報じられていた。

宙に浮いた大金をめでたく頂いて、バカンスに繰り出すミキたち。

毎晩が豪華なパーティーと、最高のお祭り騒ぎだ。

だが、600万円をたった3日で使い切り、皆は日常に戻っていった。

そんななか、チワワだけが”パーティー”を続けていた。

インスタがきっかけとなり人気モデルとなったチワワは、サカタという有名カメラマンと付き合い

始めていた。

やがてチワワとミキたちは住む世界も違い始めていった。

チワワを偲ぶために、仲間たちが久しぶりに集まったが、誰も最近のチワワを知らなかった。

そんな中、ファッション雑誌の取材を受けるミキ。

もっと話を聞かせてほしいと頼まれたミキは、仲間たちにあらためてチワワの思い出を聞きに行く。

しかし、幹を待ち受けていたのは、それぞれの記憶の中の全く違うチワワだったー。

「窮鼠はチーズの夢を見る」

学生時代から「自分好きになってくれる女性」ばかりと受け身の恋愛を繰り返してきた、大伴恭一。

ある日、大学の後輩・今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会。

「ずっと昔から好きだった」突然想いを告げられる。

戸惑いを隠せない恭一だったが、今ヶ瀬のペースに乗せられ、ふたりは一緒に暮らすことに。

ただひたすらにまっすぐな想いに、」恭一も少しずつ心を開いていき…。

しかし、恭一の昔の恋人・夏生が現れ、2人の関係が変わりはじめてゆく。

 

まとめ

「チワワちゃん」は2019年1月に公開され、「窮鼠はチーズの夢を見る」は2020年9月11

日に公開されます。

吉田志織さんと成田凌さんは、去年・今年を続けての共演となったんですね。

 

「チワワちゃん」では恋人役に、「窮鼠はチーズの夢を見る」では恋敵役という関係性でした。

 

2作品の共通点は「原作は漫画」で「R15+」の映画であるということ。

 

今回、映画について調べて見て、刺激的な描写もあるようですが、両作品ともテーマとしてしっかり

したものがあるように思えました。

映画を見てから色々なことに思いを巡らせるのもいいですよね。

 

そして、映画を見た後に原作漫画を読んでみるのもいいかなと思いました。